立虫神社(出雲市)

立虫神社(たちむしじんじゃ)は 木材・植林・建築などを司り 耕地の開発に霊験あらたかな神「五十猛命(itakeru no mikoto)」を祀ります 同じ境内には「万九千神社」があります

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】  出雲國(izumo no kuni)
【郡】  出雲郡(izumo no kori) 条 
     神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 立蟲社

【読み】(たちむし)
【How to read】(tachimushi no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

 

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】  出雲國(izumo no kuni)
【郡】  出雲郡(izumo no kori)

【社名】 立虫神社

【読み】(たちむしの)やしろ
【How to read】(tatimushi no kami no yashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

 

スポンサーリンク

【現在】At the moment 【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

   立虫神社(tachimushi shrine)
    たちむしじんじゃ

【鎮座地】(location) 

島根県出雲市斐川町併川258

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》五十猛命(itakeru no mikoto)
   (いたける の みこと)
《主》大屋津姫命(oyatsuhime no mikoto)

   (おおやつひめ の みこと)
《主》 抓津姫命(tsumatsuhime no mikoto)

   (つまつひめ の みこと)
《配》大穴牟遅命(onamuchi no mikoto)

   (おおなむち の みこと)
《配》伊弉冊大神(izanami no okami)

   (いざなみ の おおかみ)

【御神格】(God’s great power)

・耕地開拓 Increase arable land
・治水繁栄 Dominate the water and prosper
・土木建築 Civil engineering construction
・林業安全繁栄 Forestry security and prosperity
・五穀豊穣 Pray for good harvest
・家内安全 家内安全 Safe and comfortable home life
 など etc

【格式】(Rules of dignity)

延喜式内社(engishikinaisha)

【創建】(Beginning of history)

創祀・創建は不詳
Shrines are very old, from the days when the gods flourished
And the faith is still going on

【由緒】(history)

 

Please do not reproduce without prior permission.

案内板より

立虫(たちむし)神社

出雲国風土記に「立虫社」と記されている

主祭神 五十猛命・大屋津姫命・抓津姫命

由緒 
主祭神はすべて素戔嗚命(スサノオノミコト)の御子神で、ともども高天原(タカマガハラ)から多くの樹木の種子をもって 仁多郡鳥上の嶺に天降られ、各地四方に播き殖えを終えられて当地に鎮座なされた。

元のご鎮座地は出雲郡河内郷(かわちのさと)であったが、出雲大川洪水流失のため、寛文一〇年頃(一六七〇年頃)万九千社の境内地(現在地)に鎮め祀った、と社伝にある。
なお、出雲国風土記記載の「神代社(かむしろのやしろ)」が同じ境内の万九千社(まんくせのやしろ)に祀られている。

案内板

【境内社】(Other deities within the precincts)

末社 ・稲荷社・天照大神・和田津見社・大地主ノ命・才ノ上社・旅伏社・馬繋荒神大社・秋葉社・金刀比羅社

「万九千社(mankuse no yashiro)」が 同じ境内に祀られています 詳しくはこちらの記事をお読みください

一緒に読む
万九千神社(出雲市)

万九千神社(まんくせのやしろ)は 出雲には神在月・旧暦10月に全国から「八百萬神(yaoyorozu no kami)」が集われます この社はそれぞれが帰路につかれる宮処(miyadokoro)と呼ばれます

続きを見る

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

「立虫神社 に合祀 客(きゃく)神社(旧鎮座地)」について

大正9年(1920年)旧千家村に鎮座していた客(kyaku)神社を合祀しました

【鎮座地】(location) 島根県出雲市斐川町併川
【地 図】(Google Map)

現在の「立虫神社(tachimushi shrine)」の【御祭神】(God’s name to pray)は
《配》大穴牟遅命(onamuchi no mikoto)
   (おおなむち の みこと)
《配》伊弉冊大神(izanami no okami)
   (いざなみ の おおかみ)

この合祀以降は 旧併川村の氏神・産土神(ubusuna gami)として今日に至っています

 

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR出雲市駅から車で12分
一畑電車 「大津町駅」から徒歩18分
県道184号 神立橋を渡り斐伊川沿いに 北上300mくらいです

 

Please do not reproduce without prior permission.

田んぼの中に右手に神社が見えてきます 神社前に駐車場(兼)広場あり

万九千社(出雲市)& 立虫神社(出雲市)に到着

鳥居の両脇に二本の「社名石柱」があります
万九千社(mankuse no yashiro)& 立虫神社(tachimushi shrine)2社が同一の境内に祀られています

一礼の後 鳥居をくぐると
直ぐ左手に「手水舎」清めます

正面に「立虫神社(tachimushi shrine)」
右手に「万九千社(mankuse no yashiro)」

各々の拝殿に進み
賽銭をおさめ お祈りです 御祭神は 拝殿の立て札に記載されています とても判り易い
日頃の感謝をこめて ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

「万九千社(mankuse no yashiro)」の拝殿には 八百萬神(yaoyorozu no kami)がくぐられる「日本最小級の殿内鳥居」があります

拝殿はありますが 本殿はありません 拝殿の後ろに玉垣で囲まれた高さ約3mの「神籬・磐境( himorogi ・iwasaka )」に御祭神名を記した石柱が立っています

「立虫神社(tachimushi shrine)」には本殿があります

境内には 両社の周りを囲むように多くの境内社があります
時計回りにお詣りをしました

・稲荷社
・天照大神
・和田津見社
・大地主ノ命
・才ノ上社
・旅伏社
・馬繋荒神大社
・秋葉社
・金刀比羅社

境内社を廻り切った丁度入口の手水舎の横に社務所があり ご朱印・お守り等をお分け頂き 鳥居をくぐり 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

「立虫神社(tachimushi shrine)今に伝わる神話」

遠い遠い「神代」の話
3柱の御祭神が 当社に鎮まった理由が伝わっています

公式HPより

社伝によれば、三柱の主祭神は、父神である素戔嗚尊(すさのおのみこと)と共に斐伊川の源流、仁多郡鳥上の峰に来たり坐して、木種を四方に播き植えつつ、当地に至って御鎮座されたといいます。

当社はもともと、現在地より南西方向へ約800mほど隔てた所にあった斐伊川の中州(現、神立橋の大津町より付近)に鎮座していました。

公式HP

木材・植林・建築などを司り耕地の開発に霊験あらたかな神を祀る
立虫神社(tachimushi shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.