壹岐嶋 式内社 24座(大7座・小17座)について

壱岐島(いきのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される 壹岐嶋 24座(大7座・小17座)の神社です

目次

壱岐島(いきのしま)について

壱岐島Ikinoshimaは  令制国の一つ〈西海に属する
現在の鹿児島県西部

壱岐国(いきのくに) 「島」という行政単位として壱岐島(いきのしま)とも呼ばれ 国司は島司とも呼ばれた

中国の史書魏志倭人伝中国三国時代について書かれた歴史書で 成立時期は西晋による中国統一後の280年以降に「一大(支)(いきのくに)」として記されるのが 文献の初見

もと伊吉島造 壱岐県主があり のちに独立して壱岐国(いきのくに)となる

スポンサーリンク

壹岐嶋(いきのしま) 24座(大7座・小17座)

大社7は7
小社17は17
 24は24

※座は神の柱数 社は神社数

〈延喜式神名帳に記載〉
壹岐郡(いきの こおり) 12座(大4座・小8座)
石田郡(いしたの こおり) 12座(大3座・小9座)

スポンサーリンク

郡(いきの こおり) 12座(大4座・小8座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

水神社(みつの かみのやしろ)

・水神社(壱岐市勝本町布気触)

阿多弥神社(あたみの かみのやしろ)

・阿多彌神社(壱岐市勝本町立石東触)

・熊野神社(壱岐市勝本町立石南触)

住吉神社(名神大)(すみよしの かみのやしろ)

・住吉神社(壱岐市芦辺町住吉東触)

兵主神社(名神大)(つはものぬしの かみのやしろ)

・兵主神社(壱岐市芦辺町深江本村触)

・本宮八幡神社(壱岐市勝本町本宮西触)

月読神社(名神大)(つきよみの かみのやしろ)

・月讀神社(壱岐市芦辺町国分東触)

・箱崎八幡神社(壱岐市芦辺町箱崎釘ノ尾触)

・男嶽神社(壱岐市芦辺町箱崎本村触)

國片主神社(くにかたぬしの かみのやしろ)

・國片主神社(壱岐市芦辺町)

髙御祖神社(たかみおやの かみのやしろ)

・高御祖神社(壱岐市芦辺町諸吉仲触)

手長比賣神社(てなかひめの かみのやしろ)

・手長比賣神社(壱岐市勝本町)

・聖母宮(壱岐市勝本町)

・天手長比売神社跡(壱岐市郷ノ浦町)

・國片主神社(壱岐市芦辺町)

佐肆布都神社(さしふつの かみのやしろ)

・佐肆布都神社〈旧 鎮座地〉(壱岐市勝本町)

・中津神社(壱岐市勝本町)に合祀

同 佐肆布都神社(おなじき さしつの かみのやしろ)

・佐肆布都神社(壱岐市芦辺町箱崎大左右触)

中津神社(貞・名神大)(なかつの かみのやしろ)

・聖母宮(壱岐市勝本町)

・中津神社(壱岐市勝本町)

角上神社(貞)(つのへの かみのやしろ)

・角上神社(壱岐市石田町湯岳射手吉触)

・覩上神社(壱岐市芦辺町湯岳本村触)

スポンサーリンク

石田郡(いしたの こおり) 12座(大3座・小9座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

天手長男神社(名神大)(あめのたなかをの かみのやしろ)

・天手長男神社(壱岐市郷ノ浦町)

・興神社(壱岐市芦辺町)

天手長比賣神社(名神大)(あめのたなかひめの かみのやしろ)

・天手長男神社(壱岐市郷ノ浦町)

・天手長比売神社跡(壱岐市郷ノ浦町)

・國片主神社(壱岐市芦辺町)

弥佐支刀神社(みさきとの かみのやしろ)

・彌佐支刀神社(壱岐市郷ノ浦町大原触)

・比賣神社(壱岐市芦辺町深江鶴亀触)

國津神社(くにつかみのやしろ)

・國津神社(壱岐市郷ノ浦町)

・津之宮神社(壱岐市石田町池田西触)

海神社(大)(あまの かみのやしろ)

・海神社(壱岐市石田町筒城西触)

・白沙八幡神社(壱岐市石田町筒城仲触)

津神社(つの かみのやしろ)

・津神社(壱岐市郷ノ浦町牛方触)

・國津神社(壱岐市郷ノ浦町)

・津之宮神社(壱岐市石田町池田西触)

與神社(よの かみのやしろ)

・興神社(壱岐市芦辺町)


・深江神社(壱岐市芦辺町)

大國玉神社(おほくにたまの かみのやしろ)

・大國玉神社(壱岐市郷ノ浦町大原触)

尓自神社(にしの かみのやしろ)

・爾自神社(壱岐市郷ノ浦町有安触)

見上神社(みのへの かみのやし)

・見上神社(壱岐市郷ノ浦町若松触)

國津意加美神社(くについかみの かみのやしろ)

・國津意加美神社(壱岐市郷ノ浦町本村触)

物部布都神社(貞)(もののへのふつの かみのやしろ)

・天手長男神社(壱岐市郷ノ浦町)に合祀

・國津神社(壱岐市郷ノ浦町)

スポンサーリンク

西海道に鎮座する 107座『延喜式神名帳』の所載一覧 に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2023 All Rights Reserved.