久武神社(斐川町出西)& 出西八幡宮

久武神社(くむじんじゃ)は 素盞鳴尊詠まれた最初の和歌「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに・・」この湧きたつ雲から別名を「雲神社とも云います 出雲風土記733 AD.所載の出雲郡 神祇官社「牟久社(くむ)のやしろ」とされ 同じ境内には 出西八幡宮(しゅつさいはちまんぐう)祀られています

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】牟久社 
読み(くむ)のやしろ
How to read(kumu no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】久武神社 
読みくむの かみのやしろ
How to readKumu no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

久武神社(Kumu shrine)

【通称名】(Common name)

雲神社(くもじんじゃ)

【鎮座地】(location)

島根県簸川郡斐川町出西3432

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》素盞嗚尊(すさのをのみこと)

【御神格】(God’s great power)

交通安全・厄除祈願

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

神社略記

久武神社 (氏神社) 祭神 素盞鳴命 本殿 大社造り

由緒
出雲国風土記に久牟社とあり、延喜式内社であった。
現鎮座地は四度目の地といわれ、江戸時代中期に遷座されたお社である。
素盞鳴命が八俣大蛇退治の砌、稲田姫命をこの郷の稲城にかくまって退治におもむかわれた。そして退治後この郷に帰られて稲田姫命にお会いになると、 命の功績を祝うかのように多くの雲が立ち上がり、二神をとりまいた。
歓喜された命は
「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに」と咏われたという。
このような由緒によって、この地は古代から出雲国 出雲郡 出雲郷といい、出雲の原郷にふさわしい御社名 久牟社・久武社(雲社)が鎮座されている。

八幡宮 祭神 誉田別命 本殿 流れ造り

由緒
 第一五代 應神天皇の御神名である。
命は国際的な視野を持ち積極的にその威を国の内外に示すとともに、外国の文物をとりいれて、我が国の文学産業などの礎を築かれた神として崇敬されている。
 このお社は、室町時代末期に氏神として勧請されたもので、以降氏神社として崇敬されてきた。しかし明治三年政府の方針に従い、式内社であった久武神社を氏神社としたので、現在は産土神として鎮座されている。

境内社 祭神
三保社 事代主命・三穂津姫神(福の神、農、漁業の神、他)
若宮社 足仲彦命(一家繁栄の神、他)
稲荷社 倉稲魂命(農、工、商繁盛の神、他)
社日祠 天照皇大御神、大巳貴神、植安姫神、氏御大神、倉稲魂命、少彦名神
   (地域繁栄の神、他)
塞神祠 猿田彦神(交通安全の神、他)
木俣祠 木俣神(安産の神、婦人病の神、他)
塚神祠 荒神・諸霊(家内安全の神、他)

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

久武(くむ)神社
 出雲風土記牟久社」と記されている

主祭神 素戔嗚命(スサノヲ ノミコト)

由 緒
社伝によると、現在地は三度目或いは四度目の移転地と伝えられ創建は現在地の東南方向約300mの弥山の山麓にあったといわれている。
現にその山麓には剣御崎荒神と称し 素戔嗚命を祭る小祠がある。

 素盞鳴尊稲田姫娶られて此の処より東約300mの地に宮造りされ「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣つくるその八重垣を」と詠まれた、という。現在も此の処に 稲城の森(いなぎのもり)と称し稲田姫をまつる小祠がある。
現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

由 緒
現在地は4度目の移転地なり。社号を久武、久牟、久茂と八雲立出雲の歌詞より出でたるも、古きは雲神社とも言う。稲田后を祭る稲城の森が存在する。獅子舞の奉納。
神社史研究会HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

・若宮神社《主》足仲彦命
・稲荷神社《主》倉稲魂命
・美保神社《主》事代主命

社日祠《主》天照皇大御神、大巳貴神、植安姫神、氏御大神、倉稲魂命、少彦名神
塚神祠《主》荒神・諸霊

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

素盞鳴尊詠まれた 最初の和歌「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに 八重垣つくるその八重垣を」の伝承を持つ神社について

この歌は 素盞鳴尊(すさのをのみこと)が 八岐大蛇(やまたのおろち)を退治されて 稲田姫命(いなだひめのみこと)を娶られ 宮造りされた時に 素盞鳴尊の功績を祝うかのように多くの雲が立ち上がり 二神をとりま これに歓喜された時の歌とされます

・出雲郡 神祇官社「牟久社(くむ)のやしろ}
 ⇒ 現 久武神社(斐川町出西) 

意宇郡神祇官社「佐久佐社 (さくさ)のやしろ」
 ⇒ 現 八重垣神社(松江市佐草町) 

 

大原郡不在神祇官社「須我社(すが)のやしろ」
 ⇒ 現 須我神社(雲南市大東町須賀)

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

出雲市駅or電鉄出雲市から 出雲ロマン街道経由 東へ7.9km 斐伊川越えて 15分程度

神社の目の前を流れる水路は「出西岩樋跡(しゅつさい いはひ)あと」から取水された水路です

出西岩樋の開削は、今から約300年前の貞享(1685)松江藩の竜野九朗左ヱ門という人が責任者として六年間ついやして掘り開いたものいわれている。
 岩樋斐伊川本流から高瀬川へ舟乗り入れたり高瀬川から斐伊川船が通ずるようにするため作られた松江藩がその領地である仁多、飯石、大原各地から米、鉄、たきぎ木炭などを高瀬舟という川船で松江運ぶのに岩樋が利用された
 岩樋には入口と出口に水門があり、樋守(ひもり)(樋の水門番)の人が水門を上げ下ろしたりする仕事をしていた。岩樋水をためたり抜いたりすることで舟を上や下へ移動させることができる。このような舟の移動のしかたを「閘門(こうもん)式」という。
現在出西岩樋は、昭和41(1966)の改修で閘門式ではなくなったが簸川平野うるおす潅漑用水の取水口として大きな役割を果たしている。

Please do not reproduce without prior permission.

「久武神社」と「出西八幡宮」の二つ社がひとつの境内祀られています
久武神社(斐川町出西)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居は二連となっていて 二の鳥居の手前には 狛犬が座し 右手には「神楽殿」 左手には「拝殿」です

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

この拝殿は一風変わっていて「久武神社」と「出西八幡宮」同居して拝殿を共有しています
拝殿を西から拝むと「出西八幡宮」 から拝むと「久武神社」となります

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

なんとなく わかりにくいので 双方の 御本殿にお詣りをします

「出西八幡宮」御本殿

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には幣殿がありますが

「久武神社」御本殿は 拝殿の裏手の山の為 社殿が分離したようになっています 

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

「久武神社」御本殿は 境内の南側で 仏経山麓〈『出雲国風土記』による「神名火山(かんなびやま)」と記されます〉にあたります 石垣に石灯篭がたてられた参道石段が 真っ直ぐに山に伸びています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

50~60段の階段を上がり
賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『古事記(Kojiki)〈和銅5年(712)編纂〉』 に記される伝承

八俣遠呂智(ヤマタノオロチ)を退治された速須佐之男命(スサノヲノミコト)が 須賀の宮をお作りになった時の様子が記されています

【抜粋意訳】

こうして、その速須佐之男命は、宮を作るべき土地を出雲国に求めた。そして、須賀の地にお着きになって仰ることには、「この地に来て、私の心はすがすがしい」とおっしゃって、その地に宮を作っていらっしゃった。それで、その地を今須賀という。この大神が、初め須賀の宮をお作りになった時に、その地から雲が立ち上った。

そこで、御歌を作った。その歌にうたったことには、

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作 その八重垣を
八雲立つ、出雲の地に、雲のように幾重にも垣をめぐらし、妻を置くところとして幾重にも垣を作っている。この幾重にもめぐらした垣よ。

そうして、あの足名鉄神を呼び寄せて、仰って言ったことには、「お前は私の宮の長に任じよう」といった。また名前を与えて、稲田の宮主須賀の八耳神と名づけた。

【原文参照】

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』出雲郡 出西 にある伝承

所在を 出西村 久茂大明神現 久武神社(斐川町出西)〉と記しています

『雲陽志(unyo shi)では

「久茂大明神」と記され
風土記牟久社(くむ)のやしろあり 延喜式に文武神社と書くは この神なるへき」 と記しています

『原文』参照

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.出雲郡 にある伝承

所在を 出西村 久茂神社〈現 久武神社(斐川町出西)〉と記しています

意訳

『 久武神社Kumu no kamino yashiro)

本に「久を文と誤り」 風土記に牟久社とあり 出西村 久茂神社なり

『原文』参照

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

【意訳】

牟久社(くむ)のやしろ

延喜式に 久武(くむ)神社とあるもの、今は 久茂社(くものやしろ)といふ。出西村(しゅつさいむら)にて 岩樋(いはひ)より北々東 十八町にある。 

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

久武神社(斐川町出西)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.