井草神社(雲南市三刀屋町伊萓)

井草神社(いがやじんじゃ)は 伊萱(いがや)地区の杵瀬大明神(井草社)市森大明神(毛利社)の2社が 元禄12年(1699)に現在地に遷座して一社として合祀されたもので 出雲風土記733 AD.所載の飯石郡 不在神祇官社「井草社(いがや)のやしろ」と「毛利社(もり)のやしろ」とされます

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

井草神社は 伊萱(いがや)地内の杵瀬大明神(井草社)市森大明神(毛利社)との2社が一社として合祀されたもので それぞれが論社となっています

杵瀬大明神(井草社)

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 飯石郡(iishi no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】井草社
読み(いがや)のやしろ
How to read(igaya no) yashiro

市森大明神(毛利社)

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 飯石郡(iishi no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】毛利社
読み(もり)のやしろ
How to read(mori no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

井草神社(Igaya shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県雲南市三刀屋町伊萓1096

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

杵瀬大明神(井草社)
《主》天津彦火瓊瓊杵尊(あまつひこ ほの ににぎのみこと

市森大明神(毛利社)
《主》万幡豊秋津師比売(よろずはた とよあきつしひめのみこと)

【御神格】(God’s great power)

国家安泰・五穀豊穣・子宝・安産の神

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

井草神社(いがやじんじゃ

御祭神
天津彦火瓊瓊杵尊(あまつひこ ほの ににぎのみこと
万幡豊秋津師比売(よろずはた とよあきつしひめのみこと)

御神徳
国家安泰・五穀豊穣・子宝・安産の神

御祭礼
春 祭 三月二十九日  夏 祭 七月十五日
例大祭 十月二十九日  新嘗祭 十一月二十九日

当 井草神社には、二柱の神が祀られている。
天津彦火瓊瓊杵と万幡豊秋津師比売命である。    ’

 高天原において天照大御神は 孫の天津彦火瓊瓊杵に 葦原中国(あしはらなかつくに)(日本)に降りて統治せよとの勅命(ちょくめい)を下され、三種の神器と稲穂そして大勢の神々を授けられた。
地上界に降臨された幼い々杵は、神々と力を合わせて目本の国の形をつくられ、国を治められたことから国家安泰の神、また々杵とは、稲穂が豊かに実っているさまを表わすところから五穀豊穣の神として崇められている。

 万幡豊秋津師比売は、々杵の母神様(別名 千々姫命ちじひめのみこと)である。
神名に幡の字が使われているが、これは神聖な織物を意味し、織物の神、そして 豊秋津とは秋の豊かな収穫の事であり、穀物の神として崇められている。

 今からおよそ千三〇〇年前(西暦七百三十三年)に編纂された「出雲国風土記」に ゛伊我山の麓に井草神社あり゛と記されているほどの、古い歴史をもつ由緒ある神社である。

元々は 同じ伊萱地内の宮の谷に 杵瀬大明神(井草社)という神名で 天津彦火瓊瓊杵が鎮座されていたが、元禄十二年(千六百九十九年)、水難の恐れがあり現在の地に、
又、同じ伊萱三田原に 市森大明神(毛利社)として 万幡豊秋津師比売が祀られていたが、一緒に遷(うつ)られた由、棟札に記されている。

ただ二社であったものを一社になすことは甚だ難しく、神座中央の大柱をもって中問を隔て、別々に鎮座されているという他社には見られない特異な神社である。

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

風土記に記された神社で古くから伊我山の山麓宮の谷に有りしが、水難の恐れがあり、元禄12年現在の地に遷り坐しと云う。

 三田原に市森社と云ふ社が有り、同年此の処に遷し奉り、棟札に記されてある。
二社で有ったものを一社にし、神座も柱にて中間を隔て扉も二戸前になっているという他社には見られない特異な神社である
島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

本殿向かって左手に祀られる
社日

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

出雲の市街地から斐伊川の西岸を遡るように県道26号を東へ三刀屋町伊萓に鎮座します

社頭の道路際に社号標「式内社 井草神社」とあり すぐにわかります
しかし なぜ式内社としているのでしょうか 何か理由があるのだと思われます

井草神社(雲南市三刀屋町伊萓)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

参道を進むと途中に獣害除けのフェンスがありますので 出入りは施錠必須です

Please do not reproduce without prior permission.

獣害除けのフェンスの先には コンクリートの参道があり その先に鳥居が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして 鳥居をくぐると 参道は石段となり その先に社殿が見えてきます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

石段を上がると 拝殿の手前には 石燈籠が立ち 出雲式の狛犬が構えます

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿内の扁額には「井草神社」と記されています

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿など 前面の社殿は新しくなっています その奥には本殿が鎮座します 本殿向かって左手には 社日碑が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.』にある伝承

社伝棟札に風土記に記された神社で古くから伊我山(いがやまの山麓宮の谷に有りしが、水難の恐れがあり、元禄12年現在の地に遷り坐しと云うとあり

現在の井草神社(いがやじんじゃ)も 伊我山(いがやまの北麓に位置しています

【意訳】

伊我山(いがやま
〈現 峯寺弥山(299.2m)雲南市三刀屋町伊葦と三刀屋胎下の間

郡家の正北一十九里二百歩の所

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』飯石郡 伊萓 にある伝承

『雲陽志』17171835年の頃は 祀られる神名判らなくなっていたようです

『雲陽志(unyo shi)では

伊萓「杵瀬大明神」と記され

いまた考す 祭日 六月十五日 九月二十九日なり 風土記に載る 井草社是なるへし 元禄年中建立」

「市守大明神」と記され

風土記に載る 毛利社 見えたり その 一森明神か」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

毛利社(もり)のやしろ

伊萱いがやの市森(いちもり)大明神である。栲幡千々比賣たくはたちゝひめ命を祀る。瓊々杵尊の御母神である。井萱ゐがや社と合殿にまつる。

【意訳】

井草社(いがや)のやしろ

伊草(いがや) 伊我山(いがやまの杵瀬(きなせ)大明神である。
火乃瓊瓊杵命をまつる。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

井草神社(雲南市三刀屋町伊萓)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.