紀伊国 式内社 31座(大13座・小18座)について

紀伊国(きいのくに)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される 紀伊国 31座(大13座・小18座)の神社です

目次

紀伊国(きいのくに)について

紀伊国Kinokuniは  令制国の一つ南海に属する
現在の和歌山県三重県南部

7世紀に成立 当初は 木国(きのくにきいのくに

和銅6年(713)「雅字(良い文字の意)二文字で国名を表」との勅令により紀伊国と表記

スポンサーリンク

紀伊国(きいのくに) 31座(大13座・小18座)

大社13は13熊野早玉神社以外は 名神大社〉
小社18は15
 31は28

※座は神の柱数 社は神社数

〈延喜式神名帳に記載〉
伊都郡(いとの こおり) 2座(大1座・小1座)
那賀郡(なかの こおり) 3座(並小)
名草郡(なくさの こおり) 19座(大9座・小10座)
在田郡(ありたの こおり) 1座(大)
牟婁郡(むろの こおり) 6座(大2座・小4座)

スポンサーリンク

伊都郡(いとの こおり) 2座(大1座・小1座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

小田神社(をたの かみのやしろ)

・小田神社(橋本市高野口町)

丹生都比女神社(につひめの かみのやしろ)(名神大月次新嘗)

・丹生都比売神社(かつらぎ町)

スポンサーリンク

那賀郡(なかの こおり) 3座(並小)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

荒田神社二座(あらたの かみのやしろ ふたくら)

・荒田神社(岩出市森)

海神社(あまの かみのやしろ)

・海神社(紀の川市神領)

スポンサーリンク

名草郡(なくさの こおり) 19座(大9座・小10座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

日前神社(名神大月次相嘗新嘗)(ひのくまの かみのやしろ)

・日前神宮・國懸神宮(和歌山市秋月)

一緒に読む
日前神宮・國懸神宮(和歌山市秋月)

日前神宮・國懸神宮(ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう)は 『日本書紀』天石窟(あめのいわや)の段 一書に 日矛(ひぼこ)と日前神(ひのくまのかみ)記されます 三種の神器である伊勢の神「八咫鏡(やたのかがみ)」と同等とされる 2つの御神鏡「日像鏡(ひがたのかがみ)日矛鏡(ひぼこのかがみ)」を祀る崇高な神宮です

続きを見る

日前神宮・國懸神宮の旧鎮座地 名草郡 毛見郷 濱ノ宮 

国懸神社(名神大月次相嘗新嘗)(くにかかすの かみのやしろ)

・日前神宮・國懸神宮(和歌山市)

一緒に読む
日前神宮・國懸神宮(和歌山市秋月)

日前神宮・國懸神宮(ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう)は 『日本書紀』天石窟(あめのいわや)の段 一書に 日矛(ひぼこ)と日前神(ひのくまのかみ)記されます 三種の神器である伊勢の神「八咫鏡(やたのかがみ)」と同等とされる 2つの御神鏡「日像鏡(ひがたのかがみ)日矛鏡(ひぼこのかがみ)」を祀る崇高な神宮です

続きを見る

旧鎮座地とれる名草郡 毛見郷 濱ノ宮 

伊太祁曽神社(名神大月次相嘗新嘗)(いたきその かみのやしろ)

・伊太祁曽神社(和歌山市伊太祈曽)

一緒に読む
伊太祁曽神社(和歌山市伊太祈曽)

伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)は 紀伊国一之宮で『続日本紀』大宝二年(702)に記事が見える古社 木の国〈紀伊国〉のルーツとされ“木の神”五十猛命を祀ります 秋月(現在の日前宮鎮座地)より山東(現在の伊太祈曽周辺「亥の森」)に遷座されたと伝えられ 『延喜式神名帳927 AD.』には 紀伊国 名草郡 伊太祁曽神社〈名神大 月次 新嘗 相嘗〉と記されます

続きを見る

・三生神社〈亥の森:伊太祁曽神社 旧鎮座地〉(和歌山市伊太祈曽)

一緒に読む
三生神社〈亥の森:伊太祁曽神社 旧鎮座地〉(和歌山市伊太祈曽)

三生神社(みぶじんじゃ)は 亥の森(いのもり)とよばれる伊太祁曽神社の旧鎮座地の森に鎮座します 御祭神は本社と同じ 五十猛命(いたけるのみこと)大屋津比賣命(おおやつひめのみこと)都麻津比賣命神(つまつひめのみこと)を祀ります

続きを見る

大屋都比賣神社(名神大月次新嘗)(おほやつひめの かみのやしろ)

・大屋都姫神社(和歌山市宇田森)

都麻都比賣神社(名神大月次新嘗)(つまつひめの かみのやしろ)

・都麻津姫神社(和歌山市吉礼)

・都麻津姫神社(和歌山市平尾若林)

・高積神社(和歌山市祢宜)

鳴神社(名神大月次相嘗新嘗)(なるの かみのやしろ)

・鳴神社(和歌山市鳴神)

香都知神社(かつちの かみのやしろ)

・香都知神社〈鳴神社 境内社〉(和歌山市鳴神)

・逆松社(和歌山市鳴神)

加太神社(かたの かみのやしろ)

・淡嶋神社(和歌山市加太)

・加太春日神社(和歌山市加太)

伊久比賣神社(いくひめの かみのやしろ)

・伊久比売神社〈市姫大明神〉(和歌山市市小路)

・山口神社(和歌山市谷)

朝椋神社(あさくらの かみのやしろ)

・朝椋神社(和歌山市鷺ノ森明神)

刺田比古神社(さしたひこの かみのやしろ)

・刺田比古神社(和歌山市片岡町)

麻為比賣神社(まゐひめ かみのやしろ)

・日前神宮・國懸神宮(和歌山市)に合祀

一緒に読む
日前神宮・國懸神宮(和歌山市秋月)

日前神宮・國懸神宮(ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう)は 『日本書紀』天石窟(あめのいわや)の段 一書に 日矛(ひぼこ)と日前神(ひのくまのかみ)記されます 三種の神器である伊勢の神「八咫鏡(やたのかがみ)」と同等とされる 2つの御神鏡「日像鏡(ひがたのかがみ)日矛鏡(ひぼこのかがみ)」を祀る崇高な神宮です

続きを見る

・津秦天満宮 に合祀(和歌山市津秦)

竃山神社(かまやまの かみのやしろ)

・竈山神社(和歌山市和田)

高積比古神社(たかつみひこの かみのやしろ)

・高積神社(和歌山市祢宜)

・髙積神社 上宮(和歌山市祢宜)

高積比賣神社(たかつみひめの かみのやしろ)

・高積神社(和歌山市祢宜)

・髙積神社 上宮(和歌山市祢宜)

伊達神社(貞・名神大)(いたての かみのやしろ)

・伊達神社(和歌山市園部)

・水門吹上神社(和歌山市小野町)

志磨神社(貞・名神大)(しまの かみのやしろ)

・志磨神社(和歌山市中之島)

静火神社(貞・名神大)(しつひの かみのやしろ)

・靜火神社(和歌山市和田)

・靜火神社 旧社跡(和歌山市和田)

堅真音神社(貞)(かたまねの かみのやしろ)

・堅眞音神社〈鳴神社 境内社〉(和歌山市鳴神)

・堅眞音神社(和歌山市神前)

在田郡(ありたの こおり) 1座(大)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

須佐神社(名神大月次新嘗)(すさの かみのやしろ)

・須佐神社(和歌山県有田市)

牟婁郡(むろの こおり) 6座(大2座・小4座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

熊野早玉神社(大)(くまのはやたまの かみのやしろ)

・熊野速玉大社(新宮市)

・神倉神社(新宮市神倉)

熊野坐神社(名神大)(くまのにます かみのやしろ)

・熊野本宮大社(田辺市本宮町)

・熊野本宮旧社地 大斎原(田辺市本宮町)

海神社三座(あまの かみのやしろ みくら)

・潮崎本之宮神社(串本町串本)

・熊野本宮旧社地 大斎原(田辺市本宮町)に合祀

天手力男神社(貞)(あめたちからをの かみのやしろ)

・熊野本宮旧社地 大斎原(田辺市本宮町)に合祀

・力侍神社(和歌山市川辺)

・鑰宮・天手力男神社・八咫烏神社〈熊野速玉大社 境内社〉

南海道に鎮座する 163座『延喜式神名帳』の所載一覧 に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2023 All Rights Reserved.