Dragonfly(蜻蛉 とんぼ)

蜻蛉(とんぼ)
Insect leading to victory.
Dragonflies have a deep relationship with Japanese history.

日本では昔から縁起の良い虫とされています・・
 ◆古代の日本「 国の名を決めた虫 とんぼ 」

日本の古代「とんぼ」は 「秋津(あきつ)」と呼ばれていました

日本の国も 古代「秋津洲(あきつしま)」と呼ばれていました
『日本書紀』に 山頂から国見をした初代天皇の神武天皇が感嘆をもって「あきつの臀呫(となめ)の如くにあるかな」と述られて そこから 倭(やまと)の国は「秋津洲」の名を得たとの由来が伝わっています

◆中世の日本「 勝虫 とんぼ 」

​卵で越冬し ヤゴ(幼生期を水中で過ごす) 成虫期を陸上(空中で過ごす)ので 水田の環境と合致し 稲の害虫をよく捕食する また前にしか進まず退かないところから

「不退転(退くに転ぜず 決して退却をしない)」
の精神を表すとして「勝ち虫」とも呼ばれ 武士達に一種の縁起物として喜ばれました

 ◆現代の日本「 変身ヒーローの原点 とんぼ 」 ​

​ とんぼは『卵-幼虫-成虫』という成長段階を経る不 完全変態の昆虫成虫になると ヒーローのようにハエやカなどの害虫を捉えます その様子は 正に勝虫で とんぼの複眼は上下左右前後(270度)視認 ホバリング (空中停止速度ゼロ) 状態でも 猛スピードでも 自由自在に飛び回って 狙ったものを捉えます

還暦を迎え ヤゴから不完全変態した「とんぼ」のように 世の役に立ちたい
みなさまとご一緒に「 とんぼ 」のように 臆せずに勝負に挑み

そして 世の為人の為に勝利を手にするパワーに添えるように願っています

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.