大森神社(雲南市木次町東日登)

大森神社(おおもりじんじゃ)は 八岐大蛇を退治され素戔嗚尊が 稲田姫命を伴い須賀に赴かれる途中 暫し宿られ大婚準備されたと伝わり その後 大己貴命の孫神 天日腹大斜戸美神(あめのひはらおほしなどみのかみ)赴か給える所とされます 出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 不在神祇官社「日原社(ひはら)のやしろ」の論社です

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】日原社
読み(ひはら)のやしろ
How to read(hihara no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

大森神社(Ohmori shrine)

【通称名】(Common name)

大森さんおおもりさん

【鎮座地】(location)

島根県雲南市木次町東日登1345

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》素盞嗚尊(すさのをのみこと)
   稲田姫命(いなたひめのみこと)
   天日腹大斜戸美あめのひはらおほしなどみのかみ
   大己貴命(おほなむちのみこと)

《合》杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
   倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
   天穂日命(あめのほひのみこと)

【御神格】(God’s great power)

五穀豊穣・諸業守護・家内安全・安産守護・諸願成就

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

特別社 大森神社 御由緒

鎮座地 島根県雲南市木次町東日登1345

主祭神 素盞嗚尊 稲田姫命 大己貴命 天日腹大斜戸美神

配祀神 市杵島姫命 倉稲魂命 天穂日命

沿革
 当社は出雲國風土記に載っている「日原社」で有ることが定説と為っており 雲陽志には「大森大明神」と記されている。
 此処は素戔嗚尊が八岐大蛇を退治され稲田姫を救い 須賀の地(大東町須賀)赴かれる途中 この大森の地に暫し宿られ 御大婚事を準備されたと伝えられている 其の後 その後大己貴命が御大婚に関わる業 また妖賊退治に関わる遺業を継承されし処と云われている

 当社 社殿が参道正面より横向きに鎮座なされているのは 社殿正面を横切るのは畏れ多く不敬であるとされ 因って安泰を願い横向きに鎮座されたと伝えられている。

 また当 大森神社(日原社)旧跡地付近より銅鐸及び土器等が出土 なかでもこの銅鐸は 弥生時代中期前半頃のものと推察され Ⅱ式の「外縁付鈕式」の「四区小型袈裟襷文銅鐸」で 同型の銅鐸は荒神谷遺蹟・加茂岩倉遺跡からも出土している この銅鐸は「伝木次銅鐸」として現在京都国立博物館に保存されている

境内社
事比羅神社・若宮神社・鷺神社・八坂神社・社日神・枳佐加比社・牛荒神社

例大祭 毎年十月二十三日

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

由緒

地形的に大森材と二大河川の合流点の三角洲あたりに祀られ、社名の由来となっている。
素盞鳴命が稲田姫を救い、須賀の地に於いて御婚儀を整えられる為に宿られていた地である。
出雲風土記天の日原社之なりと、雲陽誌記載の古社にして旧社地近くに往古より住民多く天日原大科戸美神の住居地と伝えられ、土地大森畑より石の矢尻その他縄文弥生初期の土器多出土。又、向側の古墳在り、住民の多き証なり。この大森林に天の神を斎りし、又、大明神と称え奉った事明白なれど宝暦年間社殿神宮寺より出火類焼、散逸宝物その他失ふ。
当社の創立年代不詳となれるも出雲風土記記載の大谷より流れる神田川と久野川との合流三角高地なし突出大樹繁昼暗く故に大森と称し、素盞鳴命稲田姫を救い須賀に赴かれ途中此地にしばし宿られ大婚諸事を心準備された所と云伝う。
その後 大己貴命の遺業を継承この地に子孫(孫神)天の日原斜戸美ノ神を赴かしめ 大いに繁植の道を開かしめ國人に遺し給えると云う。
当社は両武神社にて御祈祷に鐘と鈴を用ふ。
特筆すべきは当社に三不思議あり、
一・頭部に金色の神紋の黒い神使蛇。
二・社殿の屋鳴。
三・神姿を拝す。
今も住民共に大森さんと云伝えている。

島根県神社庁HPより

由緒

出雲風土記天の日原社之なりと、雲陽誌記載の古社にして旧社地近くに往古より住民多く 天日原大科戸美神の住居地と伝えられ、土地大森畑より石の矢尻その他縄文弥生初期の土器多出土。又、向側の古墳在り、住民の多き証なり。

この大森林に天の神を斎りし、又、大明神と称え奉った事明白なれど宝暦年間社殿神宮寺より出火類焼、散逸宝物その他失ふ。

当社の創立年代不詳となれるも出雲風土記記載の大谷より流れる神田川と久野川との合流三角高地なし突出大樹繁昼暗く故に大森と称し、素盞鳴命稲田姫を救い須賀に赴かれ途中此地にしばし宿られ大婚諸事を心準備された所と云伝う。

その後大己貴命の遺業を継承この地に子孫(孫神)天の日原斜戸美ノ神を赴かしめ大いに繁植の道を開かしめ國人に遺し給えると云う。

当社は両武神社にて御祈祷に鐘と鈴を用ふ。
特筆すべきは当社に三不思議あり、
一・頭部に金色の神紋の黒い神使蛇。
二・社殿の屋鳴。
三・神姿を拝す。

今も住民共に大森さんと云伝えている。
※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

【境内社】(Other deities within the precincts)

枳佐加比社《主》枳佐加比姫命

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・社日神《主》天照大神《配》大己貴命 埴安姫命 少名彦命 稲倉魂命
・金比羅神社 《主》大国主命 金山彦命
・若宮神社 《主》大山祇命
・鷺神社 《主》稲背脛命
・八坂神社 《主》素盞嗚尊 稲田姫命《配》手肺脛命 足肺脛命
・稲荷神社 《主》宇賀魂命
・愛宕神社 《主》軻遇突智命
・牛荒神社 《主》素盞嗚尊《配》埴安姫命

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 不在神祇官社「日原社(ひはら)のやしろ」の論社は二つあります

どちらも 御祭神として 天之日腹大科度美神あめのひはらおほしなどみのかみ)を祀ります

・日原神社

・大森神社

延喜式神名帳927 AD.所載社で 天之日腹大科度美神あめのひはらおほしなどみのかみ)を祀る神社について

御祭神 天之日腹大科度美神あめのひはらおほしなどみのかみ日腹文字は「日原」との同音で『出雲国風土記』大原郡「日原社」『延喜式』神名帳・丹後国加佐郡に「日原神社」祀られていますが 現在まで その関係性については詳しく論じられていません

丹後國 加佐郡 日原神社 

日原神社(舞鶴市女布) 

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次線 日登駅から 久野川を渡り 飯石ふれあい農道を南へ 約600m 車2分程度

道路際に大きめの社号標に「特別社 大森神社」とあり 南側の斜面に石段が続いています

Please do not reproduce without prior permission.

この南側の斜面の石段を上がった所に 一の鳥居が建ちます
ここが 神田川と久野川との合流地点を見下ろす三角高地の先端となります
大森神社(雲南市木次町東日登)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

なだらかになって来た参道を進むと 二の鳥居があり その先に三の鳥居が見えてきます

Please do not reproduce without prior permission.

参道の石段や狛犬と比べると 三の鳥居は比較的新しく 扁額には「大森神社」と刻字されています

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして鳥居をくぐると 南へ向かう古い参道が現れてきます

Please do not reproduce without prior permission.

社殿の建つ境内地に上がると 案内書きに書かれていたように 本殿を東向きに変えて祀られています

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

御神紋は 二重亀甲に大 です

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

本殿の右後ろ 左後ろには 境内社が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

途中 石碑があり
「日本地図完成に生涯現役をかけた男
伊能忠敬 計測隊一行
ここを罷り通る」とあります
案内によれば 文化十年(1813)旧暦10月24日午後 歩測と間縄で測量 往還道沿いに下希施村より郡境をこえた

Please do not reproduce without prior permission.

再び 最初の南側の斜面の石段を上がった所 一の鳥居まで戻ってきました

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』大原郡 東日登 にある伝承

風土記の「日原社(ひはら)のやしろ」の所在について 日登村の大森大明神〈現 大森神社(雲南市木次町東日登)〉と 記しています

『雲陽志(unyo shi)では

東日登「大森大明神」と記され

風土記載る「日原社(ひはら)のやしろ」これなり
素戔嗚尊をまつる 本社 一間四面 天和二年造営の棟札あり 祭禮九月二十三日」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

風土記の「日原社(ひはら)のやしろ」の所在について 日登村の大森大明神〈現 大森神社(雲南市木次町東日登)〉と海潮村中屋(なかや)の伊勢大神宮〈現 日原神社(雲南市大東町中湯石)〉の双方を挙げて 「いづれがよいか未だわからぬ」と記しています

【意訳】

日原社(ひはら)のやしろ

風土記鈔に日登村の大森大明神であるといって居る。
今、海潮村の中屋(なかや)の伊勢大神宮を日原社といって居るけれども、中屋の分は雲陽志に記していない。いづれがよいか未だわからぬ。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

大森神社(雲南市木次町東日登)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.