滝尾稲荷神社(日光市 滝尾神社境内) 

瀧尾稲荷神社は 東照宮ができる以前 日光山として仏教の栄えた聖地「白糸の滝」がある滝尾神社本殿奥の境内に鎮座します 弘仁11年(820年)弘法大師Kobotaishi)空海Kukai)が滝尾神社と共に開いたと伝わる古社です 「 瀧尾上人が朝のお供えを忘れると 稲荷の神が化けて出ては 催促したという伝説が残っています 

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(shrine name

滝尾稲荷神社Takinoo inari Shrine)
たきのおいなりじんじゃ

 [通称名(Common name)]

【鎮座地 (location) 

栃木県日光市山内

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》倉稲魂神(ukanomitama no kami)(稲荷大明神)

【御神格 (God's great power)】

五穀豊穣 Pray for good harvest
家内安全 Pray to God that the home is peaceful
商売繁昌 Pray to God that the business will flourish
 etc

【格  (Rules of dignity)

日光二荒山神社Nikko Futarasan Shrineの末社

【由  (history)】

滝尾稲荷神社
弘仁11年(820)弘法大師が滝尾神社とともに、稲荷神社も創建。
祭神は倉稲魂神(うかのみたまのかみ)(稲荷大明神)。
昭和41年9月に台風で流出したため、昭和43年に巴会により再建された。
3月25日が例祭。5月25日の講社大祭には、多くの信者が集まる。
 昔、瀧尾上人が朝のお供えを忘れると、稲荷の神が化けて出ては、催促したという伝説が残っている。

Tail-Inari Shrine  (820) Kobo Daishi founded Inari Shrine with takio shrine. Warehouse rice spirit God's shrine (that only occasionally bite) (Inari daimyojin). 9/1966 to leaked by the Typhoon to the 0/1968 was rebuilt by Tomoe. 3/25 is a celebration.
5/25 Ko cult-group Festival, gathering many followers. There are hving disguised the god Inari, takio is forget the morning offering and, out of that legend.

案内立札より From the information board

スポンサーリンク

神社にお詣り(Pray at the shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

日光 白糸の滝 のある瀧尾神社(Takinoo  Shrine)の境内に鎮座します 本殿奥に位置します

滝尾稲荷神社Takinoo inari Shrine)参着

本殿の正面に杉の大木があり 向かって右手には「ご神木の三本杉」が並び立っています

三本杉は 女神が降臨されたと伝わる 瀧尾神社(Takinoo  Shrine)で最も大切な場所です
その横に 創建時から祀られていたと伝わりますので
御祭神の食物神として 御食神の意味合いがあるのでしょうか

正面の杉の前には 案内の立札と石灯篭があり 10段程の石段の上に鳥居が建ち稲荷社の境内地となっています

一礼して鳥居をくぐり 覆屋の石祠にすすみます 

賽銭をおさめ お祈りです 

ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

滝尾稲荷神社(Takinoo inari Shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

それぞれの記事をご覧ください

・日光二荒山神社 本社Nikko Futarasan Shrineの記事をご覧ください

 

日光二荒山神社【別宮

本宮神社Hongu Shrine)
《主》味耜高彦根命(ajisukitakahikone no mikoto)

本宮神社Hongu Shrine)の記事をご覧ください

 

滝尾神社Takinoo Shrine)(霊石安産子種石・酒の泉)
《主》田心姫命(tagorihime no mikoto)

尾神社Takinoo Shrine)の記事をご覧ください

 

日光二荒山神社【摂社末社】

本社周辺

・若子神社(Jakko Shrine境内には寂光の滝があります
《主》下照姫命(shitateruhime no mikoto)

祭日:10月30日
弘仁11年(820年)に空海が滝尾神社に続いて この地で修行したと伝わり
元の名称は「寂光寺」または「寂光権現」と呼ばれていて
室町時代には七堂伽藍が立ち並び 釘念仏道場として栄えたとされます
・池石(生石)(ikeishi)寂光の滝へ向かう参道
若子神社遥拝所 本社と若子神社の中間に鎮座する遥拝所(前立て)大きな磐座が祭られ その岩の上にある窪みの水が枯れないことから名前が付いたとされます

若子神社(Jakko Shrine)の記事をご覧ください

 

・北野神社Kitano Shrine)滝尾道(稲荷川に沿う道)に鎮座
《主》菅原道真公(sugawara no michizane ko)

祭日:8月25日
寛文元年(1661年)筑紫安楽寺の大鳥居信祐が太宰府天満宮より勧請 梅鉢の紋を掘り込んだ巨岩もあります

北野神社Kitano Shrine)の記事をご覧ください

 

滝尾高徳水神社Takinotakatokusui Shrine)滝尾神社の参道入り口に鎮座
《主》罔象女大神(mizuhanome no okami)

祭日:10月10日
通称:水神社 昭和52年(1977)横川信夫県知事が藤原町高徳の鬼怒川沿いに鎮座の丹生川上神社より勧請 1998年(平成10年)道路拡幅のため現在地に遷座

滝尾高徳水神社Takinotakatokusui Shrine)の記事をご覧ください

 

・滝尾稲荷神社Takinoinari Shrine)滝尾神社の本殿裏に鎮座
《主》倉稲魂神(ukano mitama no kami)(稲荷大明神)

祭日:3月25日(例祭)5月25日(講社大祭)
弘仁11年(820年)に空海が滝尾神社と共に開いたと伝わります

滝尾稲荷神社Takinoinari Shrine)の記事をご覧ください

 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-その他の古社
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.