鹿児島県

牛床詣所(うしどこもいしょ)

牛床詣所は 屋久島中央部の三岳(宮之浦岳・永田岳・栗生岳)の神の遥拝所です 里人が山に守られている畏怖の念と感謝をお山に詣でて お伝えする原初の山岳信仰の形式を今に伝えています 標高1936mの宮之浦岳は益救神社の奥宮で かつては毎年春と秋の2回 男衆の「嶽参り(たけまいり)」があり 牛床詣所で女子供は山に参った男達を出迎えた里人の聖地とされています

益救神社(屋久島町宮之浦)

益救神社は 『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載される全国の式内社「2861社」の中で 最南端の屋久島に鎮座します 長い歴史を持ち 元々は屋久島中央部の三岳(宮之浦岳・永田岳・栗生岳)の神を祀ったものとも云われ 当神社の奥宮は 宮之浦岳の山頂に鎮座しています

加紫久利神社(出水市下鯖町)

加紫久利神社は 『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載の式内社で 薩摩国の二ノ宮とされる古社です 社名は元宮とされる「箭筈嶽〈加紫久利山〉」に 薩摩國の建国と同時(702年)に肥後との国境にそびえる 加紫久利山からの由来と伝わります

韓国宇豆峯神社(霧島市国分上井)

韓國宇豆峯神社は 大和朝廷が(713)九州南部を律令税制体系の支配権強化を目的に大隅国設置し 豊前國から200戸(約5000人)の民を隼人を教導するため移住させた時に 彼らが奉斎する韓国神も遷座して建立したものと伝えています その後に自治を求める隼人族の大規模な反乱が起こります この「隼人の乱(720)」に関わる創建の歴史を持つ式内社となります

宮浦宮(霧島市福山町)

宮浦宮は 『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載の式内社で大隅五社の一つです 境内の夫婦銀杏は 樹齢千年を越えています 初代 神武天皇が東征前の仮の宮居であったことを記念して お手植えになったものに後世植え継いだとされています

大穴持神社(霧島市国分広瀬)

大穴持神社は 天平宝字8年(764)噴火によって3島が出現した 噴火で島を造った神の名は「大穴持神」とされ 宝亀9年(778)官社となりました『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載社〈式内社〉です 大己貴命がマムシに咬まれ忌み嫌ったので この地区にはマムシがおらず まむし除けの信仰の社としても有名です

石體神社(鹿児島神宮の元宮)

石體神社は 神代からの由緒ある神社です 天津日高彦穂穂出見尊が 築かれた都「高千穂宮」の正殿跡と伝わります 皇后の豊玉比売命のお産の故事にあやかり 古くから安産の神として 篤い信仰があります 飛鳥時代の和同元年(708)には この地から遷座したのが 現在の鹿児島神宮と云われていて その元宮であるとされます 

新田神社(薩摩川内市)

新田神社は 薩摩国の総鎮守(薩摩国一之宮)として 古くから人々の篤い信仰があります 薩摩川内市街から322段の石段を登ると「亀の形をした神亀山(高さ70m)」の山頂に鎮座します 川内で崩御されたと伝わる御祭神の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の御陵「可愛山陵」が本殿の裏に坐ます 

鹿児島神宮(霧島市隼人町)

鹿児島神宮は 社伝によると 創始は 遠く神代とも「神武天皇の御代に天津日高彦穗穗出見尊の宮殿であった高千穂宮」ともされます 和銅元年(708)現在地に遷座されて 高千穂宮跡の旧鎮座社地には 現在は 摂社 石体宮(石體神社)が鎮座しています

枚聞神社(薩摩国一之宮)

枚聞神社は 薩摩一之宮とされています 特に交通・航海の安全や 漁業守護の神として 人々から厚い信仰を寄せられる古社です 歴代の島津藩主からの崇敬も厚く 修理・改造・再建等は幾多に及んでいますので 優雅な朱塗りの社殿は見事な造りです 特に中央の勅使殿の向拝に彫られた彫刻は必見です 又 宝物殿には通称「玉手箱」が収蔵されています 正式名を「松梅蒔絵櫛笥一合」(国の重要文化財に指定)といいます

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.