三重県

志摩国 式内社 3座(大2座・小1座)について

志摩国(しまのくに)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される 志摩国の 3座(大2座・小1座)の神社のことです

伊勢国 式内社 253座(大18座・小235座)について

伊勢国(いせのくに)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される 伊勢国の 253座(大18座・小235座)の神社のことです

伊賀国 式内社 25座(大1座・小24座)について

伊賀国(いがのくに)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される 伊賀国の 25座(大1座・小24座)の神社のことです

敢國神社(伊賀市)

敢國神社は 社伝によれば第37代 斉明天皇(サイメイテンノウ)4年(658)に創建とされ『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)』(927年12月編纂)に伊賀国の阿拝(アエ)郡の大社とされる古社です・阿閉臣(アヘノオミ)の祖神である大彦命(オオヒコノミコト)・古代に伊賀を拓いた渡来人の秦氏の信仰する少彦名命(スクナヒコナノミコト)を祀るとされる伊賀国の一之宮です

伊雑宮(志摩市)

伊雑宮(いざわのみや)は 謎多き「志摩國 一之宮」とされています 伊勢の別宮としての高い格式も持ち「遙宮(tono miya)」と尊崇を集めます 「懸税(kake chikara)神事」の発祥の地として 御田植式(otaue shiki)があり 香取神宮・住吉大社とあわせて日本三大植祭の一つとされています

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.