大隅国 式内社 5座(大1座・小4座)について

大隅國の式内社〈5座〉について

大隅国(おほすみのくに)の式内社は 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 大隅国の5座(大1座・小4座)の神社のことです 最南端の式内社として 益救神社(屋久島町宮之浦)もあります

目次

スポンサーリンク

大隅國オホスミノクニ)について

大隅國の位置

律令制下の 西海道(サイカイドウ) 九州の一国です
・薩摩(サツマ)・日向(ヒュウガ)・大隅(オオスミ)とともに 奥三州とよばれました

現在の鹿児島県の東部にあたる大隅半島を中心として
内陸部と沿海部と 種子島(タネガシマ)屋久島(ヤクシマ)などの島嶼(トウショ)部とからなります

国立公文書館デジタルアーカイブ 大隅国(元禄)

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/pickup/view/viewer/viewerArchives/0000000230

大隅國の成立について

太古の「襲国(ソノクニ)」にあたります 熊襲(クマソ)隼人(ハヤト)の本拠地とされています

和銅6年(713)日向国・肝坏(キモツキ)・囎唹(ソヲ)・大隅(オオスミ)・姶(アイラ) の4郡を割いて 大隅国が創設されます

統治は 大宝律令により 南九州の地に公地公民による班田収受の法(日本国の土地 住民は国の所有物であり 耕地を配分し 税金を課す)を実行するために国府を置きました 国府は 桑原郡(現 霧島市国分府中)にあったとされています

その後 囎唹(ソヲ)郡より 桑原郡を分出し
天平勝宝7年(755)には 菱刈(ヒシカリ)郡が その北に新設されます

天長1年(824)には 多褹島(タネノシマ) を廃し 大隅国に合併し 熊毛(クマゲ) 馭謨(コム) の2郡が置れます

スポンサーリンク

大隅國 隼人の反乱

大和朝廷は 国府を制定しましたが 先住民〈隼人族〉の支持を得られませんでした
翌年(714)には 国府の機能を生かすことを目的として 隼人の教化政策を打ち出します
それは 現在の福岡県や大分県から 住200戸 民約5000人を移住させました これらの移住者の多くは 朝鮮半島からの渡来人で 高い技術と知識を持つ集団で 律令制を推し進めます
しかし 律令制が 稲作を中心に据えた制度であり 九州南部のシラス土壌は 稲作に適さず 重い課税が課せられたことにも 反発して 先住民〈隼人族〉は 養老4年(720)に国府を襲い 大隅国守の陽候史麻呂(ヤコノ フヒト マロ)を殺害しました

これが 養老4年(720)の「大隅隼人の反乱」とされます

大和朝廷は 大伴旅人(オオトモノタビト)を征隼人大将軍として 一万人の兵を南九州へ送り込みます
豊前の宇佐八幡宮からは 八幡神を神輿(ミコシ)に乗せて 旗印の神として 鎮定に赴きます 約3ヶ年に渡り抵抗した隼人を平定し 養老7年(723)に都に帰還したと伝わります

この反乱によって 班田収授法の適用は延期されることになります 戦乱から80年近く経過した延暦19年(800)になってようやく適用されています

「宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)」(九州 五所別宮(kyushu gosho betsugu)について

反乱の情勢の中で それまで国の中心となっていた神社「鹿児島神宮」に豊前の宇佐八幡宮から 八幡神を勧請して 宇佐八幡宮五所別宮となる正八幡宮が成立します

一緒に読む
「宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)」(九州 五所別宮(kyushu gosho betsugu)について

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

続きを見る

スポンサーリンク

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載について
(Engishiki JimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

『延喜式(Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂〉
その中でも巻9・10を『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』といい 当時〈927年12月編纂〉「官社」に指定された全国の神社(式内社)の一覧となっています

・「官社(式内社)」名称「2861社」
・「鎮座する天神地祇」数「3132座」

大隅國の式内社〈5座〉(大1座・小4座)の 現在の論社は 6神社です

大隅國の郡は 3つに別れています 

桑原郡 1座(大)
曽於郡 3座(並小)
馭謨郡 1座(小)
計    5座

スポンサーリンク

桑原(クハハラノ)郡 1座(大)

国立公文書館デジタルアーカイブス 延喜式 刊本より

鹿児島神社(大)(かこしまの かみのやしろ)(だい)

・鹿児島神社の旧鎮座地 元宮とされる 石體神社

・鹿児島神宮(霧島市隼人町)


囎唹(ソヲノ)郡 3座(並小)

国立公文書館デジタルアーカイブス 延喜式 刊本より

大穴持神社おほなもちの かみのやしろ)

・大穴持神社(霧島市国分広瀬)

宮浦神社(貞)みやうら かみのやしろ)

・宮浦宮(霧島市福山町)

韓国宇豆峯神社(貞)からくにの うずみねの かみのやしろ)

・韓國宇豆峯神社(霧島市国分上井)

馭謨(コムノ)郡 1座(小)

国立公文書館デジタルアーカイブス 延喜式 刊本より

益救神社すくひの かみのやしろ)

・益救神社(屋久島町宮之浦)

・益救神社(屋久島町原)〈参考〉 

大隅國の式内社〈5座〉 (hai)」(90度のお辞儀)

西海道に鎮座する 107座『延喜式神名帳』の所載一覧 に戻る

一緒に読む
西海道に鎮座する 107座『延喜式神名帳』の所載一覧

『延喜式神名帳(engishiki jimmyocho)』は 延長5年(927年)に編纂されました
当時の「全国の官社」(祈年祭(毎年2月)に神祇官から幣帛を受ける神社)の一覧表が所載されています 

このページは
「西海道」に鎮座する(107座…大38・小69)神社の一覧表です

続きを見る

おすすめ記事

1

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」のクライテリア(iii)として「古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた 頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて 巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った」と記されます

2

出雲國(izumo no kuni)は「神の國」でありますので 各郡の条に「〇〇郡 神社」として 神社名の所載があります
『風土記(fudoki)』が編纂(733年)された 当時の「出雲の神社(399社)」を『出雲國風土記 神名帳(izumo no kuni fudoki jimmeicho)』として伝える役割をしています

3

大国主神(おほくにぬしのかみ)が 坐(ましま)す 古代出雲の神代の舞台へ行ってみたい 降積った時を振り払うように 神話をリアルに感じたい そんな私たちの願いは ”時の架け橋” があれば 叶うでしょう 『古事記(こじき)』〈和銅5年(712)編纂〉に登場する神話の舞台は 現在の神社などに埋もれています それでは ご一緒に 神話を掘り起こしましょう

4

出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんよごと)は 律令体制下での大和朝廷で 出雲国造が その任に就いた時や遷都など国家の慶事にあたって朝廷で 奏上する寿詞(ほぎごと・よごと)とされ 天皇(すめらみこと)も行幸されたと伝わっています

5

出雲国造(いつものくにのみやつこ)は その始祖を 天照大御神の御子神〈天穂日命(あめのほひのみこと)〉としていて 同じく 天照大御神の御子神〈天忍穂耳命(あめのほひのみこと)〉を始祖とする天皇家と同様の始祖ルーツを持ってる神代より続く家柄です 出雲の地で 大国主命(おほくにぬしのみこと)の御魂を代々に渡り 守り続けています

6

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

7

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

8

對馬嶋(つしまのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳』に所載されている 対馬〈対島〉の29座(大6座・小23座)の神社のことです 九州の式内社では最多の所載数になります 對馬嶋29座の式内社の論社として 現在 67神社が候補として挙げられています

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-

error: Content is protected !!

Copyright© Shrine-heritager , 2023 All Rights Reserved.