八重垣神社(松江市佐草町)

八重垣神社(やえがきじんじゃ)は 八俣遠呂智(ヤマタノオロチ)伝説 ゆかりの地です スサノヲノミコトと国の乙女の花と歌われた櫛名田比売命(クシナダヒメ)の夫婦が祭神で 恋愛成就の大神として知られる聖地です

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】佐久佐社 
読み(さくさ の)やしろ
How to read(sakusa no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

【社名】佐久佐神社 
読み(さくさのかみのやしろ)
How to read(sakusa no kamino yashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用 国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

八重垣神社(Yaegaki shrine

奥の院 佐久佐女の森

境内奥地の佐久佐女の森は 素盞嗚尊が八岐大蛇を御退治になる際 稲田姫を難からお救いになった場所で 森の大杉の周囲に「八重垣」を造り 稲田姫をお隠しになりました
縁結び占いの「鏡の池」も この森の中にあります。

【鎮座地】(location)

島根県松江市佐草町227

【地 図】(Google Map)

https://www.google.com/maps/dir/''/%E3%80%92690-0035+%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E5%B8%82%E4%BD%90%E8%8D%89%E7%94%BA%EF%BC%92%EF%BC%92%EF%BC%97+%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%9E%A3%E7%A5%9E%E7%A4%BE/@35.4400277,133.0698809,13.89z/data=!3m1!5s0x35571b36a71bad85:0x85669553d31bbf5f!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x355704e4bb24addb:0x1ba36a3a6ca73e9b!2m2!1d133.0638957!2d35.4640295!1m5!1m1!1s0x35571b36a7ca5de9:0x4d8be0ec5274e27d!2m2!1d133.0737003!2d35.4290888!3e0

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》素盞嗚尊(Susanowo no mikoto)
   櫛稲田姫命(Kushiinadahime no mikoto)

《合》大己貴命 青幡佐久佐日古命

【御神格】(God’s great power)

家庭和合 子孫繁栄 安産 災難除 和歌の祖神

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 所載社

【創建】(Beginning of history)

由緒
素盞鳴命が八岐大蛇を退治後、須賀の里より姫命の御避難地であった佐草の現在地に宮造りされ「八雲立つ出雲八重垣妻込みに八重垣造るその八重垣を」との御歌の八重垣をとって八重垣の宮とされ此処で夫婦生活を始められた所であり 縁結びの大祖神、夫婦和合、災難除けの大神、和歌の祖神として崇敬がある。五月三日の身隠し神事、十二月十五日の還幸祭は姫命は避難地として身を隠された故事にちなむ神事である。
神社史研究会HPより

【由緒】(history)

八重垣神社 由来

早く出雲の八重垣様に縁の結びが願いたい という歌は出雲においては最も古い民謡で 御祭神も八岐大蛇を退治し、高天原第一の英雄 素蓋鳴尊と国の乙女の花とうたわれた稲田姫命の御夫婦がおまつりしてあります。

素蓋鳴尊が八岐大蛇を御退治になる際 斐の川上から七里を離れた 佐久佐の森(奥の院)が安全な場所であるとしてえらび大杉を中心に八重垣を造って姫を御隠しなさいました
そして大蛇を退治して
「八雲立つ出雲八重垣妻込めに 八重垣造る その八重垣を」という喜びの歌をうたい両親の許しを得て
「いざさらば いざさらば 連れて帰らむ佐草の郷に」という出雲神楽歌にもある通り この佐草の地に宮造りして御夫婦の宮居とされ 縁結びの道をひらき 略奪結婚から正式結婚の範を示し 出雲の縁結びの大神として 又 家庭和合 子孫繁栄 安産 災難除 和歌の祖神として 古来 朝廷 国司 藩主の崇敬が厚く 御神徳高い神国出雲の古社であり名社であります。
境内には夫婦椿、傑作な狛犬、神社界日本最古の壁画、鏡の池、八重垣連山(百穴)等あります。

境内案内板より

【境内社】(Other deities within the precincts)

社日
山神神社
貴布禰神社
・手摩乳神社
・脚摩乳神社
伊勢宮《主》天照大御神
・天鏡神社《主》稲田姫命

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記733 AD.(izumo no kuni fudoki)所載社の「佐久佐社(さくさ の)やしろ」の論社は2ヶ所あり六社神と「八重垣神社」の間で比定社の論争があります

・六所神社

・八重垣神社

素盞鳴尊が まれた「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに 八重垣つくるその八重垣をの歌の伝承を持つ神社について

素盞鳴尊が 八岐大蛇退治されて 稲田姫命を娶られ 宮造りされた時に 素盞鳴尊の功績を祝うかのように多くの雲が立ち上がり 二神をとりまき 歓喜された時の歌

・出雲郡 神祇官社牟久社(くむ)のやしろ}
 ⇒ 現 久武神社(斐川町出西) 

意宇郡 神祇官社佐久佐社 (さくさ)のやしろ」
 ⇒ 現 八重垣神社(松江市佐草町) 

 

大原郡 不在神祇官社須我社(すが)のやしろ」
 ⇒ 現 須我神社(雲南市大東町須賀)

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

松江駅から県道24号・県道24経由南下 約4.5km 車10分程度

県道に面して 鳥居が建ちます 扁額には「八重垣神社」
八重垣神社(松江市佐草町)に参着

丁度 山神神社夏祭り準備中でした

拝殿には 太い注連縄が架かり 扁額には「八重垣神社」

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

拝殿の奥に本殿が鎮座します

境内社にお詣りをしてから 境内奥地の佐久佐女の森へ向かい 奥の院手前の縁結び占いの「鏡の池」も この森の中にあります

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『古事記(Kojiki)』〈和銅5年(712)編纂〉 に記される伝承

八俣遠呂智(ヤマタノオロチ)を退治された速須佐之男命(スサノヲノミコト)が 須賀の宮をお作りになった時様子が記されています

【抜粋意訳】

こうして、その速須佐之男命は、宮を作るべき土地を出雲国に求めた。そして、須賀の地にお着きになって仰ることには、「この地に来て、私の心はすがすがしい」とおっしゃって、その地に宮を作っていらっしゃった。それで、その地を今須賀という。この大神が、初め須賀の宮をお作りになった時に、その地から雲が立ち上った。そこで、御歌を作った。その歌にうたったことには、

『八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作 その八重垣を』
八雲立つ、出雲の地に、雲のように幾重にも垣をめぐらし、妻を置くところとして幾重にも垣を作っている。この幾重にもめぐらした垣よ。そうして、あの足名鉄神を呼び寄せて、仰って言ったことには、「お前は私の宮の長に任じよう」といった。また名前を与えて、稲田の宮主須賀の八耳神と名づけた。

【原文参照】『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブ
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)意宇郡 佐草sakusa にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

「八重垣社」と記され
出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社の「佐久佐社(さくさ の)やしろがあり 本社の祭神は 稲田姫命で 素戔嗚尊と大己貴命を配合して祀る・・・・」 と記しています

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『原文』参照

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)意宇郡 にある伝承

「佐久佐社(sakusa no) yashiro」は 六社神と「八重垣神社」の間で比定社の論争があります ここでは「八重垣神社」を比定しています 

意訳

  佐久佐神社(sakusa no kamino yashiro)

風土記に佐久佐社(sakusa no) yashiroとあり 大草郷佐草村 八重垣大明神これなり・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・    』 

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『原文』参照

八重垣神社(松江市佐草町)に (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.