國吉神社(いすみ市苅谷)& 出雲大社上総教会

国吉神社くによしじんじゃ)は 今から1500年前の昔 この地を治めていた伊甚国造(いじみのくにのみやつこ) 春日皇后に屯倉(御料地)を献上し 勅使を迎える為の仮屋設けた跡 伊甚国造の祖である天穂日命(出雲国造の祖)と建比良鳥命が仕えた大国主命の御子神である健御名方命をまつり鎮守としたものです

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

國吉神社(Kuniyoshi shrine)

 [通称名(Common name)]

【鎮座地 (Location) 

〒298-0023 千葉県いすみ市苅谷630

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》建御名方命(たけみなかたのみこと)

《合》27柱
天御中主命,伊邪那岐命,伊邪那美命,健速須佐之男命,木之花咲耶比売命
石凝姥命,素佐男命,日本武命,月夜見命,大山咋命
大山祇命,誉田別命,神皇産霊命,高皇産霊命,天底立命
宇麻志阿斯訶備比古遅神,水波能売命,宇気母智命,伊豆母姫命
天之狭土神,天之狭霧神,天之闇戸神,大戸惑子神
国之狭土神,国之狭霧神,国之闇戸神,大戸惑女神

【御神格 (God's great power)】(ご利益)

厄除・八方除・交通安全・家内安全の神

【格  (Rules of dignity)

伊甚国造ゆかりの

【創  (Beginning of history)】

伊甚国造ゆかりの

國吉神社(くによしじんじゃ)

二十八柱の神々をまつる神社

御祭神 建御名方命(たけみなかたのみこと)他二十七柱

由緒

 國吉神社の鎮まる苅谷幸野の地は、今から約千五百年前の昔、この地を治めていた伊甚国造が春日皇后に屯倉(御料地)を献上し、勅使を迎える為の仮屋が設けられた地である。
 後にこの仮屋跡に伊甚国造の祖である天穂日命(出雲国造の祖)と建比良鳥命が仕えた大国主命の御子神である健御名方命をまつり鎮守とした。
 明治時代には周辺神社合祀され國吉神社と称した。御祭神は二十八柱の神々まつられており、神徳家内安全交通安全厄除、八方除など多岐にわたる。
朱印帳の但し書きより

Please do not reproduce without prior permission.

【由  (History)】

国吉神社

国吉神社 御祭神 建御名方命(たけみなかたのみこと)他二十七柱

境内社 出雲大社(上総教会) 大国主命(おおくにぬしのみこと)

御由緒

千葉県中央部がまだ上総国となる千五百年昔までこの地域はいくつもの小国に分かれており、長生郡夷隅地域を伊甚国造(いじみのくにのみやつこ)が治めていた。
その国造の祖である天穂日命(あめのほひのみこと)(出雲國造の祖)と建比良鳥命(たけひらとりのみこと)が仕えた大国主命の御子神である建御名方命がまつられ諏訪神社と称しされていた。
後に各地の神々が合祀され当時の町名から国吉神社と称し、厄除・八方除・交通安全・家内安全の神社として崇敬されている。
 隣には諏訪神社の親神にあたる島根県の出雲大社から分祀された出雲大社上総教会が鎮座し、縁結び・福徳の神として崇敬されている

境内案内より

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【境内社 (Other deities within the precincts)】

出雲大社(上総教会)《主》大国主命(おおくにぬしのみこと)

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

伊甚国造(いじみのくにのみやつこ いじみこくぞう)について

伊甚国造(いじみのくにのみやつこ)は 律令国(りつりょうこく)の上総国埴生郡 千葉県茂原市長生郡長南町睦沢町の一部を支配した国造です

『先代旧事本紀』「国造本紀」『日本書紀』は伊甚(いじみ)国造
『古事記』は伊自牟(いじむ)国造

『先代旧事本紀』「国造本紀」では 第13代 成務天皇の(131~181)に安房(阿波)国造の祖・伊許保止命(いこほとのみこと)の孫 伊己侶止直(いころとのあたい)を国造に定めたとされます

延喜式神名帳927 AD.所載の出雲国 出雲郡 伊甚神社と関係があります

伊甚氏(いじむうじ)〈姓は直(あたい)は 『古事記』などでは 出雲臣の同族とされています

伊甚神社(松江市宍道町伊志見)

スポンサーリンク

神社にお詣り(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

いすみ鉄道「風そよぐ谷国吉駅」から西へ徒歩10分程度

Please do not reproduce without prior permission.

夷隅川湾曲する台地の中に鎮座します 社頭には社号標「國吉神社」と刻まれ 朱色の両部鳥居が建ちます
國吉神社(いすみ市苅谷)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

参道の右手には 金比羅社 出雲大社上総教会 出雲日御碕神社 が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りをします 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

國吉神社の参道に戻り 二の鳥居をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

瓦屋根の拝殿の扁額には「御大典記念 國吉神社」と記されています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りをします 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には やはり瓦屋根の本殿鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

神社の伝承(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『日本書紀(Nihon Shoki)〈養老4年(720)編纂〉』に記される伝承

第27代 安閑天皇元年(534年)4月1日条に 伊甚国造・伊甚直稚子いじみのわくご)について記しています
伊甚直稚 内膳卿膳臣大麻呂に珠(真珠)を求められたが 京に詣でるのが遅れ 期日までに珠(真珠)を献上できなかった このため膳臣大麻呂に捕らえられ尋問され 恐れて春日皇后の寝所に逃げ込んだが 皇后を驚かし気絶させてしまい みだりに後宮に入った闌入罪も加わり罪科は重大であった 稚子らは贖罪を請い 春日皇后に伊甚屯倉(いじみのみやけ)を献上したと記されています

【意訳】

十八巻 廣国押武金日天皇ヒロクニオシタケカナヒノスメラミコト

第27代 安閑天皇 元年朔日 の条

内膳卿膳臣大麻呂(カシワデノツカサノキミカシワデノオミオオマロ 勅(ミコトノリ)を承り 使者を遣 珠(タマ)真珠を伊甚(イジミ)で探し求めさせました
伊甚国造(イジミノクニノミヤツコ) 京(ミヤコ)〈大和〉出てくるのが遅く 長らく珠(タマ)奉ることがなかった

膳臣大麻呂は おおいにり 国造たちを捕らえて縛って ことの次第を問い責めました 国造稚子直(クニノヤツコ ワクゴノアタイ)たちは 恐れかしこまり 後宮(キサキノミヤ)の内寝(オオトノ)に逃げ隠れた 春日皇后(カスガノキサキ)は 知らぬものが入ったので驚き あわてて倒れてしまいました 恥ずかしい思いは止まりませんでした

稚子直(ワクゴノアタイ)たちは 闌入罪(ミダレガワシクマイレルツミ)を加えて 科(トガ)は重くなりました

慎み 皇后のために伊甚屯倉(イジミノミヤケ)を献上して 闌入之罪(ミダレガワシクマイレルツミ)をあがなおうと請願しました
それで伊甚屯倉(クニノヤツコ ワクゴノアタイ)定められた
今は これをて郡〈コオリ〉として 上総国(カミツフサノクニ)に属しています

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『日本書紀』(720年)選者 舎人親王/刊本 文政13年 [旧蔵者]内務省https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047528&ID=M2017042515415226619&TYPE=&NO=画像利用

國吉神社(いすみ市苅谷)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-その他の古社
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.