多伎神社(出雲市多伎町多岐)

多伎神社(たきじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.神門郡 多伎郷(たきさと条に「所造天下大神(あめのしたつらししおおかみ)の御子(みこ)阿陀加夜努志多伎多伎吉比命(あだかやぬし たききひめのみこと)が(ましま)す 故に 多吉(たき)というとあり 神門郡 神祇官社に二つある「多吉社(たき)のやしろ」両方の論社となっています

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

本社と合祀社が それぞれ論社です

⑴本社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】多吉社
読み(たき)のやしろ
How to read(taki no) yashiro

⑵合祀社〈『出雲國風土記733 AD.』~『延喜式神名帳927 AD.』の間に合祀〉

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】多吉社
読み(たき)のやしろ
How to read(taki no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

本社と合祀社が それぞれ論社です

⑴本社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

【社名】多伎神社
読みたきの かみのやしろ
How to readTaki no kami no yashiro

⑵合祀社〈『出雲國風土記733 AD.』~『延喜式神名帳927 AD.』の間に合祀〉

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

【社名】同[多伎]社大穴持神社
読みおなじきやしろ おほあなもちの かみのやしろ
How to readOnagikiyashiro Ohoanamochi no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

多伎神社(Taki shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市多伎町多岐639

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》阿陀加夜努志多伎吉毘(あだかやぬし たききひめのみこと)

《配》大己貴神(おほなむちのかみ)

【御神格】(God’s great power)

厄除・学問成就など

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

多伎神社

主祭神は
阿陀加夜努志多伎吉比賣命(あだかやぬしたききひめのみこと)。
大己貴神(おおあなむちのかみ)を祀っています。
鎮座年代は不詳。
「出雲国風土記」に記されている“多吉社”も延喜式の大穴持神社にあたり、もとは多伎神社道と市道交差点から東へ100メートルの道路脇高台(保神原)にあったものを天平から延喜年間に多伎神社へ一緒に祀られたもののようです。
所在地: 島根県出雲市多伎町多岐639番地

多伎町ポータルサイト「いちじくの里多伎きらりプロジェクト」より
http://www.taki-kirari.jp/taki/index.html

【由緒】(history)

御祭神、大國主大神は日本の国土を開拓され、農耕・漁業をはじめ医薬の道をひろめられて、生きとし生けるものが豊かに栄えるよう国づくりに励まれた。その後、天照大御神に国土を国譲り(奉還)され、目に見えない世界(幽世)を治める神事主宰大神・幽冥主宰大神として御鎮
島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

稲荷神社《主》倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
荒神社《主》素戔嗚命(すさのをのみこと)

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

スポンサーリンク

御祭神阿陀加夜努志多伎吉毘売命(あだかやぬし たききひめのみこと)」について

出雲風土記733 AD.』の神門郡 多伎郷(たきさと条には

所造天下大神(あめのしたつらししおおかみ)〈大国主命〉の御子(みこ)阿陀加夜努志多伎多伎吉比命(あだかやぬし たききひめのみこと)が(ましま)す 故に 多吉(たき)という

市森神社(出雲市稗原町)合祀「加夜社」の伝承によれば

大国主命(おおくにぬしのみこと)と その妃 朝山(あさやま)神社の御祭神 眞玉著玉之邑日女命またま つくたまの むらひめのみこと)の御子(娘神)・阿陀加夜努志多伎吉比賣命(あだかやぬしたきぎひめのみこと)という女神とあります

出雲風土記733 AD.所載社で阿陀加夜努志多伎吉毘売命(あだかやぬし たききひめのみこと)」を 御祭神として祀る四つの神社について

意宇郡 不在神祇官社「阿太加夜社(あたかや)のやしろ」

阿太加夜神社東出雲町出雲郷
《主》阿陀加夜奴志多岐喜比命(あだかやひめ たききひめのみこと

神門郡 神祇官社「多吉社(たき)のやしろ」

多伎神社(出雲市多伎町多岐)
《主》阿陀加夜努志多伎吉毘(あだかやぬし たききひめのみこと)

神門郡 神祇官社「多支枳社(たきき の)やしろ」

多伎藝神社出雲市多伎町
《主》多伎伎比たききひめのみこと

神門郡 不在神祇官社加夜社 (かや)やしろ」

・〈市森神社に合祀〉加夜社
《主》阿陀加夜怒志多伎吉比(あだかやぬし たききひめのみこと)

『延喜式神名帳927 AD.所載される「多伎神社」について〈全国に四か所〉

全国に 式内社「多伎神社」は四か所あります それぞれの論社を紹介します

美濃國 多藝郡 多伎神社

・多岐神社(養老町三神町)

越後國 磐船郡 多伎神社

・多岐神社(村上市岩ケ崎)

・河内二柱神社(村上市高根)

・大山祇神社〈神明社〉(村上市指合)

・河内神社(村上市宮ノ下)

・多岐神社(村上市板屋越)

出雲國 神門郡 多伎神社

・多伎神社(出雲市多伎町多岐)

伊豫國 越智郡 多伎神社 名神大

・多伎神社(今治市古谷甲)

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR山陰本線 小田から 東へ400m程度

参道 境内 社殿は北北西を向いています

一の鳥居参道の途中に建ちます
多伎神社(出雲市多伎町多岐)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

二の鳥居扁額には「多伎神社」と刻字
一礼をしてから くぐり抜けて 参道の階段を上がります

Please do not reproduce without prior permission.

階段を上がると 境内入口出雲式の狛犬構えます その正面に社殿が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

参道を歩むと 石燈籠の影に蛇がたたずんでいました 柄を見ると毒蛇ではなく どうやら「シマヘビ」のようで一安心 しかし かなり神経質で攻撃的な性格のようで こちらに飛び掛かれるように身構えていますので 参道で歩かずに その場に立ったまま 神使いに対して深く頭を下げるように仕草をすると 素早く林へと戻って行きました 

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

神使いの蛇に感謝しながら

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿が鎮座します 境内社祀られていてお詣りをします

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.島根郡にある伝承

【意訳】

多伎郷(たきさと〈現 出雲市多伎町多岐近辺地域

郡家の南西二十里の所
所造天下大神(あめのしたつらししおおかみ)の御子(みこ) 阿陀加夜努志多伎多伎吉比命(あだかやぬしたききひめのみこと)が(ましま)す 故に 多吉(たき)という

神亀三年 字を多伎(たき)と改

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』神門郡 多岐 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

多岐三社明神」と記され

延喜式 多伎神社 同社あり 大穴持命なり
多伎藝神社 三社と記せり 後世 合祭で三社を相殿とす
風土記に多吉社 同社 支枳社あり これを合せて三社明神といふ
阿陀加夜努志(あだかやぬしのみこと)大己貴(おなむちのみこと)多伎吉比賣命(たききひめのみこと)なり
故に多吉といふ 神亀三年 字を多岐とあらたむ
弘治三年本社修復の棟札あり 祭日 九月十九日 神官通夜してまつる」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

【意訳】

多伎神社

風土記に 多伎二社あり 次なる 大穴持神社とこの社とも多伎村なり 三社大明神の社あり これなるべし
風土記に
多伎郷(たきさと〈現 出雲市多伎町多岐近辺地域
郡家の南西二十里の所
所造天下大神(あめのしたつらししおおかみ)の御子(みこ) 阿陀加夜努志多伎多伎吉比命(あだかやぬしたききひめのみこと)が(ましま)す 故に 多吉(たき)という
神亀三年 字を多伎(たき)と改む」とあり

この社は 多伎吉比祀るものなるへし
祭日 九月十九日 弘治三年の棟札あり

【意訳】

同社大穴持神社

上の多伎社と今は合祭なり 三社大明神といふ
風土記 官社の條に多伎神社二社あり 又 不在帳の社に多伎あり その三社合せて三社大明神申すいう
或る説に 多伎藝社と合せて三社大明神といふといへり これは誤りなるへし 多吉社と多伎藝社とは別々

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

多吉社(たき)のやしろ

今の多伎村 多伎大明神である。阿陀加夜努志多伎多伎吉比命(あだかやぬしたききひめのみこと祀る

【意訳】

多吉社(たき)のやしろ

延喜式にいふ 多伎同社大穴持神社である。風土記鈔には、多伎多伎大神なにと云ふ。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

多伎神社(出雲市多伎町多岐)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.