参河國(みかわのくに)の 式内社 26座(並小)について

参河国(みかわのくに)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される 参河国 26座(並小)の神社です

参河國(みかわのくに)について

参河国(Mikawanokuni)は  令制国の一つ東海道に属する
現在の愛知県中・東部

三川(みかわ)参河(みかわ)とも書かれ

Please do not reproduce without prior permission.

明治以前 現在の愛知県は 境川より東三河国西尾張国からなっていた

近世には
尾張国は 親藩の尾張藩(名古屋藩)
三河国は 吉田藩(1869年豊橋藩と改称),岡崎藩,田原藩など譜代諸藩と天領,旗本領が散在した

明治4年1871)7月 廃藩置県 額田(ぬかた)県に属した
明治5年(1872)額田県は愛知県に併合され愛知県となる

参河国(みかわのくに) 26座(並小)

小社26座は 25社

※座は神の柱数 社は神社数

郡として 7郡〈延喜式の当時〉
賀茂郡額田(ぬかだ)郡・碧海(あおみ)郡・幡豆(はず)郡・宝飫(ほお)郡・八名(やな)郡・渥美

目次

賀茂郡(かもの こおり) 7座(並小)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

野見神社(のみの かみのやしろ)

・野見神社(豊田市野見山町)

・野見神社(豊田市榊野町)

野神社(のの かみのやしろ)

・野神社〈埜神社〉(豊田市野口町)

兵主神社(つわものぬしの かみのやしろ)

・兵主神社(豊田市荒井町松島)

・野見神社(豊田市野見山町)
〈野見神社の相殿に合祀 兵主大明神〉

・六所神社(豊田市坂上町地蔵堂)

・六所神社 上宮(豊田市坂上町六所山)

射穂神社(いほの かみのやしろ)

・射穂神社(豊田市保見町北山)

狭投神社(さなげの かみのやしろ)

・猿投神社(豊田市猿投町大城)

廣沢神社(ひろさはの かみのやしろ)

・広沢神社〈広沢天神〉(豊田市猿投町小黒見)

灰宝神社(はひほの かみのやしろ)

・灰寶神社(豊田市越戸町松葉)

・胸形社(豊田市平戸橋町波岩)

・馬場瀬神社(豊田市平戸橋町馬場瀬)

スポンサーリンク

額田郡(ぬかだの こおり) 2座(並小)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

稲前神社(いなさきの かみのやしろ)

・稲前神社(岡崎市稲熊町森下)

・山中八幡宮(岡崎市舞木町宮下)
〈山中八幡宮の前身は稲前神社(通称“奥の宮”)〉

・能見神明宮(岡崎市元能見町)
〈天正18年(1590)稲前神社(材木町字久後)をこの地に移転再興〉

謁播神社(あちはの かみのやしろ)

・謁播神社(岡崎市東阿知和町北山)

・川原宮・謁盤神社(豊田市御蔵町粟下)

スポンサーリンク

碧海郡(あをみの こおり) 6座(並小)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

和志取神社(わしとりの かみのやしろ)

・和志取神社(岡崎市西本郷町字御立)

・和志取神社(安城市柿碕町和志取)

・高取神明宮(高浜市神明町)

・鷲塚天満神社(碧南市鷲林町)

酒人神社(さかむとの かみのやしろ)

・酒人神社(岡崎市島坂町木ノ元)

日長神社(ひなかの かみのやしろ)

・日長神社(岡崎市中島町新町)

・日長神社(安城市高木町鳥居)

・日名神明宮(岡崎市日名西町)

知立神社(ちりうの かみのやしろ)

・知立神社(知立市西町神田)

比蘇神社(ひその かみのやしろ)

・比蘇天神社(岡崎市宮地町北浦)

・櫻井神社(安城市桜井町桜林)

糟目神社(かすめの かみのやしろ)

・糟目春日神社(豊田市渡刈町北田)

・糟目犬頭神社(岡崎市宮地町馬場)

スポンサーリンク

播豆郡(はつの こおり) 3座(並小)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

久麻久神社二座(くまくの かみのやしろ ふたくら)

・久麻久神社(西尾市八ツ面町麓)

・久麻久神社(西尾市熊味町山畔)

羽豆神社(はつの かみのやしろ)

・幡頭神社(西尾市吉良町)

スポンサーリンク

寶飫郡(ほいひの こおり) 6座(並小)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

形原神社(かたはらの かみのやしろ)

・形原神社(蒲郡市形原町八ケ峰)

御津神社(みつの かみのやしろ)

・御津神社(豊川市御津町広石祓田)

莵足神社(うたりの かみのやしろ)

・菟足神社(豊川市小坂井町宮脇)

砥鹿神社(とかの かみのやしろ)

・砥鹿神社 里宮(豊川市一宮町)

・砥鹿神社 奧宮(豊川市上長山町)

赤日子神社(あかひこの かみのやしろ)

・赤日子神社(蒲郡市神ノ郷町森 壱町田)

石座神社(いはくらの かみのやしろ)

・石座神社(新城市大宮狐塚)

・石座石〈石座神社の神籬〉(新城市須長雁峰)

八名郡(やなの こおり) 1座(小)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

石巻神社(いしまきの かみのやしろ)

・石卷神社〈里宮〉(豊橋市石巻町金割)〈三河國四之宮〉

・石巻神社〈上社〉(豊橋市石巻町南山)

渥美郡(あつみの こおり) 1座(小)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

阿志神社(あしの かみのやしろ)

・阿志神社(田原市芦町柿ノ木)

東海道に鎮座する 731座『延喜式神名帳』の所載一覧 に戻る

おすすめ記事

1

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」のクライテリア(iii)として「古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた 頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて 巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った」と記されます

2

出雲國(izumo no kuni)は「神の國」でありますので 各郡の条に「〇〇郡 神社」として 神社名の所載があります
『風土記(fudoki)』が編纂(733年)された 当時の「出雲の神社(399社)」を『出雲國風土記 神名帳(izumo no kuni fudoki jimmeicho)』として伝える役割をしています

3

大国主神(おほくにぬしのかみ)が 坐(ましま)す 古代出雲の神代の舞台へ行ってみたい 降積った時を振り払うように 神話をリアルに感じたい そんな私たちの願いは ”時の架け橋” があれば 叶うでしょう 『古事記(こじき)』〈和銅5年(712)編纂〉に登場する神話の舞台は 現在の神社などに埋もれています それでは ご一緒に 神話を掘り起こしましょう

4

出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんよごと)は 律令体制下での大和朝廷で 出雲国造が その任に就いた時や遷都など国家の慶事にあたって朝廷で 奏上する寿詞(ほぎごと・よごと)とされ 天皇(すめらみこと)も行幸されたと伝わっています

5

出雲国造(いつものくにのみやつこ)は その始祖を 天照大御神の御子神〈天穂日命(あめのほひのみこと)〉としていて 同じく 天照大御神の御子神〈天忍穂耳命(あめのほひのみこと)〉を始祖とする天皇家と同様の始祖ルーツを持ってる神代より続く家柄です 出雲の地で 大国主命(おほくにぬしのみこと)の御魂を代々に渡り 守り続けています

6

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

7

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

8

對馬嶋(つしまのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳』に所載されている 対馬〈対島〉の29座(大6座・小23座)の神社のことです 九州の式内社では最多の所載数になります 對馬嶋29座の式内社の論社として 現在 67神社が候補として挙げられています

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

error: Content is protected !!

Copyright© Shrine-heritager , 2024 All Rights Reserved.