豊後国 式内社 6座(大1座・小5座)について

豊後国(ぶんごのくにの式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される 豊後国 6座(大1座・小5座)の神社です

豊後国(ぶんごのくにについて

豊後国Bungonokuniは  令制国の一つ〈西海に属する
現在の大分県(宇佐市・中津市除く)

古墳時代に設置された国造
国東半島中心とした地域に国前国造
大分郡を中心とした地域に大分国造
日田郡を中心とした地域に比多国造

7世紀 豊国(とよのくに)が分割され 豊後国と豊前国が設けられた

スポンサーリンク

豊後国(ぶんごのくに) 6座(大1座・小5座)

大社1は1
小社5は4
 6は5

※座は神の柱数 社は神社数

〈延喜式神名帳に記載〉
直入郡(なをりの こおり) 1座(小)
大分郡(おほいたの こおり) 1座(大)
速見郡(はやみの こおり) 3座(並小)
海部郡(あまへの こおり) 1座(小)

スポンサーリンク

直入郡(なをりの こおり) 1座(小)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

建男霜凝日子神社(たけをしもこりひこの かみのやしろ)

・建男霜凝日子神社 上宮(祖母山 山頂)

・健男霜凝日子神社 下宮(竹田市神原)

一緒に読む
健男霜凝日子神社 下宮(竹田市神原)

健男霜凝日子神社 下宮(たけおしもこりひこじんじゃ げくう)は 上宮が鎮座する「祖母山(ソボサン)山頂」と対面する山の南面の中腹に鎮座しています 参拝には 山麓から約240段の石段を上ります すると山肌に巨大な岩窟があり その岩窟中に社殿が建っています 第36代 孝徳天皇 白雉2年(650)当所に社殿を建立し 下宮と称し遥拝所とされたと伝わります 延喜式内社の論社です

続きを見る

・健男霜凝日子神社 里宮〈神幸所〉(竹田市神原)

一緒に読む
健男霜凝日子神社 里宮〈神幸所〉(竹田市神原)

健男霜凝日子神社 里宮〈神幸所〉は もともとは 祖母山の神・山頂の上宮・遥拝所の下宮・穴森神社の神幸所でした 國幣小社への昇格の為 昭和9年(1934)相応規模の社殿が建築され とても立派な里宮の形式をとっています 終戦により計画は中断し 神幸所として現用されています

続きを見る

・穴森神社(竹田市神原)

一緒に読む
穴森神社(竹田市神原)

穴森神社(あなもりじんじゃ)は かつて神池があり その池底にあった岩窟をご神体としています 姥嶽大明神(祖母山)の化身である大蛇が住んでいたとされた岩窟からは 元禄16年(1703)大蛇の骨が発見され 藩命で宝永2年(1705)現在の岩穴に神体として祀ったと伝わります 『平家物語』には 岩窟〈穴森神社〉に住んでいた大蛇 姥嶽大明神(大蛇)と華御本姫(はなのおもとひめ)との神婚伝説(神と人との婚姻説)が記されています

続きを見る

スポンサーリンク

大分郡(おほいたの こおり) 1座(大)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

西寒多神社(延・大)(ささむたの かみのやしろ)

・西寒多神社(大分市寒田)

一緒に読む
西寒多神社(大分市寒田)

西寒多神社(ささむたじんじゃ)は 社伝によれば 第15代 応神天皇の勅命により 応神天皇9年(278)4月 西寒多山(本宮山)に 祠を建立したと伝わり その後 応永15年(1408)3月 南北朝~室町時代に守護大名 大友親世公により現在地に遷座されました 豊後国一之宮として信仰されています

続きを見る

・本宮神社(大分市上判田)〈西寒多神社 奥宮〉

・西寒田神社(臼杵市野津町西寒田)

・西寒多神社(豊後大野市犬飼町)

スポンサーリンク

速見郡(はやみの こおり) 3座(並小)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

宇奈岐日女神社(うなきのひめの かみのやしろ)

・宇奈岐日女神社(由布市湯布院町)

火男火売神社二座(貞)(ひをのひめの かみのやしろ ふたくら)

・火男火売神社 下宮(別府市火売)

・火男火売神社 中宮(別府市南立石)

・火男火売神社 上宮〈御岳権現社〉

海部郡(あまへの こおり) 1座(小)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

早吸日女神社(はやすひめの かみのやしろ)

・早吸日女神社(大分市佐賀関)

西海道に鎮座する 107座『延喜式神名帳』の所載一覧 に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2023 All Rights Reserved.