京都府

大宮姫命稲荷神社(上京区主税町)

大宮姫命稲荷神社は 『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載の宮中神 八神殿の一座 大宮賣神の遷座後の旧跡とされています 応仁の乱後 神祇官西院から遷座されたと云われ 現在地は かつての平安宮の太政官の跡地で 当時の内裏の南に位置し 神祇官西院の西北側辺りとなります

神明神社(京都市下京区神明町)

神明神社は かつて榎の大木があったので 榎神明(えのきしんめい)と呼称されたそうです 『平家物語』で有名な「鵺」の話の舞台で 源頼政卿の鵺(ぬえ)退治に関わる神社です 社伝には 平安時代末期 近衛天皇(在位1141~1155)〉の時 源頼政(ミナモトノヨリマサ)卿が 鵺(ぬえ)退治に向う時 この神明宮で祈願します この時 使われた弓矢の「矢じり」2本を奉納したと伝わります 現在でも 宝物として現存 祭礼で飾られています

鵺大明神 玉姫大明神 朝日大明神(京都市上京区主税町)

鵺大明神 玉姫大明神 朝日大明神は『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載(927年12月編纂)される宮中神 神紙官西院坐御巫の八神殿の一座「大宮賣神」の名跡を伝えている大宮姫命稲荷神社があり この地は その更なる古跡とされています 又『平家物語』で有名な「鵺」の話の舞台で 平安時代末期 近衛天皇(在位1141~1155)〉の時 源頼政卿が鵺を退治して ここの池で 鵺(ぬえ)を射た矢じりを洗った地であると伝えられます

福長神社(上京区福長町)

福長神社は 『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載の宮中神 神祇官西院坐 座摩巫祭神(イカスリノミカンナキノマツルカミ)5座大の内2座の合殿 元々は 一条猪熊の神祇官西院に祀られていましたが 豊臣秀吉公の聚楽第の造営の時より 2座合殿となり 現在の地に遷されたと伝わります 天明の大火(1788年)で焼失の後 現在は小祠となっていますが 宮中の井水を守る大変に由緒ある神社です

出雲神社(亀岡市本梅町)

出雲神社は 『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載の丹波國 出雲神社(名神大社)の論社です 創建年代は不詳ですが 境内には 巨岩が 磐座として祀られていて 最古の祭祀形態を存じています かつては磐座の横に出雲大明神といふ祠が祀られていたと伝へ 昭和3年(1928)に大改築を行ない 現在の社殿・鳥居・石段などが整備され 磐座の横の祠から遷座したと伝わります 

出雲大神宮(亀岡市)

出雲大神宮は 社伝によれば「元出雲の社」〈出雲大社の元宮〉とされています【和銅2年(709)社殿が造営され『丹波国風土記』逸文に「奈良朝のはじめ元明天皇 和銅年中 大国主命 御一柱のみを島根の杵築の地に遷す すなわち今の出雲大社これなり」  記紀神話の「国譲り神事」は 丹波国が出雲・大和の両勢力の接点にあり 国譲りの所由によって祀られたのが当宮で 古来より元出雲の信仰があり】と記されています 

隼神社・梛神社(京都市)

隼神社・梛神社は 一つの境内に二社が並立する神社です 隼神社は『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載の京中坐神の三座の内 唯一現存する式内社で 大正7年(1918)現在地に遷座した古社です 梛神社は 貞観11年(869)の創建で 京都祇園の八坂神社の旧跡にあたり「元祇園梛神社(Motogion Nagi Shrine)」と呼ばれています

大酒神社(京都 太秦)

大酒神社は 京都 太秦(ウズマサ)の土地神とされています 元々は 広隆寺の寺内社であったとされていますが 明治の神仏分離政策で分離させられました 祭神は「秦始皇帝(シンノシコウテイ)」神社名称は現在「大酒(オオサケ)」で 元の名は「大避(オオサケ)」あるいは「大闢(ダイビャク)」とされていて この「大闢(ダイビャク)」は 中国ではキリスト教の「ダビデ」を意味するとも伝わります 諸説ある謎多き神社です

木嶋坐天照御魂神社(蚕の社)

木島坐天照御魂神社(蚕の社)は 京都市内最古の神社の一つといわれています 境内にある「元糺(モトタダス)の池」には「三柱鳥居(ミハシラノトリイ)」と呼ばれる正三角形に柱を組んだ鳥居があり その正三角形の中心点には円錐形に小石を組みあげている神座が座して御幣が依代として立てられています 「秦氏(Hata uji)」の祭祀に深く関わる神社とされています

宇良神社【浦嶋神社】(伊根町)

宇良神社【浦嶋神社】は 今から1500年前に 300年の時空を超えて 常世の国から 故郷に甦った神「浦嶋子(urashima no ko)」が坐ます それは当時も奇跡のような出来事として 時の天皇も敬った事柄でした やがて「うらしまたろう」の伝説の元になっていきます 

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.