Profile(プロフィール)

Japan Shine Heritager​

We have a mission to respect and love the shrine, and to pass it on to future generations without making it a heritage site.

神社を敬愛し 遺産化させずに後世へ

継承するミッション

『 Shrine Heritager 』商標登録 第6154661号

For all people in the world
I want to convey "yaoyorozu no kami(八百万の神)" (the gods of Japan) to me as a cornerstone of my life

世界中 全ての人たちの為に
生活の礎として 八百万の神(日本の神々)を私なりに伝えていきたい

 

More than 210 million Google map views
Awarded at "Google Connect Live Tokyo 2019"​

 At the moment (Photos of shrines posted on Google Map: more than 200,000,000 views viewed)

More than 6000 shrine visits
Guide to the shrine

​Shine Heritager 三好 俊幸

DSC01726.JPG

1980年代後半 日本はバブル景気の真っ最中でした

その時 私は 20代で 総合建設会社で会計予算業務を遂行していた

突然 重役から 建築祭事の式典の司会を任されます

「君 古式に従って式典を進行しなさい まずは地鎮祭の司会をしなさい」

「え~ 式典ですか??? 司会ですか・・」

びっくりしていましたが命令に従います

皆さんがご存知 建築には切り離せない 祝い事です

建物用地を整地してこれから建築に取り掛かる「地鎮祭」

鉄骨や建屋が立ち上がった時におこなう「上棟式」

建物が完成するとお祝いする「竣工式」などです

この式典テントの中で 司会をする訳です

建築ラッシュだったので 担当案件だけで 一か月に軽く15〜20回は越えたが
これらの式典は 古来からの日本の神々を建築現場に迎えて お祀りするものでした 
その仕事は

担当の建築現場の近くにある神社を探します 次にその神社のご神職とアポイントを取り 現場にお迎えして ご祈祷をして頂き 参列者の方々には 起立やご着席 ご低頭など式典の内容にあわせて ご案内します 直会では ご挨拶者の紹介などの司会を執り行った訳です

そうして 数か月も経ち 我が身に異変が生じたことに気が付き始めました

例えば 地鎮祭で 「降神の儀(こうじんのぎ)」 ご神職が警蹕(けいひつ)と呼びますが「オー」と声を出して 神様を この地にお呼びします 「昇神の儀(しょうじんのぎ)」で再び警蹕を「オー」と唱え  神様に元の世界にお戻りしていただく儀式があるのですが

これを週に何度も 立ち会っていたところ 感じ易くなってしまいました

何かと言えば 神様がこの地に降りて来られる時 戻られる時を感じてしまったのです

信じられないと思いますが お越しになったことと お戻りになられたことが 判るようになってしまったのです

信仰心も無かった自分でも不思議な訳でして そんなこともあるものなのかなと感じつつ 嫌なわけでもなく

町を歩いていて 神社を見かけたりすると ご参拝をするようになっていきました

私が 神社のご参拝を始めるきっかけになります

それからは 週末や地方出張があれば 朝早起きして 近くの神社や有名な神社にお詣りをするようになりました

かれこれ 30年以上前の話になります

古来 日本は 至る所に数多くの神社があり

神々が宿る岩などの創設の歴史の 古いものだと 日本の縄文時代(1万年近く前)からあると思われます

紀元前1000年ころからの弥生時代になると 数多くの神社が残っています

今では 日本全国に 宗教法人単位での母数ですが 約80,000万社が現役として存在しています

但し  (神事のような重要な事柄は 口述伝授で文字を使わなかった為)

ずっと最近になってしまうのですが

文献として残っている最古の神社一覧帳は 西暦713年の風土記編纂の官命で書かれた出雲國風土記の神名帳や平安時代(927年編纂)で当時の官社(国営)の一覧表「延喜式神名帳」が有名です

出雲國風土記には「399社」が所載され

延喜式神名帳には「式内社」と呼び 2861の神社(天神地祇3132座)が記載されています

当時 それ以外の神社で存在が判っていたが 官社でないもの

これを式内社に対し 「式外社」と呼び

平安時代には 神社の数は約3万社程度は あったと言われています

少なくとも これらの神社は 1000年以上の時間が経過しても未だに現役です

私は 30年間を掛けてこうした古い神社の内 6000社以上をご参拝しています

地図にも掲載されていない古い神社もあったり 神秘との出会いの連続です

幸いなことに デジカメが一般普及し 2004年以降はご参拝の度  撮影をしていましたので 他の人が 私と同じように道に迷わないように GoogleMapに写真を掲載したり 地図情報を掲載したりするようになりました

それから 神社の歴史や成立の背景なども学び 今では「神社の専門家」として活動をしています

多くの人々が 「八百万の神々(やおよろずのかみがみ)」にお祈りする環境 皆さんの豊かな愛を 子孫や末代まで繋げるそんな基盤が造りたい

八百万の神々が 私たちに明るく元気に生きる希望をわけていることを後世に伝えたいこれが一番

日本での あなたに最適な神社をご案内したく このページをつくりました

 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.