駿河国 式内社 22座(大1座・小21座)について

駿河国(するかのくに)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される 駿河国 22座(大1座・小21座)の神社です

目次

駿河国(するかのくに)について 

駿河国(Surukanokuni)は  令制国の一つ東海道に属する
現在の静岡県中部・北東部(大井川以東)

645年 大化改新前に
珠流河(するか)国(富士川以東)珠流河国造(するかのくにのみやつこ)
廬原(いほはら)国(富士川以西)廬原国造(いほはらのくにのみやつこ)
伊豆(いつ)国の3国があった

645年 大化改新によ国郡制の施行によ
3国が 統合されて駿河国(するかのくに)

680年(天武天皇9)伊豆国が分立し 駿河国の範囲が決まる

天正(てんしょう)10年(1582)
徳川家康(とくがわいえやす) 領有江戸幕府成立後 駿府(すんぷ)城に隠居する

江戸幕府は 駿府(すんぷ)城代を置く 同時に数藩を併置 幕末に至

慶応3年(1867)将軍 徳川慶喜 大政奉還を行ない 徳川氏の家督を徳川家達に相続 駿府 70万石に封じ

明治2年(1869)静岡藩が置かれ

明治4年1871)7月 廃藩置県 静岡県となる

スポンサーリンク

駿河国(するかのくに) 22座(大1座・小21座)

大社1座は 1社大社1社は 名神大社
小社21座は 21社
 計22座は 22社

※座は神の柱数 社は神社数

郡として 6郡〈延喜式の当時〉
(まし)(うど)安倍(あべ)廬原(いはら)富士(ふじ)駿河(するが)

スポンサーリンク

益頭郡(ましづの こおり) 4座(並小)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

神神社(みわの かみのやしろ)

・神神社(岡部町三輪)

飽波神社(あくはの かみのやしろ)

・飽波神社(藤枝市藤枝)

・高草山大権現(藤枝市岡部町)〈旧鎮座地〉

那閉神社(なへの かみのやしろ)

・那閉神社(焼津市浜当目)

焼津神社(やきつの かみのやしろ)

・焼津神社(焼津市焼津)

スポンサーリンク

有度郡(うどの こおり) 3座(並小)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

伊河麻神社(いかま かみのやしろ)

・伊河麻神社(静岡市駿河区稲川)

池田神社(いけたの かみのやしろ)

・池田神社(静岡市駿河区池田)

草薙神社(くさなきの かみのやしろ)

・草薙神社(静岡市清水区草薙)

スポンサーリンク

安倍郡(あべの こおり) 7座(並小)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

足坏神社(あしつきの かみのやしろ)

・足坏神社(静岡市葵区足久保奥組)

神部神社(かむへの かみのやしろ)

・静岡浅間神社(静岡市)

建穂神社(たけほの かみのやしろ)

・建穂神社(静岡市葵区建穂)

中津神社(なかつの かみのやしろ)

・住吉神社(静岡市葵区一番町)

・伊勢神明宮神社(静岡市駿河区向敷地)

・元 舟山神社境内碑(静岡市駿河区弥勒)

小梳神社(をけつの かみのやしろ)

・小梳神社(静岡市葵区紺屋町)

白澤神社(しらさはの かみのやしろ)

・白澤神社(静岡市葵区牛妻)

大歳御祖神社(おほとしみおやの かみのやしろ)

・静岡浅間神社(静岡市)

・別雷神社(静岡市)

論社
別雷神社(静岡市)

別雷神社は 社伝によれば 創建を 第15代 応神天皇4年(273年頃)とする古社で 大宝3年(703)に創市の「安倍の市(静岡)」と称する物資交流の中心地の守護神とされていて 祭神は別雷神(ワケイカヅチノカミ)と玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)を祀ります 静岡市葵区の七間町に鎮座する(927年12月編纂)『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)』所載社の論社です 

続きを見る

廬原郡(いほはらの こおり) 3座(並小)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

御穂神社(みほの かみのやしろ)

・御穗神社(静岡市清水区三保)

久佐奈岐神社(くさなきの かみのやしろ)

・久佐奈岐神社(静岡市清水区山切)

豊積神社(ほつみの かみのやしろ)

・豐積神社(由比町屋原)

・豐由氣神社(静岡市清水区庵原町)

富士郡(ふしの こおり) 3座(大1座・小2座)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

倭文神社(しとりの かみのやしろ)

倭文神社(静岡県富士宮市) 

淺間神社(名神大)(あさまの かみのやしろ)

・富士山本宮浅間大社(富士宮市)駿河国一之宮

・山宮浅間神社(富士宮市)

富知神社(ふぢの かみのやしろ)

・富知神社(富士宮市朝日町)

・富知六所浅間神社(富士市浅間本町)

駿河郡(するかの こおり) 2座(並小)の論社について

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

丸子神社(まろこの かみのやしろ)

・丸子神社 浅間神社(沼津市浅間町)

・丸子神社〈旧社地〉(沼津市本)

・二岡神社(御殿場市東田中)

桃澤神社(ももさはの かみのやしろ)

・桃澤神社(長泉町元長窪)

・桃澤神社 下宮(沼津市青野)

・桃澤神社 中宮〈愛鷹明神〉(沼津市宮本)

・桃澤神社 奧宮〈愛鷹明神〉(沼津市宮本)

東海道に鎮座する 731座『延喜式神名帳』の所載一覧 に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.