六所神社(松江市大草町)

六所神社は かつての出雲国府に鎮座して「出雲国総社(izumo no kuni soja)」とも呼ばれ高い格式を有して坐ます 社伝では もと「佐久佐社(sakusa no)yashiro」と伝わり『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』にも『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』にも記載されている 由緒ある古社です 

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )
【社名】佐久佐社(sakusa no) yashiro
【読み】(さくさ の)やしろ

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)
【社名】佐久佐神社(sakusa no kamino yashiro)
【読み】(さくさのかみのやしろ)

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

スポンサーリンク

【現在】At the moment 【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

 六所神社(rokusho jinja)
 (ろくしょじんじゃ)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

 島根県松江市大草町496

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》伊邪那岐命(izanagi no mikoto)
   伊邪那美命(izanami no mikoto)
   天照皇大神(amaterasu sume okami)
   月夜見命(tsukiyomi no mikoto)
   素盞嗚命(susanowo no mikoto)
   大己貴命(onamuchi no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

・諸願成就 Realization of various wishes

【格式】(Rules of dignity)

・出雲国総社(izumo no kuni soja)
・『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社
・『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho )』所載社

【創建】(Beginning of history)

『延喜式』『出雲国風土記』に記載されている古社。

奈良時代以降は「出雲国総社」として社格を有し、国内の神社に奉る幣帛を班つ班弊式や諸祈願は、出雲国内の神主を当社に集め、国司が斎行した。

王朝時代以来続く 古伝「御田饌神事」は、観応元年(1350)までは 勅使の御参向があり、その行列と儀式を描いた壁画は 県の文化財に指定されている。

出雲国造家と関わりの深い「意宇六社」の一つで、御本殿は大社造、神紋は二重亀甲に「有」である。
この神紋は、出雲大社の古来の神紋であり、神魂神社と眞名井神社も同紋である。

島根県神社庁HPより

【由緒】(history)

御当社は もと 佐久佐の社といい「延喜式」(延長2年927)の神名帳にも「出雲風土記」(天平5年733)にも記載されている 由緒の古い神社である。

出雲風土記の載っている意宇郡大草郷(今の松江市大庭町、佐草町、大草町、八束郡八雲村)内の神社は 八社で、当社の外の7社は 熊野大社を始め皆 八雲村内の神社である。

これらの神社は、1200数10年前から御鎮座になっていたことは、風土記に載っていることでも明らかだが、御創建の年代は、それよりはるかに古くて知るべくもない。

大化改新(大化2年646)によって 氏族政治が廃止され、諸国には国庁(今の県庁にあたる役所)が置かれ、中央政府から派遣された国司によって、戸籍、班田、徴税、国防その他一般の政治が行われるようになったが、その頃から 当社は出雲の総社となり、一層重きをなす様になった。

総社とは、国内の総べての神社を代表する神社の意である。
延喜10年、国庁の官人への宣(命令)に「国中の政は神事を先となす、専ら如在の厳典をいたし、すべからく部内の豊穰を期すべし」と見える様に、一国の政治は 神事を第一にすべき旨 示されている。

したがって 国司が任国の命をうけてその国へ行けば、神社に参拝し政道の基をたてるのが例となっていた。
又、国内の神社に国から奉る幣帛を班つ班幣式も、出雲国内の神主を当社に集め、国司が属僚を率い、神祇官に準じて行い、その他 祈願等も当社で行われていた。

後代、佐久佐社は、総社 佐久佐社、総社 六所社と併称される様になった。
総社で 六所社と称される様になった神社は、武蔵国総社 六所社(今は大国魂神社と改称)を始め全国27社に及んでいる(梅田義彦博士の調査による)

「六社縁起」に「大草郷六所大名神は出雲の総社にして、雲陽第二の名社なり」とあり、
朝廷を始め国守、領主、守護等の崇敬も厚く、旧暦3月5日(現4月15日)の御田饌祭には勅使の御参向があったが、観応元年(1350)2月、熊野大納言に勅代の宣旨があってからは、熊野大納言が代参して祭事を行ったことが古文書に見え、その行列図、儀式等を書いた壁画(県文化財指定)を蔵している。

又、庁宣をもって数多の田地を寄せられたので、鎌倉期にあっては、灯油田、八朔幣料田、御神楽田等 四町一反余りの神領が 将軍や守護等の保護をうけていた。

大草地頭の代官が、一時 当社の社領を横領したことがあり、源為朝将軍が 厳重な下知を下して 地頭代官の横暴を禁じたことが 北島国造家の文書にみえている。

戦国時代となっては 戦乱の影響をうけ、多少の変動は免れなかったが、毛利元就が出雲を領するに及び、
富田城督 毛利元棟は、当社の祭事を復興し、かつ社領を旧に復して 国家平安の誠を捧げ、吉川元春は鳥居、神馬を寄進して報賽の誠を捧げている。
松平家になってからも、当社に対する崇敬と保護には変わるところがなかった。

当社の造営、修復等は、王朝時代にあっては 国費をもってせられたことは申すまでもなく、
鎌倉期になってからも幕府は造営料として出雲三刀屋郷、乃白郷等の年貢を寄進して工を竣えている。

天文11年(1542)大内義隆 当地へ侵入の時兵災にかかり、社殿等を失ったが、尼子家が造立した。
松平家となってからも、造営等すべて藩の御作事方が 直接工事にあたっており、遷宮祭等 重要な祭儀には国守の代参があり、又出雲国造が参向する例になっている。

大正14年県社に御昇格せられた時は、島根県知事を始め松平家、千家、北島両国造等 御参向のもとに盛大な報告祭に併せ例祭が斎行された。
出雲の豪族である国造が 此の地に住み、熊野大神(今の熊野大社)に奉仕し、出雲国内の祭政一切の権を握っていたことを見ても、出雲風土記にゆう、この大草郷は、文化、経済、交通等の中心地として栄えていたことであろうし、そうした環境の地であったが故に、出雲の政治の中心となる国庁や郡家(郡役所)もここに置かれたのであろう。

熊野大神に奉仕していた国造(千家、北島の祖)が、いつごろ、この地から 杵築へ移住したかは明らかでないが、
千家尊統前出雲大社宮司は、その著「出雲大社」で
「いつ杵築へ移住したかについては 国造家にもしかとした伝承はないが、解明の手がかりとなるものは「類聚三代格」巻7、郡司の条の太政官符で、慶雲3年(706)出雲国造は 意宇郡大領を携帯して延暦17年(798)に及ぶとある。
とするならば大領兼帯という政治的権威を失った平安初期に、意宇郡には、熊野大神を遥拝する神詞(神魂神社の前身)ならびに国造館を残して、大国主神 御鎮座の杵築へ移住したものであろう」と述べている。

当社は、意宇六(熊野大社、真名井社、揖夜社、六所社、八重垣社、神魂社)の一の宮であり、古くから 六所さん とも称され崇敬されている。
この意宇六社を巡拝する6社まいりと称する行事は古く明治以前から続いている。

陰暦10月出雲へお集りになる全国の神々は、先ず当社へお集まりになってから 佐太神社へおいでになる旨 佐太社の記録にもあり、当社では 18日に神在祭が行われていたが明治初期から絶えている。
当社の神紋「有」もそうした意味をあらわしている。
陰暦10月は神無月とゆうが、出雲では神有月といっている。
これは10月は 全国の神々が出雲にお集まりになるので、出雲以外の国には 神様がいられないとの信仰にもとずくものであり、この神々のお集まりになる10月の2字を組みあわせると有の字になるので 当社の神紋にしたものであろう。

当社に参拝された清水真三郎 出雲大社権宮司は「国司袖うちはへてまつりけむかみの斎庭のおもほゆるかな」と詠じられた。

今、社頭に立って、色とりどりの衣冠束帯に身をととのえた国司等が、長い装束の袖をうちはえつつ、心をこめてお祭りしたであろう天平の昔におもひをいたすとき、うたた感無量である。

「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から

【境内社】(Other deities within the precincts)

境内右手
・天満宮 《主》菅原道真公

境内左手の林

・総荒神 《主》荒神(kojin)
・宮荒神 《配》荒神(kojin)
・荒神  《主》大山祇命・素盞嗚命・奥津彦命・奥津姫命

・社日  《配》社日大神
・ホウソウの神《主》祭神不詳
・歳徳神 《主》歳徳神
・正八幡宮《主》祭神不詳
・天王社 《主》牛頭天王(八雲神社)

本殿向かって右

・丁明神社(chomei jinja)
《主》青幡佐久佐彦命(aohata sakusa hiko no mikoto)

本殿向かって左

・王子神社《主》高御産霊命(takamimusuhi no mikoto)
神御産霊命(kamimusuhi no mikoto)

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

当社「六所神社(rokusho jinja)」の御神紋は 出雲国造(izumo no kuni no miyatsuko)所縁の「二重亀甲に有」

六社神社のご神職から 御神紋「二重亀甲に有」の由緒について お話を伺ったことがあります

出雲の旧暦10月を「神在月(kamiari tsuki)」と呼びますが 出雲へお集りになる全国の神々は 先ず当社へお集まりになってから 佐太神社へおいでになる旨は 佐太社の記録にもあり 当社では18日に神在祭が行われていたが明治初期から絶えている

この神々がお集まりになる「十月」の2字「十と月」を組みあわせると「有」の字になるので当社の神紋にしたものであろう

奈良時代~平安時代は 出雲国の政治の中心地「出雲国府(izumo kokufu」に鎮座していて 律令制の当時 着任した国司は 出雲国内の定められた神社を順に巡って参拝したが 国内巡回を簡略化するために国内の神社の祭神を集めて祀った総社が出来ていき 当社も「出雲国総社」と併称されるようになったとのこと

又 出雲国造家とも深い繋がりがあり この神紋「二重亀甲に“有”」を組み合わてある神社は そうした由緒ある神社の可能性が高いのだと 教えて頂きました

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

松江駅から 県道21号から R432号経由 約7km 車15分程度

R432号を「出雲国府跡」方面に左折して 意宇川(ogawa)沿いの道路を1.3km程進むと 左手(北側)に参道が北へ延びて 正面に鳥居が建つ 鎮守の森があります Googleストリートビューより

六所神社(rokusho jinja)に到着

数段の石段を下りて 参道を進みます 一礼して鳥居をくぐります  Googleストリートビューより

右手に手水舎があり 清めます 正面に随神門が建ち その奥が境内となっています
境内中央に切妻造の拝殿 その奥に大社造の本殿が 建ちます

 

拝殿にすすみます 扁額には「六所神社」

賽銭箱には御神紋「二重亀甲に有」

賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

向かって右手より本殿を仰ぎます

各境内社にお詣りです
境内の石碑には「往昔 出雲國府総社」とあります

国府総社

この神社は 国府の総社と呼ばれ、古文書にもしばしば登場します。
総社とは 国司が出雲国内の神々を合せ祭るなど、国内の神社を統括する機能を持っていました。

当時は 国庁の隣接地にあったと考えられていますが、平安時代以降に国府が衰退していくと、神社は かつての中心地に移転し、この地区の氏神として信仰され現代に至っています。

境内案内板より

境内のすぐ裏手(北側)は遺跡「出雲国府跡(izumo kokufu ato)」になっています 

『出雲國風土記』に所載の「神名樋野(kannabi nu)」と呼ばれた 現在の茶臼山が良く見渡せます

又『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』に所載の「佐久佐社(sakusa no) yashiro」の石碑もあります

境内を後にして 参道を戻り 鳥居をくぐり振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』意宇郡 条 に記される伝承

鎮座地の大草の由来について 記されています

意訳
『 意宇郡(ou no kori)  大草郷(okusa no sato) 郡家の南西2里120歩の所にあります

 須佐乃乎命(susanowo no mikoto)の御子 青幡佐久佐丁壮命(aohata sakusahiko no mikoto)が鎮座していらっしゃいます だから 大草(okusa)といいます    

『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲國風土記』
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)』意宇郡 出雲江(adakae)   にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では
現在の「六所神社(rokusho jinja)」が
   「六所社(rokusho no yashiro)」として記されています

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』を引用して「大草(okusa)」と 青幡佐久佐日古命(aohata sakusahiko no mikoto)についても記します

意訳
『  大草(okusa)・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

六所社(rokusho no yashiro)
伊邪那岐命(izanagi no mikoto)・伊邪那美命(izanami no mikoto)・天照皇大神(amaterasu sume okami)・月夜見命(tsukiyomi no mikoto)・素盞嗚命(susanowo no mikoto)・蛭子命(ebisu no mikoto)を祀る

毎年3月5日 熊野別火参勤して 多花の神事あって 往古には勅使もありました ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

青幡佐久佐日古命(aohata sakusahiko no mikoto) 須佐乃乎命(susanowo no mikoto)の御子なり  』

『原文』参照『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』意宇郡 にある伝承

「佐久佐社(sakusa no) yashiro」は 当社と「八重垣神社」の間で比定社の論争があります ここでは「八重垣神社」を比定しています 

意訳
『  佐久佐神社(sakusa no kamino yashiro)

風土記に佐久佐社(sakusa no) yashiroとあり 大草郷佐草村 八重垣大明神これなり・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・    』  

『原文』参照『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)
国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国府に鎮座して「出雲国総社(izumo no kuni soja)」とも呼ばれ高い格式を有して坐ます

六所神社(rokusho jinja)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

熊野大社の記事をご覧ください

一緒に読む
熊野大社(松江市)【前編】

熊野大社は 「日本火出初社(hinomoto hidezome no yashiro)」とされていて 火の発祥の神社です 神代から出雲國を守り続ける「出雲國一の宮」です

続きを見る

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.