静岡県

花長下神社(揖斐川町谷汲名礼)

花長下神社(はなながしもじんじゃ)は 『延喜式神名帳(927年編纂)』美濃國大野郡に所載の式内社です 御祭神「赤衾伊農意保須美比古佐和氣能命(あかぶすまいのおおすみひこさわけのみこと)」は『出雲国風土記』に登場する神とされ 同地区には 御祭神が夫婦神同士 祭礼が交互に行われるなど密接な関連の式内社 花長上神社も坐まします

多賀神社(三島市谷田)

多賀神社(三島市谷田)は もと三嶋大社 摂社(せっしゃ)の一つで 田川神社とも田河とも称された 2つの式内社「① 石徳髙神社(いはとくのたかの かみのやしろ)➁ 劔刀乎夜尓命神社(けむとをやにのみことの かみのやしろ)」の論社です

岩徳高神社(伊豆市徳永)

岩徳高神社(伊豆市徳永)は 境内に昭和50年頃まで樹齢約500年の年輪を数えたスギの大木があったという 昔から八軒の世襲の鍵取が決まっていて 当番の鍵取はその年一年は 毎月1日15日に献饌などの奉仕をし 氏子は蒜(ヒル)を栽培すると災いがおきるとの禁忌があり 今もその伝えは守られている

豆塚神社(伊豆の国市北江間)

豆塚神社(伊豆の国市北江間)は かつて石徳高命が降られたという雄徳山に式内社「石徳高神社」が祀られていました その後 狩野川が流路を西に変え 郷(依馬郷)が 江間と北條に二分されたので 鎮守も二社(当社と守山八幡宮)に分祀されたものと伝わります

守山八幡宮(伊豆の国市寺家)

守山八幡宮(伊豆の国市寺家)は 1180年(治承4年)源頼朝公が 源氏再興を祈願して挙兵した時に本陣を張った北條郷の地で 辺りには北条氏の屋敷があり 源頼朝公は 襲い討った山木判官平兼隆の屋敷から火の手が上がるのをこの辺りから見たとされます

聖神社(伊豆市月ヶ瀬)

聖神社(伊豆市月ヶ瀬)は 聖ヶ森に鎮座していた聖宮大明神を明治9年(1876)この社殿に合祀し主神として祀ったものです 最古の上梁文として永正9年(1512)のものがあり 村名に「槻瀬村」とあり 現在の地名『月ヶ瀬』の由来を示す者とされています

小坂神社(伊豆の国市)

小坂神社(伊豆の国市)は 明治6年(1873) に 地区内各所に祀られていた17の神社が合祀されました その中の一祠は 古来から葛城山の山頂に鎮座し 合祀当時は 山麓の寺に遷され小祠として祀られていた「葛城神社」〈式内社「倭文神社(しとりの かみのやしろ)」の論社〉です

鍬戸神社(三島市長伏)

鍬戸神社(三島市長伏)は 江戸期には 鍬手明神と云われていました 同じ境内地の中に 同じく延喜式内社の高橋神社〈東北東向き〉と背中合わせに 鍬戸神社の本殿〈南南東向き〉が並び建てらけて お祀りされています

倭文神社(伊豆市大野)

倭文神社は 伊豆市大野にある倭文山の山頂に鎮座する『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載の式内社「倭文神社(しとりの かみのやしろ)」の論社です 縄文遺跡もあり この地が古くから 渡来文化(機織技術など)で開けていたことを示すものとされています

葛見神社(伊東市馬場町)

葛見神社(伊東市馬場町)は 葛見の庄の初代地頭 工藤祐高公(伊東家次・・・伊東家の祖)が社殿を造営し 守護神として京都伏見稲荷を勧進合祀してから 伊東家の厚い保護と崇敬を受けて神威を高めてきました 境内の大クスは 樹齢約千年 目通り20mに及び全国でも有数な老樟として有名です

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.