新潟県

白山神社(糸魚川市能生)

能生白山神社(のうはくさんじんじゃ)は 白山信仰の開祖 泰澄大師(682-767)が 能生白山神社に仏像を安置布教し 社号を白山権現に改めたと伝えられています 『延喜式神名帳』(927年12月編纂)所載の越後国 頸城郡 奴奈川神社(ぬなかはの かみのやしろ)の論社です

奴奈川神社(糸魚川市田伏)

奴奈川神社(ぬながわじんじゃ)は 社伝では 第13代 成務天皇の御代 市入命が越後国の国造となり当地に来て 奴奈川姫命の子 建沼河男命の裔 長比売命を娶り 奴奈川姫命の社を建て 神田神戸を寄附したと伝わります『延喜式神名帳』(927年12月編纂)所載の越後国 頸城郡 奴奈川神社(ぬなかはの かみのやしろ)の論社です

物部神社(上越市清里区)

物部神社は 『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載の式内社「越後國 頸城郡 物部神社」です かつては 武士(もののふ)村に鎮座し 山王権現〈日吉神〉と呼ばれていました その後 田中村新田に遷座 昭和46年4月 圃場整備事業のため現在地〈南田中〉に遷座しました

彌彦神社(弥彦村)越後国一之宮

弥彦神社は 創建から2400年以上であるとも云われ 万葉集にも詠われる由緒ある歴史を持つ古社です 御祭神は 天照大神の曾孫の天香山命(あめのかごやまのみこと)を祀り 人々からは「おや彦さま」と呼ばれ 信仰を集めてきた越後国一之宮です

彌彦神社 奥宮 御神廟(弥彦山頂上)

彌彦神社 奥宮 御神廟は 弥彦山の頂上に鎮座します 越後国開拓の祖神「天香山命 (あめのかごやまのみこと)」と その妃神「熟穂屋姫命(うましほやのひめのみこと)」が 祀られているとされる御神廟です  弥彦山は 7~8世紀の万葉集にも詠われている古くからの信仰の歴史を持ちます

居多神社(上越市)越後国一之宮

居多神社は 『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載の式内社で 越後国一之宮とされる由緒ある古社です 1207年には越後へ配流された親鸞聖人が 最初に参拝した地とされ 親鸞聖人が念じたところ境内の芦が一夜にして片葉になったという「片葉の芦」の伝説が残ります その時代の境内地は 日本海に面する聖人上陸の地の西方にあったと伝わりますが 慶應2年(1866)海岸侵食により崩壊したため 社殿を解いて神官宅地内に遷し その後 明治12年(1879)に 現在の境内地に遷座したと伝えています

度津神社(佐渡市)

度津神社は 1470年に大洪水があり 社地や由緒や縁起など古文書等が悉く流失したため 現在地に遷座しました その為 創立年月 その他詳かではないと伝わります 御祭神は五十猛命を祀り陸上海上の守護神として 島民から篤く信仰されています 佐渡国の一之宮と格式高い神社です

天津神社・奴奈川神社(糸魚川市一の宮)

天津神社・奴奈川神社(糸魚川市)は ・天神を祀る「天津神社」・国津神を祀る「奴奈川神社」が すぐ横に並んで祀られています 鎮座している土地は 富山県との境に位置する新潟県最西端の糸魚川市です 縄文期よりのヒスイの産地として名高い地です 翡翠は古代は「玉」とされて大変貴重な神器でありました 「奴奈川神社」では ヒスイの神「奴奈川姫命(nunakawa hime no mikoto)」を祀ります

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.