上緫国 式内社 5座(大1座・小4座)について

(かずさのくにの式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される  5座(大1座・小4座)の神社です

(かずさのくにについて 

(Kazusanokuniは  令制国の一つ東海道に属する
現在の千葉県中部

古は 総国(ふさのくに)よき麻の生きたる土地の意
『古語拾遺』によれば
斎部氏(忌部氏) 阿波国〈徳島県〉から部民を伴い海路ここに至った

総国(ふさのくに)
7世紀後半 上・下に分けられ
〈・上総かみつふさのくに下総国(しもつふさのくに)が成立

718年 上総国の4郡を割き 安房(あわ)国を分置
741年 安房(あわ)国を併合
757年 安房(あわ)国を再分置

東国における古代律令体制への反抗は強く
上総国常陸国上野国の3国は 国守に必ず親王が補任される親王任国(しんのうにんごく)であった

親王太守は 現地へ赴任しない遙任であった
親王任国での実務上の最高位は次官の国介(すけ)とされ 平安中期以降は 国介(すけ)は 他国の国守と同列に扱われた

上総介(かずさのすけ)として 
源頼朝の挙兵に呼応し平広常上総介広常(かずさのすけひろつね)〉が有名

江戸時代
松平氏の大多喜藩阿部氏の佐貫藩黒田氏の久留里藩保科氏の飯野藩水野氏の鶴牧藩などの小藩に分割

明治4年1871)7月 廃藩置県 各藩が県となった
明治4年187111月 安房国の諸県を合併して木更津県となる
明治6年(1873下総国の印旛県を合せて千葉県となる

スポンサーリンク

国(かみつふさのくに) 5座(大1座・小4座)

大社1座は 1社大社1社は 名神大社
小社4座は 4社
 計5座は 5社

※座は神の柱数 社は神社数

郡として 4郡〈延喜式神名帳記載
埴生(はにう)長柄(ながら)海上(うなかみ)望陀(もうだ)

スポンサーリンク

埴生郡(はにふの こおり) 1座(大)と論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

玉前神社(名神大)(たまさきの かみのやしろ)

・玉前神社(一宮町一宮)

・玉崎神社(中原)〈玉前神社(一宮町)の本宮とも伝わる〉《参考論社》

・神洗神社(一宮町綱田)〈玉前神社(一宮町)の元宮とも伝わる〉

スポンサーリンク

長柄郡(なからの こおり) 1座(小)と論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

橘神社(たちはなの かみのやしろ)

スポンサーリンク

海上郡(うなかみの こおり) 2座(並小)と論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

嶋穴神社(しまあなの かみのやしろ)

姉埼神社(あねさきの かみのやしろ)

望陀郡(まうたの こおり) 1座(小)と論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

飽富神社(あきとみの かみのやしろ)

東海道に鎮座する 731座『延喜式神名帳』の所載一覧 に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.