須衛都久神社(松江市西茶町)

須衛都久神社(すえつぐじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.所載の島根郡 不在神祇官社「須衛都久社(すえつぐ)のやしろ」とされています 初めは 松江城山亀田山に鎮座しましたが 堀尾吉春公が城を築くため 元権現町に移し その後 今の所へ遷座されました

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】須衛都久社
読み(すえつぐ)のやしろ
How to read(suetsugu no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

須衛都久神社(Suetsugu shrine)

【通称名】(Common name)

権現さんごんげんさん

【鎮座地】(location)

島根県松江市西茶町106

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》伊邪那美命いざなみのみこと
   須佐之男命すさののみこと

《配》速玉男命(はやたまをのみこと)
   事解男命(ことさかをのみこと)
   菊理媛命(くくりひめのみこと)

【御神格】(God’s great power)

家内安全、縁結び、安産

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

末次郷の総産土神として、松江城、県庁の産土神として崇敬される。
島根県神社庁HPより

【由緒】(history)

由緒

 当社は、松江市西茶町に鎮座し、主祭神は伊邪那美尊いざなみのみこと、須佐之男尊すさののみこと、配祀神として速玉男命(はやたまをのみこと)、事解男命(ことさかをのみこと)、菊理媛命(くくりひめのみこと)の三神を御祀りしてあります。

創立は明らかではありませんが、出雲風土記に記載されている「須衛都久社」が今日に至ったものであります。

 初めは松江城山亀田山にありましたが、慶長年間(約380年前)、領主堀尾吉春公が城を築くため神主門脇肥前守久定(現永岡宮司家の7代目)に命じ、元権現町に社殿を遷しました。
延宝2年6月(約310年前)には松江地方に大洪水があり、社殿が破損しましたので、延宝5年に現在地に社殿を遷しました。

 当社は、末次郷の総産土神として藩主松平氏に、明治以降は県庁の産土神として崇敬されてまいりました。また、毛利、堀尾、京極、松平と累代の領主城主から社領祭田が寄附されていましたが、寄進された宝物、証文、棟札等は毛利尼子の時代(約420年前)の数度の戦乱で焼失し現存していません。

 明治4年に郷社、明治6年には県社に定められました。
私達の祖先はこの土地で生活し始めた時から当社を心のよりどころとし、それを氏神として崇敬し、この土地に住む人を氏子と呼び共に協力して祭礼の斎行と社殿の維持保存に努めながら今日に至っております。

※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社】(Other deities within the precincts)

・鹿島香取神社(かしまかとりじんじゃ)
《主》武甕槌命,経津主命
・恵美須番匠祖神社(えびすばんしょうそじんじゃ)
《主》大己貴命,素盞嗚命,事代主命,手置帆負命,彦狭知命
・末次氏荒神社(すえつぐうじこうじんじゃ)
《主》建速須佐之男命
・住吉神社(すみよしじんじゃ)
《主》底筒男命,中筒男命,上筒男命,神功皇后
・紺姫神社(こうひめじんじゃ)
《主》木花咲耶姫命,紺屋姫命

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

松江駅から松江城向かう宍道湖大橋北側のたもとに鎮座

Please do not reproduce without prior permission.

社は東を向きます

須衛都久神社(松江市西茶町)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

かつては 大橋川からの出入りもあったと思われ 境内の南にも鳥居が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして鳥居をくぐると 社殿の真横になります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の扁額には「須衛都久社」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』島根郡 末次 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

熊野権現」と記され

「伊弉冊尊いざなみのみこと速玉男命(はやたまをのみこと)事解男命(ことさかをのみこと)菊理媛命(くくりひめのみこと)なり
北の殿は 素盞嗚尊すさののみこと大己貴命(おほなむちのみこと)なり
南の殿は 経津主命(ふつぬしのみこと)武甕槌命(たけみかつちのみこと)
本社 一丈一尺四方 幣殿 二間三間 神楽殿 二間半に四間 拝殿 一間に二間 御供所 二間に三間半 隋神門 鳥居あり 南北の一社は皆 三尺五寸四方
祭礼 九月九日 又 一六ノ祭 水無月後 春秋ノ祭とて 五穀を祈る祭りあり

風土記に須衛都久社(すえつくのやしろ)とあり 神亀年中に字を末次と改たり
古老の伝えるは 末次熊野 毎年 祭礼の前の日 嶋根郡 朝酌郷の神供ノ水を酌みて御飯を炊くこと 古例にて今に至りてたえず 朝酌の郷は 風土記に五贄緒之所定め給ふ 故に朝酌と云うとあり
当社 遷宮ある時は 松江末次町と猟師町との氏人来て神輿を担ぐこと古より今にかわらずとなり
天正二年の棟札あり これより以前 棟札古記もありつれども 毛利と尼子の兵火にて 皆 焼失たりと云えば勧請の時代しれず
慶長年中 堀尾吉晴 冨田城を松江へ移されてより全城の鎮守としたまへり 古来の神宝なりとて古鏡一面 澳津鏡一 辺津鏡一 太刀三振 刀三 腰差一腰 具足二領 寄進の人 不知 連歌懐紙あり 太守直政公の御寄附なり と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

須衛都久社(すえつぐ)のやしろ

今の松江市茶町にあって明治年間まで、熊野神社又は俗に茶町権現ともいって居た
もとは亀田(かめだやま)にあったが、堀尾吉晴が その山に城を築いた時、元権現町(もとごんげんちょう)に移し、その後、今の所へ移されたものである。

伊邪那美命いざなみのみこと速玉男命(はやたまをのみこと)事解男命(ことさかをのみこと)を祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

須衛都久神社(松江市西茶町)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.