紫菜島神社〈許豆神社 (稲荷神社)境内へ遷座〉(出雲市十六島町)

紫菜島神社(のりしまじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.所載の楯縫郡 不在神祇官社「紫菜嶋社(のりしま)やしろ」とされ 古代より 十六島海苔(うっぷるい のり)の神様として崇敬されています 大正時代に十六島うっぷるい)の許豆神社(こづじんじゃ)の境内へ遷座して摂社となっています

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】紫菜嶋社 
読み(のりしま)やしろ
How to read(norishima no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

紫菜島神社(Norishima Shrine)
〈許豆神社 (稲荷神社)境内へ遷座〉

【通称名】(Common name)

津上(つがみ)大明神

【鎮座地】(location)

島根県出雲市十六島町826〈許豆神社 (稲荷神社)境内〉

【地 図】(Google Map)

https://www.google.com/maps/dir/''/%E3%80%92691-0042+%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E5%87%BA%E9%9B%B2%E5%B8%82%E5%8D%81%E5%85%AD%E5%B3%B6%E7%94%BA826%E7%95%AA%E5%9C%B0+%E8%A8%B1%E8%B1%86%E7%A5%9E%E7%A4%BE%EF%BC%88%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E7%A4%BE%EF%BC%89/@35.4580992,132.7494024,13.89z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x35576a55ea14e1f7:0x793f517d3678ed34!2m2!1d132.8234602!2d35.4323293!1m5!1m1!1s0x355768536b3dab3f:0xa12d633d657977e1!2m2!1d132.7452456!2d35.4647027!3e0

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》事代主命(ことしろぬしのみこと)

【御神格】(God’s great power)

「十六島海苔うっぷるい のり)」の神様

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

紫菜島(のりしま)神社 と 許豆(こず)神社

出雲園風土記 楯縫郡には,現在も十六島にある紫菜島社(のりしまのやしろ,現在の紫菜島神社),許亘社(こずのやしろ,現在の許豆神社)の名が見える。

 紫菜島神社は津上(つがみ)神社とも言い,ご神体は事代主命(ことしろぬしのみこと)。つまり大国主命の息子の恵比寿様である。この神社は海苔・魚介類の豊漁,航海の安全を祈るが,何と言っても海苔を神様に供える為の神社である。
元々渡部家の隣にあったが,大正時代,バスの車庫や道路拡張の為,裏山の階段を二百段程登った許豆(こず)神社境内に移され,その摂社となった。

 許豆神社は十六島近辺に数個所あり,その一つが十六島にある。祭神は,元来土地の氏神の許豆命(こずのみこと)だったようだが,400~500年前,京都稲荷大社から分霊を受け,稲荷大明神を祭るようになった(竹下幹正宮司 私信)。
年2度の祭りは十数年前迄は十六軒の「島持ちJが主催した。10月の土地の氏神の祭りは人手不足で廃止されたが,京都稲荷大社の旧暦2月初午の祭は3月の第2土曜日に変更して残っている。当日は出雲市国富(くんどみ)町から宮司を招いて海苔の神様を租り,初物の一番海苔を供えて海苔の豊漁を祈り,笛・太鼓・鈴の音に合わせた獅子舞いを舞い,十六島は賑わう。現宮司は竹下家15代目で,出雲園風土記の時代とのつながりはないようである。

 松江市の佐太神社や大田市の五十猛神社などでも見られるジンバ(ホンダワラ)やモバ(ホンダワラ属の海藻)でのお蹴いがここでも見られる。神職はジンバやモバを海水に浸け,パッパッと左右に振って自分をって身を浄め,建物を浄め,人々を浄める。その後,祝詞を上げ、神棚に供える。一般の人も,モバでお祓いをし,終わった後は近くの神社に掛けておく風習がある。

演田 仁: 出雲園・十六島( うつぶるい) とウップルイノリ -  July 10,2007日本藻類学会より抜粋 chrome-extension://efaidnbmnnnibpcajpcglclefindmkaj/viewer.html?pdfurl=http%3A%2F%2Fsourui.org%2Fpublications%2Fsorui%2Flist%2FSourui_PDF%2FSourui-55-02-121.pdf&clen=1436527&chunk=true

【由緒】(history)

許豆神社 Kozu jinja(十六島 うっぷるい

・・・・・
・・・・・
出雲風土記』の「紫菜島(のりしま)神社〈近世の津上神社〉」が境内に遷座されているが、旧鎮座地は石段下の広場、字船津という。地域の産業、十六島海苔にかかわる神社であり、その神跡の確かな確認が望まれる。かつて津上神社の神事は壮大で十六島を舞台に国譲神話に因む事代主命を祀る「海苔備祭」「御栄迎神事」が行われていたという。わずか五キロ東の美保町の田田神社には美穂津姫が鎮座しており、不思議な神話空間を構成していることがわかる。

島根半島四十二浦巡り再発見研究会

参道の案内板より 抜粋

紫菜嶋神社

 この神社の最大の特徴は、この地区の代名詞でもある「十六島海苔」その海苔の神様として地元の人々に親しまれている神社があるということです。
出雲市役所「いずもな暮らし」より

スポンサーリンク

【境内社】(Other deities within the precincts)

(十六島 うっぷるい)の許豆神社 Kozu jinjaの境内に鎮座しています

・許豆神社 (稲荷神社)

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

十六島のりの産地

十六島のりの産地

「十六島」と書いて「うっぷるい」と読みます。島根半島西部、出雲市十六町の海岸に突出した岬で、大岩石や奇岩が林立し日本海の荒波にもまれ、山陰でも屈指の海岸美を呈しています。十六島の語源は、海藻を採って打ち振るって日に乾す「打ち振り」がなまった説、朝鮮語の古語で「多数の湾曲の多い入江」という意等の説がありますが、十六島の漢字は海苔島が十六あったところからあてられたとも言われています。その他、数多くの説がありますが、はっきりしたことはわかっていません。

(一社)出雲観光協会HPより

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

雲州平田駅から 県道275号を北西へ日本海にある「十六島(うっぷるい)町」を目指します 約10km 車20分程度

小津湾に入り十六島漁港を過ぎると左手に穏やかな十六島(うっぷるい)浦と対岸の山々と雲のシルエットが美しい

許豆神社 (稲荷神社)境内を目指すには 海岸道路の公園辺りの空き地に駐車をお勧めします 十六島町の集落内には駐車スペースはありませんので 海岸道路から集落の道路を百メートルばかり歩いて登ります
民家の間を階段が続いています すると石の鳥居が現れます

一礼をして鳥居をくぐりますが ここから更に270段の石段が山へと続いています

石段の中程でしょうか 二の鳥居の手前には出雲式の狛犬が構えていて 更に石段は続いています

二の鳥居の扁額には「許豆神社」と掲げられています
許豆神社〈稲荷神社〉(出雲市十六島町)に参着

・許豆神社 (稲荷神社)

二の鳥居をくぐり抜けると 石段の上に社殿が見えてきて 階段の最上段 その両脇には最後の鳥居の如く 杉の大木が立ち並びます

正面に許豆神社〈稲荷神社〉の拝殿があり
賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

本殿向かって右側には 境内に遷座してきた出雲風土記所載 楯縫郡 不在神祇官社「紫菜島社(のりしま)のやしろ」が 摂社として「紫菜島神社《主》事代主命」鳥居の奥に鎮座します

紫菜島神社〈許豆神社 (稲荷神社)境内へ遷座〉(出雲市十六島町)に参着

鳥居の扁額には「紫菜島神社

本殿の扁額は 旧社名「津上大明神」とあります

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

社殿に一礼をすると 背後の山に紅葉が始まっています

長い参道の石段を戻ります

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)楯縫郡 十六島 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

津上大明神」と記され
事代主なり 社二尺と四方 南向き 祭祀 稲荷社同儀式なり この浦に十六島あり 神傳島という三あり 其の外 雲手島 京島 大平島 水志の島 大黒内島 鯖口島 糸口島 内の大平島 殿谷福島根滝島 岩栖島 小島といいて 神傳三の島なり 寒の中つつ初の海苔を採るへなり これを海苔備の祭という・・・・・・・
・・・・・・・・・・
と記しています

『原文』参照

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

【意訳】

紫菜嶋社(ノリジマノヤシロ)

十六島(うるっぷるい)浦の津上大明神、事代主命を祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』 大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

紫菜島神社〈許豆神社 (稲荷神社)境内へ遷座〉(出雲市十六島町) (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.