群馬県

咲前神社(安中市)

咲前神社は 一の宮貫前神社(抜鉾神社)の旧鎮座地(前宮)です その由緒はとても古く 遠く神代に 経津主大神(ふつぬしのおおかみ)が 健御名方神(たけみなかたのかみ)を追って 上野国と信濃国の国境にある荒船山に御出陣をされた時の行在地であると伝わっています

荒船神社 里宮(下仁田町)

荒船神社 里宮(下仁田町)は 荒船山の北東麓にあたる相沢登山口に 里宮(山頂の奥宮に対する)として鎮座しています 山頂の荒船神社(arafune shrine)は 一之宮 貫前神社(ichinomiya nukisaki shrine)の元の鎮座地とも云われて深い関係があります

小舟神社(富岡市富岡)

小舟神社は 1300年以上前の白鳳7年3月に鎮座と伝わる由緒ある神社です 代々住民守護の祖神と仰がれて 現在の御祭神は 経津主神(futsunushi no kami)で『記紀神話』にも登場する武神の神様として 代々の国司・武将から篤く崇敬され 徳川幕府「三代将軍家光公」より社領20石の朱印を寄進されています

一之宮 貫前神社(富岡市)

一之宮 貫前神社は 菖蒲(綾女・あやめ)谷といわれる渓間に南面して鎮座するのですが 全国でも珍しい「下り参道」でのお詣りとなります ご参拝には 一度 南の参道をのぼって大鳥居をくぐります 平坦な参道が弧を描くように総門に至ります するとそこからは 急な下りの石段となっていて 真下に社殿が建っています 古くからの由緒格式を持つ 上野国一之宮として崇敬を集めています

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.