飛騨国 式内社 8座(並小)について

飛騨国(ひだのくに)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される 飛騨国 8座(並小)の神社です

飛騨国(ひだのくに)について

飛騨国Hidanokuniは  令制国の一つ〈東山に属する
現在の岐阜県北部

4世紀の成務朝に斐陀国造が設置されたことが『先代旧事本紀』「国造本紀」に記されています

明治元年5月(1868年6月)に飛騨県 そのわずか1週間には高山県となった
明治2年(1869年)県知事 梅村速水の急激な改革に対しての暴動(梅村騒動)が発生
廃藩置県後 明治4年(1871年)府県合併により 近隣の信濃国中部南部の諸県と合併して筑摩県の一部とな

明治9年(1876年)に筑摩県が廃止された後 当初 旧美濃国で構成されていた岐阜県に編入され 現在に至る

スポンサーリンク

飛騨国(ひだのくに) 8座(並小)

大社 0は 0
小社8は8
 8は8

※座は神の柱数 社は神社数

〈延喜式神名帳に記載〉
大野郡(おほの こおり) 3座(並小)
荒城郡(あらきの こおり) 5座(並小)

スポンサーリンク

大野郡(おほの こおり) 3座(並小)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

水無神社(みつなしの かみのやしろ)

・水無神社(高山市一之宮町)

槻本神社(つきもとの かみのやしろ)

荏名神社(えなの かみのやしろ)

スポンサーリンク

荒城郡(あらきの こおり) 5座(並小)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

大津神社(おほつの かみのやしろ)

荒城神社(あらきの かみのやしろ)

髙田神社(たかたの かみのやしろ)

阿多由太神社(あたゆたの かみのやしろ)

栗原神社(くりはらの かみのやしろ)

スポンサーリンク

東山道に鎮座する 382座『延喜式神名帳』の所載一覧 に戻る   

 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2023 All Rights Reserved.