山城国 式内社 122座(大53座(並月次新嘗 就中11座預相嘗祭)・小69座(並官幣)について

山城国(やましろのくに)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される 山城国 の122座(大53座(並月次新嘗 就中11座預相嘗祭)・小69座(並官幣)の神社のことです

目次

山城国 122座(大53座(並月次新嘗 就中11座預相嘗祭)・小69座(並官幣)

山城国(やましろのくに)について

山城国(やましろのくに)は  令制国の一つ畿内に属する
現在の京都府南部

(いにしえ)は「山背(やましろ)」「山代(やましろ)」と記されていた

「山背(やましろ)は 平城京〈奈良〉の背〈北側〉にある地域だったので「奈良山のの意
あるいは 奈良京(ならのみやこ)〈平城京から「山のあなた」とされたところの

7世紀に「山背国(やましろのくに)」という表記で国が建てられ
延暦13年(794)桓武天皇(かんむてんのう) 平安京築き遷都する
桓武天皇の詔(みことのり)により 国名山城国(やましろのくに)と改められ

詔(みことのり)
此(こ)の国 山河(やまかわ)襟帯(きんたい)にして自然に城を作(な)す
斯(か)の形勝に因(よ)りて新号を制すべし 宜(よろ)しく山背国を改め山城国となすべし」以後「山城改め

五畿五畿七道内の序列も 大和国(やまとのくに)〈奈良〉に代わって首位となり 名実 都の国とされた

平安遷都 以来 江戸時代末まで 都がおかれた

明治元年(1868)閏4月京都府が置かれ
明治元年 4年7月に淀藩が県となり 同年 11月に丹波国とともに京都府に
さらに 1876年統合されて今日の京都府令制国でいう山城国の全域丹波国の東部丹後国の全域を府域となった

スポンサーリンク

乙訓郡(をとくにの こおり) 19座(大5座・小14座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

羽束師坐高御産日神社(大 月次 新嘗)(はつかしにます たかみむすひの かみのやしろ)

羽束師坐高御産日神社京都市伏見区

与杼神社(よひの かみのやしろ)

大井神社(おほいの かみのやしろ)

乙訓坐火雷神社(名神大 月次 新嘗)(をとくににます おほいかつちの かみのやしろ)

石作神社(いしつくりの かみのやしろ)

走田神社(はしりたの かみのやしろ)

御谷神社(みたにの かみのやしろ)

國中神社(くなかの かみのやしろ)

向神社(むかへの かみのやしろ)

大歳神社(大 月次 新嘗)(おほとしの かみのやしろ)

茨田神社(またの かみのやしろ)

石井神社(いはいの かみのやしろ)

神川神社(かむかはの かみのやしろ)

久何神社(くかの かみのやしろ)

簀原神社(貞)(すはらの かみのやしろ)

小倉神社(大月次新嘗)(をくらの かみのやしろ)

入野神社(いりの かみのやしろ)

自玉手祭来酒解神社(貞 名神大 月次 新嘗 元名 山埼社)(よりたまてまつりきたる さかとけの かみのやしろ)

神足神社(かむたりの かみのやしろ)

スポンサーリンク

葛野郡(かとのの こおり) 20座(大14座・小6座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

葛野坐月讀神社(名神大 月次 新嘗)(かとのにます つきよみの かみのやしろ)

月読神社(京都市左京区)

木嶋坐天照御魂神社(名神大 月次 相嘗 新嘗)(このしまにます あまてるみたまの かみのやしろ)

・木嶋坐天照御魂神社(蚕の社)(太秦森ケ東町)

墮川神社(貞)(おちかはの かみのやしろ)

阿刀神社(あとの かみのやしろ)

松尾神社二座(並 名神大 月次 相嘗 新嘗)(まつのをの かみのやしろ ふたくら)

深川神社(貞)(ふかかはの かみのやしろ)

墮川御上神社(おちかはの みかみの かみのやしろ)

櫟谷神社(いちいたにの かみのやしろ)

・櫟谷宗像神社(嵐山中尾下町)

平野祭神四社(貞・並 名神大 月次 新嘗)(ひらのの まつりのかみ よやしろ)

梅宮坐神四社(並 名神大 月次 新嘗)(むめのみやにます かみ よやしろ)

天津石門別稚姫神社(名神大 月次 新嘗)(あまつ いはとわけ わかひめの かみのやしろ)

伴氏神社(貞・大 月次 新嘗)(ともうちの かみのやしろ)

・住吉大伴神社(右京区龍安寺)

・北野天満宮 境内社 伴氏社

大酒神社(元名 大辟神)(をほさけの かみのやしろ)

・大酒神社(京都 太秦蜂岡町)

スポンサーリンク

愛岩郡(をたぎの こおり・あたごのこおり) 21座(大8座・小13座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

賀茂別雷神社(亦 若雷・名神大 月次 相嘗 新嘗)(かもわけいかつちの かみのやしろ)

出雲井於神社(大 月次 相嘗 新嘗)(いつものヰのをの かみのやしろ ふたくら)

賀茂御祖神社二座(並 名神大 月次 相嘗 新嘗)(かものみおやの かみのやしろ ふたくら)

出雲髙野神社(いつもの たかのの かみのやしろ)

賀茂山口神社(かものやまくちの かみのやしろ)

賀茂波尓神社(かものはにの かみのやしろ)

小野神社二座(鍬靫)(をのの かみのやしろ ふたくら)

久我神社(くかの かみのやしろ)

末刀神社(まとの かみのやしろ)

須波神社(すはの かみのやしろ)

鴨川合坐小社宅神社(名神大 月次 相嘗 新嘗)(かものかはひにます おこそへの かみのやしろ)

貴布祢神社(名神大 月次 新嘗)(きふねの かみのやしろ)

鴨岡本神社(かもをかもとの かみのやしろ)

伊多太神社(いたたの かみのやしろ)

太田神社(おほたの かみのやしろ)

三井神社(名神大 月次 新嘗)(みヰの かみのやしろ)

大柴神社(おほしはの かみのやしろ)

髙橋神社(貞)(たかはしの かみのやしろ)

・北野天満宮 境内社 神明社

片山御子神社(大 月次 相嘗 新嘗)(かたやまの みこの かみのやしろ)

スポンサーリンク

紀伊郡(きいの こおり) 8座(大3座・小5座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

御諸神社(みもろの かみのやしろ)

稲荷神社三座(並 名神大 月次 新嘗)(いなりの かみのやしろ みつくら)

大椋神社(おほくらの かみのやしろ)

飛鳥田神社(一名柿本社)(あすかたの かみのやしろ)

真幡寸神社二座(まはたきの かみのやしろ ふたくら)

宇治郡(うちの こおり) 10座(大5座・小5座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

宇治神社二座(鍬靫)(うちの かみのやしろ ふたくら)

日向神社(ひむかひの かみのやしろ)

日向大神宮京都市山科区

許波多神社三座(並 名神大 月次 新嘗)(こはたの かみのやしろ みくら)

天穂日命神社(延)(あめのほひのみことの かみのやしろ)

天穂日命神社伏見区石田森西 

宇治彼方神社(鍬靫)(うちをちかたの かみのやしろ)

山科神社二座(並 名神大 月次 新嘗)(やましなの かみのやしろ ふたくら)

久世郡(くせの こおり) 24座(大11座・小13座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

石田神社(大月次新嘗)(いはたの かみのやしろ)

水主神社十座(並 大 月次 新嘗・就中同水主坐天照御魂神水主坐山背大国魂命神二座預相嘗祭)(みぬしの かみのやしろ)

・水主神社(城陽市水主宮馬場)

荒見神社(あらみの かみのやしろ)

雙栗神社三座(さくりの かみのやしろ みくら)

水度神社三座(鍬靫)(みとの かみのやしろ みくら)

椋神社(あさくらの かみのやしろ)

伊勢田神社三座(鍬靫)(いせたの かみのやしろ みくら)

巨椋神社(おほくらの かみのやしろ)

室城神社(むろきの かみのやしろ)

綴喜郡(つつきの こおり) 14座(大3座・小11座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

樺井月神社(大 月次 新嘗)(くわヰのつきの かみのやしろ)

朱智神社(すちの かみのやしろ)

月讀神社(大 月次 新嘗)(つきよみの かみのやしろ)

咋岡神社(鍬靫)(くいをかの かみのやしろ)

髙神社(鍬靫)(たかの かみのやしろ)

内神社二座(うちの かみのやしろ ふたくら)

粟神社(あはの かみのやしろ)

棚倉孫神社(大 月次 新嘗)(たなくらひこの かみのやしろ)

佐牙乃神社(鍬靫)(さかの かみのやしろ)

酒屋神社(さかやの かみのやしろ)

甘南備神社(かんなひの かみのやしろ)

天神社(あまつかんのやしろ)

地祇神社(くにつかんのやしろ)

相楽郡(さからかの こおり) 6座(大4座・小2座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

祝園神社(大 月次 新嘗)(はふそのの かみのやしろ)

和伎坐天乃夫支賣神社(大 月次 新嘗)(わきのにます あめのふきめの かみのやしろ)

綺原坐健伊那大比賣神社(かむはらにます たていなたひめの かみのやしろ)

相樂神社(さからかの かみのやしろ)

岡田鴨神社(大 月次 新嘗)(をかたかもの かみのやしろ)

岡田国神社(大 月次 新嘗)(をかたくにの かみのやしろ)

畿内に鎮座する 658座『延喜式神名帳』の所載一覧 に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.