手間天神社(松江市竹矢町)

手間天神社(てまてんじんしゃ)は 少彦名神神廟と伝えられ 記紀神話にある「ムスビの神の手の指の間から落ちた天神」の名を冠します 733 AD出雲風土記所載の不在神祇官社「米那為社(まない)やしろ」の論社です

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】米那為社  
読み(まない)やしろ
How to read(manai no) yashiro 

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)であり 官社に該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

手間天神社(てまてんじんor(てんまてんじん)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県松江市竹矢町805

【地 図】(Google Map)

https://www.google.com/maps/dir/''/%E3%80%92690-0023+%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E5%B8%82%E7%AB%B9%E7%9F%A2%E7%94%BA%EF%BC%98%EF%BC%90%EF%BC%95+%E6%89%8B%E9%96%93%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E7%A4%BE/@35.4583109,133.089174,14.78z/data=!4m15!4m14!1m5!1m1!1s0x355704e4bb24addb:0x1ba36a3a6ca73e9b!2m2!1d133.0638957!2d35.4640295!1m5!1m1!1s0x35570376b88e9ebf:0x8b831da6a3894b07!2m2!1d133.1104838!2d35.449394!3e0!5i1 

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》少名毘古那神(Sukunahikona no kami) 

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 所載社

【創建】(Beginning of history)

神代

【由緒】(history)

「塩盾島(しおたてしま)」島の名は 神産巣日神の指間からこぼれ落ちた少彦名命(すくなひこなのみこと)が この地に降臨する際に 海水が凝固して島になったことに由来するとの伝承

【境内社】(Other deities within the precincts)

手間荒神《主》祭神不詳

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社の米那為社(まない)やしろ」の論社は 2か所あります

米那為社(まない)  (manai no) yashiro

・手間天神社 

 

・末那為社〈眞名井神社の境内 本殿向かって右〉 

 

・真名井乃滝〈末那爲社の旧鎮座地〉 

 

賣布神社(松江市和多見町)「船御幸神事 (funa miyuki shinji)」 7月12日(摂社・和田津見神社の祭り)について

この祭りでは 船は 宍道湖から大橋川へと下り 中海に出る手前 手間天神(御祭神 少彦名神)と呼ばれている塩盾島(shiotateshima)で 祈願して 折り返し松江白潟の賣布神社(mefu shrine)に戻ります

・賣布神社 

 

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

松江駅から JR山陰本線の北側には大橋川が流れ 丁度そ中間R9号の旧道が走っています

大橋川沿い東へ向かうと 中海の手前に 大橋川の中に「塩盾島(しおたてしま)」に鎮座します

手間天神社(松江市竹矢町)に参着

大橋川は 中海と宍道湖つな川で 日本海からの海水も流入する汽水河です 塩盾島 全体を境内としています

塩盾島は 普段は上陸禁止で 祭礼日に許可された者のみ渡航が可能

対岸から お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『古事記(Kojiki)』〈和銅5年(712)編纂〉 に記される伝承

神代上巻 大国主神(おおくにぬしのかみ)小名毘古那神(すくなひこなのかみの段では
少彦名命が 出雲の御大御埼(みほのみさき)〈美保関〉においでになつた事 手間天神と呼ばれる由来〈神産巣日神かみむすひのかみ)の手の股またからこぼれて落ちた御子〉と記されています

【抜粋意訳】

小名毘古那神(すくなひこなのかみの段

そこで 大国主神(おおくにぬしのかみ 出雲の御大御埼(みほのみさき)においでになつた時に 立つに 天の羅摩船(ガガイモの船 or 蛇蛇の船)に乗って 蛾の皮を剥いで作った服を着て 寄り帰って来る神がいました

その名を聞きましたけれども答えません
また 者の神たちにお尋ねになられましたが 皆知りませんでした
ところが 多邇具久(たにぐくヒキガエルが言いうことには「これは 久延毘古(くえびこ案山子がきと知つているでしよう」と申しました


その久延毘古(くえびこ案山子を呼んでお尋ねになると「これは神産巣日神かみむすひのかみ)の御子(みこ) 小名毘古那神(すくなひこなのかみです」と申しました

 神産巣日神かみむすひのかみ)に申し上げたところ「正にわたしの子だ 子どもの中でも わたしの手の股またからこぼれて落ちた御子だ あなたは 葦原色許男命(あしはらしこおのみことと兄弟となつてこの國を作り堅めなさい」と仰せられました

それで それから 大穴牟遅(おほなむち)と小名毘古那(すくなひこな)の二柱の神は 竝んでこの國を作り堅めたのです

その その小名毘古那神(すくなひこなのかみ 常世国(とこよのくに)へと渡りました

この小名毘古那神(すくなひこなのかみのことを申し上げた 久延毘古(くえびこ案山子というのは 今いう山田の曽富騰(そほど山田の案山子〉といいます この神は では歩あるきませんが 天下のことをすかり知ている神様です

【原文参照】『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブ
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『日本書紀(Nihon Shoki)』〈養老4年(720)編纂〉に記される伝承

神代上の条 最後の段「大己貴神少彦名命」に 少彦名命が寄った浜が 『古事記』の美保関から五十狭々の小浜(いささのおばま)に変わっています 手間天神と呼ばれる由来は 『古事記』の神産巣日神から変わって高皇産霊尊指の間から漏れ落ちてしまった〉と 記されています

【意訳】

 大己貴神(おほなむちのかみ)が国を平定されたとき 出雲国の五十狭々の小浜(いささのおばま)に行かれて 食事をされようとしまし

のとき 海上に にわかに人の声がしましたので 驚いて探しましたが さっぱり見えるものがありません

 しばらくして 一人の小(おくな) 以白蘞皮爲舟(かがみの皮をもって舟につくり) 鷦鷯羽爲衣ササキの羽を衣となし 波間にゆられてやってきました

大己貴神は 即ち取り置いて の中にもてあそんでいると 跳ねてその頰をつつきました
そこで そのかたちを怪しんで遣いを出して天神(あまつかみ)に尋ねられまし

すると 高皇産霊尊たかみむすひのみこと お聞きになられ
「私が生んだ子は 皆で千五百ある
その中の一人の子は いたずらで教えに従わない子がいた そのうちに指の間から漏れ落ちてしまった きっと彼だろう 可愛がって育てなさい」といわれた
これが即ち 少彦名命(すくなひこなのみこと)なり

(けん)を于都斯(うつし)といいます 蹈鞴(たうはい)は多多羅(たたら)といいます
幸魂は 佐枳彌多摩(さきみたま)といいます
奇魂は 倶斯美拕磨(くしみたま)といいます
鷦鷯は 娑娑岐(ささき)といいます

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブ『日本書紀』(720年)選者 舎人親王/刊本 文政13年 [旧蔵者]内務省
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047528&ID=M2017042515415226619&TYPE=&NO=画像利用

出雲風土記733 AD(izumo no kuni fudoki)意宇郡条 海岸地形にある伝承

手間天神鎮座する「塩楯島(しおたてしま)」について 記載があります

塩楯嶋(しおたてしま蓼螺子(たでにし)永蓼(たで)がある

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)意宇郡 竹屋 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

竹屋「手間天神」

少彦名神神廟なり 本社南向 寛文三年(1663)太守源直政公造営棟札ありと記され
『日本書紀(Nihon Shoki)』に記される少彦名命が 手間天神と呼ばれる由来〈神産巣日神(カミムスビカミ)の手の股またからこぼれて落ちた子ども〉が描写され 菅原道真公を祀る菅原天神とは誤りである 出雲風土記(izumo no kuni fudoki)の「塩盾島しおたてしまとある と記しています

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]
国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『原文』参照

手間天神社(松江市竹矢町)に (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

”時の架け橋” 大国主神(おほくにぬしのかみ)
『古事記』に登場する神話の舞台 の記事を見る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.