若子神社(日光市)& 池石(生石)(ikeishi)

若子神社(じゃっこじんじゃ)は 弘仁11年(820)日光を訪れた弘法大師(空海)が 「白糸の滝」で修行し滝尾神社(たきのおじんじゃを開き 次いで この寂光の滝で修行した時 夢の中で女神のお告げを受け ここに祠を建てたと伝えられます 往時は神仏習合し 寂光権現と称していましたが 明治以降「若子神社」と改められます 境内の直下には日光八景に数えられる「寂光の滝」があります

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(shrine name

若子神社(Jakko Shrine
じゃっこじんじゃ

【鎮座地 (location) 

栃木県日光市日光

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》下照姫命(shitateruhime no mikoto)

【御神格 (God's great power)】

・和歌の祖 The ancestor of Japanese poetry and songs
・芸能上達 Improvement of entertainment
・悪疫退散 Dispel the bad epidemic illness

【格  (Rules of dignity)

日光二荒山神社Nikko Futarasan Shrine摂社

【創  (Beginning of history)】

 弘仁11年(820の創建

【由  (history)】

若子(じゃっこ)神社

 弘仁(こうにん)11年(820)日光を訪れた弘法大師 空海は、滝尾(たきのお)神社を開き、次いでこの奥の寂光(じゃこう)の滝で修行した。

 夢の中で女神のお告げを受け、ここに祠(ほこら)を建てたと伝えられる。

室町時代には、寂光寺(じゃこうじ)の七堂伽藍(しちどうがらん)が立ち並び、釘念仏(くぎねんぶつ)道場として繁栄した。
釘念仏(くぎねんぶつ)のお札は、現在も輪王寺で受けることができる。

 明治以降「若子(じゃっこ)神社」と改められた。
祭神は下照姫命(したてるひめのみこと)。祭日は、1030日。

案内立札より

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています 

若子神社(Jakko Shrine池石(生石)(ikeishi)について

寂光の滝へ向かう道に座します

若子神社遥拝所 本社と若子神社の中間に鎮座する遥拝所(前立て)大きな磐座が祭られ その岩の上にある窪みの水が枯れないことから名前が付いたとされます また 石の水が尽きないように無限の財益を授けると言われています

池石(いけいし)(生石)

石の上面に周囲二メートル、深さ三十センチほどの凹みがあり、水をたたえているので「池石」と呼ばれた。
ここに溜まった水は、あたかもこの石が生きているように、一年中枯れたことがないことから「生石」とも呼ばれた。
池石の水をかきまわすと、雨が降るという言い伝えがある。
また、この石は、若子神社の遙拝所(前立)であり、石の水が尽きないように無限の財益を授けると言われている。

案内立札より

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

日光二荒山神社Nikko Futarasan Shrine本社 神苑内に遥拝所 若子神社遥拝所Jakko Shrine.. A place to worship in the distance

摂社・若子神社(Jakko Shrineの遥拝所 磐座が祭られています

大抵の御参拝の方々 そちらで遥拝を済ませて 御朱印を頂いたりしていますので こちらの本殿で参拝される方は ほとんどおられません
しかし 本社に遥拝所が設けられている程 大切な神社であります

室町時代には 寂光寺(jakoji)の七堂伽藍(shichidogaran)が立ち並び
釘念仏(kuginembutsu)道場として繁栄したと伝わっていて 素晴らしい由緒のある処ですので 本殿での御参拝をお勧めいたします

・日光二荒山神社 本社(Nikko Futarasan Shrine)の記事をご覧ください

一緒に読む
日光二荒山神社 本社(日光市山内)

日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は 標高2486m霊峰「男体山(二荒山)」をご神体として 古くから日光における信仰の中心となってきました 残存する最も古い記録には 767年に勝道上人(しょうどうしょうにん)が 日光山を開基したとあり 世界遺産「日光の社寺」(The World Heritage Shrines and Temples of Nikko)の一群で 日光東照宮(Nikko Toshogu)と日光山輪王寺(Nikkozan Rinnoji Temple)の中間の位置に鎮座します

続きを見る

弘法大師Kobotaishi)空海Kukai)が修行したと伝わる寂光の滝Jakko - Falls」について

弘仁11年(820)日光を訪れた弘法大師Kobotaishi)空海Kukai)が 「白糸の滝」で修行し滝尾神社Takinoo Shrine)を開き 次いでこの寂光の滝で修行した時 夢の中で女神のお告げを受け ここに祠を建てたと伝えられる由緒があります

本殿の裏すぐ近く 大師が修行された寂光の滝がありますので 観光で滝を見て癒される方もおられます
7段ある滝と云われ 坂の中腹から眺めると その段数を望めます

寂光(じゃこう)の滝

「高さ50m、幅6m、7段になって落ちている。
 昔から名瀑として知られ、「布引の滝」「七滝」などの別称をもつ。
「寂光瀑布」として、「日光八景」の一つに数えられている。」

案内立札より

スポンサーリンク

神社にお詣り(Pray at the shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

日光二荒山神社Nikko Futarasan ShrineR120号のゆるやかな坂を上がっていくとまもなく左手に「田母沢御用邸記念公園」右手には「飛石八幡神社がある 山から「田母沢川」大谷川に注いでいる箇所に橋が架かり その手前に 「寂光の滝」入り口の案内標識に従って右折します

寂光の滝へ向かう道1km程進むと左手に

池石(生石)(ikeishi)があります 

上記の「この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)を参照ください

この地点から そのまま更に狭い坂道を約1kmゆっくりと上がって行きます
道幅は狭く 対向車は互いに道をゆずり合いながらすれ違います 

途中には社号標「日光二荒山神社摂社 若子神社」が建ちます

沢の音が聞こえる森林の中に駐車スペースがあります

若子神社(Jakko Shrine)に参着

駐車スペースから続く参道の入り口には「寂光の滝Jakko - Falls」の矢印標識があり その先には「登山カード入れポスト」が設置されています
この参道入口が 瀧尾神社の御神体である女峰山への登口となっています

進むと社号標日光二荒山神社摂社 若子神社と案内の立札があり その先に 注連縄が掛かる鳥居が建ちます

一礼して鳥居をくぐり抜けます 参道は石畳になってきました

鳥居をくぐると右手には 神仏習合時の名残り不動尊があり合掌します
「奉造立石像不動尊」石塔は享保十乙巳天1725と刻まれています

参道は石段となって うねりながら木立の中を山へと登っていきます

少し段を上ると上方に拝殿が見えてきます

参道の石段を登りつめた石垣の上には拝殿が建ち見上げます

拝殿の後ろの更に高い石垣には 本殿が建ちます 本殿石段下には 元文二天1737石燈籠があります

本殿にすすみます 

神社と朱印の案内があります

賽銭をおさめ お祈りです 

ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

御本殿を左右から仰ぎます

本殿の檀から降ります

本殿左手下100mのところに名瀑「寂光の滝」があります
ここからですと木々の間から 弘法大師Kobotaishi)が修行をされた滝の姿が見えます

滝に近づくと実に清々しいですが 水は冷たく 滝の業となれば 厳しい

川沿いに緩やかな戻る道があり 滝の見学の方はこちらを通るようです 鳥居の手前で 参道と合流しています

鳥居をくぐり抜けて 振り返り一礼をします

スポンサーリンク

社の伝承(Old tales handed down to shrines)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

まんが日本むかし話』「地獄めぐり」に記される伝承

寂光寺(jakkoji)釘念仏(kuginembutsu)の由来について 判り易く伝えています
寂光寺(jakkoji)とは 現在の若子神社(Jakko Shrine)の境内に 昔あった大きなお寺です

地獄めぐり

あらすじ

昔、日光に弘法大師(こうぼうだいし)が開いたといわれる寂光寺(じゃっこうじ)という寺があった。この寺に、人々から尊敬されている覚源上人(かくげんしょうにん)というお坊さんがいた。

ある日、上人は横になり休んだまま、息を引きとってしまった。だが上人の体はまるで生きているようにいつまでも温かいのだった。人々が困ってるうちに17日が過ぎた。すると、なんと上人が目をさましたのだ。上人は集まっていた人々を見て、「わしは今、冥途の旅から戻ったところじゃ。皆さんにぜひこの話を聞かせたい。」と、世にも不思議な旅の話を語り始めた。

「わしは、雲に乗り闇の中をどこまでも進んでいった。すると炎に包まれた山門があった。鬼が立っていたので、これが地獄門だなと、わしは思った。門をくぐるとそこは閻魔堂。閻魔大王の前に、大勢の人々が引き据えられており、その人々を閻魔大王が裁くのじゃ。」

そうしてとうとう上人の番がきた。すると閻魔大王が上人にこう言った。「おまえをここへ呼んだのは罪人としてではない。この頃地獄へ落ちる人間の数が増えている。罪を犯せば、死後地獄へ落ちるということを忘れているからではないかと思ってな。それで、人々に説教する役目のおまえに、地獄の恐ろしさをよく見てもらって、人々に話してもらいたいのだ。」

こうして上人は地獄めぐりをすることになった。鬼に体を切り裂かれる人、重い荷物を持って針の山をのぼる人、血の池でもがき苦しむ人、鉄の棒でうち砕かれる人、熱く焼かれた鉄の縄で縛られる人・・・そんな地獄の様子を見て、上人は地獄から帰ってきたのだ。その後上人は、人々にこの地獄の話を説き続けたそうだ。

(投稿者: 十畳 投稿日時 2011-8-1 15:22 )

まんが日本昔ばなし〜データベース より
http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=584&cid=18&d3f_pos=10

若子神社(Jakko Shrine (hai)」(90度のお辞儀)

若子神社(Jakko Shrine)の参道入口が 瀧尾神社(Takinoo Shrine)の御神体である女峰山への登口となっています

瀧尾神社(Takinoo Shrine)の記事をご覧ください

一緒に読む
瀧尾神社(日光市)

滝尾神社(たきのおじんじゃ)は 弘仁11年(820)弘法大師(こうぼうたいし)空海(くうかい)が創建したと伝えられます 江戸時代までは 日光山を信仰する三社の1つとして 日光三社権現(にっこうさんしゃごんげん)(滝尾権現・新宮権現・本宮権現)と呼ばれていました 女峰山を御神体山と仰ぎ 田心姫命(たごりひめのみこと)を祀り「女体中宮」とたたえます

続きを見る

・日光二荒山神社 本社(Nikko Futarasan Shrine)の記事をご覧ください

一緒に読む
日光二荒山神社 本社(日光市山内)

日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は 標高2486m霊峰「男体山(二荒山)」をご神体として 古くから日光における信仰の中心となってきました 残存する最も古い記録には 767年に勝道上人(しょうどうしょうにん)が 日光山を開基したとあり 世界遺産「日光の社寺」(The World Heritage Shrines and Temples of Nikko)の一群で 日光東照宮(Nikko Toshogu)と日光山輪王寺(Nikkozan Rinnoji Temple)の中間の位置に鎮座します

続きを見る

おすすめ記事

1

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」のクライテリア(iii)として「古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた 頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて 巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った」と記されます

2

出雲國(izumo no kuni)は「神の國」でありますので 各郡の条に「〇〇郡 神社」として 神社名の所載があります
『風土記(fudoki)』が編纂(733年)された 当時の「出雲の神社(399社)」を『出雲國風土記 神名帳(izumo no kuni fudoki jimmeicho)』として伝える役割をしています

3

大国主神(おほくにぬしのかみ)が 坐(ましま)す 古代出雲の神代の舞台へ行ってみたい 降積った時を振り払うように 神話をリアルに感じたい そんな私たちの願いは ”時の架け橋” があれば 叶うでしょう 『古事記(こじき)』〈和銅5年(712)編纂〉に登場する神話の舞台は 現在の神社などに埋もれています それでは ご一緒に 神話を掘り起こしましょう

4

出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんよごと)は 律令体制下での大和朝廷で 出雲国造が その任に就いた時や遷都など国家の慶事にあたって朝廷で 奏上する寿詞(ほぎごと・よごと)とされ 天皇(すめらみこと)も行幸されたと伝わっています

5

出雲国造(いつものくにのみやつこ)は その始祖を 天照大御神の御子神〈天穂日命(あめのほひのみこと)〉としていて 同じく 天照大御神の御子神〈天忍穂耳命(あめのほひのみこと)〉を始祖とする天皇家と同様の始祖ルーツを持ってる神代より続く家柄です 出雲の地で 大国主命(おほくにぬしのみこと)の御魂を代々に渡り 守り続けています

6

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

7

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

8

對馬嶋(つしまのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳』に所載されている 対馬〈対島〉の29座(大6座・小23座)の神社のことです 九州の式内社では最多の所載数になります 對馬嶋29座の式内社の論社として 現在 67神社が候補として挙げられています

-その他の古社
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© Shrine-heritager , 2024 All Rights Reserved.