爾佐加志能爲神社(松江市島根町野井)

爾佐加志能為神社にさ かし のい じんじゃ)は 明治期に野井浦氏神「日御碕神社〈現 爾佐加志能爲神社〉」相殿に境内の御神木「加無利明神(かもりみょうじん)〈古代の爾佐加志能為神社の系譜を引く合祀した後 社名を「爾佐加志能為神社」に改称 今日に至ります

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】爾佐加志能為社 
読み(にさ かし のい)やしろ
How to read(nisakashinoi no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

【社名】尓佐能加志能爲神社 
読みにさの かしの のいの かみのやしろ
How to readNisano kashino noi no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

爾佐加志能爲神社(Nisakashinoi shrine)

【通称名】(Common name)

神守大明神かもりだいみょうじん

【鎮座地】(location)

島根県松江市島根町大字野井155

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》大己貴命(おほなむちのみこと)〈加無利明神
《配》天照大御神(あまてらすおほみかみ)〈日御碕神社〉

【御神格】(God’s great power)

国土平安・漁業満得

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年代不詳
〈明治期に野井氏神「日御碕神社〈現 爾佐加志能爲神社〉」相殿に「加無利明神(かもりみょうじん)〈古代の爾佐加志能為神社の系譜を引く合祀した後に 社名を古代の「爾佐加志能為神社」に改称 今日に至

【由緒】(history)

爾佐加志能為神社(nisakashinoi jinja)(野井浦 のいうら)

祭神 大己貴命(おほもむちのみこと)

歴史の足跡
 現在、野井の神社といえば、『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる古社「爾佐加志能為にさかしのい神社」である。
 同じ「爾佐」を冠する爾佐神社とは関係か深かったと思われ、立地も近いことが想定される。「爾佐加志能為」の社名の「能為」が現地名(野井)であることも気がつくと思う。
 宝永(1710)年の「雲州四十二浦之詠歌」にみえる野井の神社は日御崎神社であった。当時、古代の爾佐加志能為神社の系譜を引く、加無利(かむり)明神(神守 かもり 大明神)は零落し、椎の木を祭っていた。当然、参拝客は社殿をもつ新しい日御碕神社に参拝したが、明治に入り『延喜式』重視により、日御碕神社に「加無利明神」を相殿にし、社名を古代の「爾佐加志能為神社」にして今日に至っている。「爾佐加志能為神社」の旧社地は野井の漁業組合附近てあった。
 地域祭礼として一月第二日曜に行われる野井とんど、宮練がある。かつての旧社地字「神守様灘」に隣接して字「どんどが鼻」があるので、野井のとんどは江戸時代にざかのぼることがわかる。
島根半島四十二浦巡り再発見研究会(島根県観光素材造成支援補助事業により設置)

社頭の案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社】(Other deities within the precincts)

・疫神社 《主》須佐之男神
・疱瘡神社 《主》伊奈勢波岐神

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

・若宮社 《主》天照大御神
・多賀神社 《主》大山祇神
・恵比須社 《主》事代主命
・築島社
《主》大己貴命,少彦名命
・梶島社 《主》大己貴命,事代主命
・箱島恵比須社 《主》事代主命
・木下宮 《主》大己貴命

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

県道37号沿い 野井漁港の200m程に 海に面して鎮座します

爾佐加志能爲神社(松江市島根町野井)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして 鳥居をくぐります 鳥居の扁額には「爾佐加志能爲神社」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

右手には 大岩があります 海岸の浸食で間に空洞があります 今は漁具が置かれています

Please do not reproduce without prior permission.

左手には 崖崩れ無くなったのか かつて境内社があったのか 古い石段が途中まであります

Please do not reproduce without prior permission.

正面には 社殿へと真っ直ぐの階段があり その下には石燈籠と狛犬が座します

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿内の扁額は「爾佐加志能爲神社」と記されています
賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿 その両脇に境内社鎮座し お祈りをします

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道石段を下ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の先には 野井浦が広がっています

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』島根郡 野井 にある伝承

古代の爾佐加志能為神社の系譜を引く「加無利明神は 明治期に 野井氏神であった日御碕神社の相殿に合祀し 後 社名を古代の「爾佐加志能為神社」に改称して今日に至っています
江戸時代には 「日御崎太神宮「加無利明神」別々に記されています

『雲陽志(unyo shi)では

日御崎太神宮と記され

素盞鳴尊 大日孁貴五男三女なり
本社 五尺四方 南向き 拝殿二間 梁二間
祭礼 九月九日
天正十九年 建立の棟札あれども勧請暦代不知(しれず)

「加無利明神と記され

椎の木を神木とす 祭日 九月九日なり」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

野井氏神であった日御碕神社〈現 爾佐加志能爲神社〉の境内の神木を神社としている と記しています

【意訳】

爾佐加志能爲神社

爾佐加志能爲は仮字なり
〇祭神 大己貴命(おほなむちのみこと)巡拝記
〇野井浦に在す 今 神守明神と称す 巡拝記

巡拝記に 当社 今は無し 当所 日御碕神社の境内 木あり これを神社とせりといへり

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

爾佐加志能爲神社の論社として 野井浦 神守大明神〈現 爾佐加志能爲神社(島根町野井)と云われるが誤りである
野波浦 尓佐明神〈現 日御碕神社島根町野波瀬崎に合祀)が正しいと記しています

【意訳】

爾佐加志能爲神社

祭神 今按〈今考えるに〉巡拝記に 大己貴命とせり
社格 村社
所載 野井村

今按〈今考えるに〉本社所在の事 式社考に鈔に野井浦 神守大明神なりといえるは非なり
千酌の内なる野波浦に尓佐明神といふ社あ都久命を祭れり 瀬崎といふ所にあり これなるべし とあり

巡拝記 又 永福か風土記考にはなほ野井浦とすよく正さまほしき事なり
さて風土記に千酌濱の次に加志島と云うあり

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.島根郡 にある伝承

爾佐加志能爲神社の論社として 野井浦 神守大明神〈現 爾佐加志能爲神社(島根町野井)〉と 野波浦 尓佐明神〈現 日御碕神社島根町野波瀬崎に合祀〉の二ヶ所を挙げています

神社名の「加志は 加志島に鎮座していたからか と記しています

意訳

『 爾佐加志能爲神社

風土記に同じ 但し上により無し鈔に 野井浦 神守大明神なりといへる

千酌の内なる野波浦に尓佐明神といふ社あ都久命を祭れり 瀬崎といふ所にあり これなるべし
神殿 五尺に六尺 北向き 祭日 十一月初午

〇加志といふ言の義につき思い得る
風土記に 千酌濱の次に 加志島といふなり これによりあるや

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

爾佐加志能為社(にさかしの のきの)やしろ

往昔は 野井浦沖(のいうらおき)の加志島(かしのしま)に鎮座ありしを、風波のときには社参もなりがたきにより、同浦の陸地に移し、俗に 加無利(かむり)明神(風土記鈔に神守)と云ったが、年経て 大波に及び、野井浦の氏神の社に合せ祀りし由なり。大巳貴命を祀る   

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

島根日日新聞 平成27(2015)8月3日(月曜日)「野井浦(のいうら)」より

『神社覈録〈明治3年(1870年)〉』に記された野井氏神であった日御碕神社〈現 爾佐加志能爲神社〉の境内の神木を神社としている」との内容について 神木の由来詳細を理解できます

国引き神話島根半島
神々に出会う四十二(13) 原 美代子

 野井浦は、広い道路に防波堤の役割をするコンクリート壁があり、その向こうに幾つかの島と突き出た岬、紺碧(こんぺき)の海が広かっていました。神社前の広場で男の子が遊具で遊んでいます。地域のガイド本で読んだ野井浦の記憶を手繰りながら、神社境内入口に立ちました。

野井の氏神は、かつては梶島にあり、梶島神社と呼ばれていたようです。梶島は、築島の続きにある梶の鼻のことでしょうか。

 ある時、激しい波や風のため神社は流されました。それを機会に、島から、集落のある土地に移し、”みかもりさんの神木”として仮に祭られたのが、千年ほど前の長元七年とのことです。
明冶四年に社殿が建てられ、神社の名も”
爾佐加志能爲神社”に改められました。

「能為」は「野井」なのでしよう。

 地元では、神守(からり)神杜とも呼ぶ人もおられました。

江戸時代の地誌『雲陽誌』には 日御碕太神宮と並べ「加無利明神(かむりみょうじん)」といい、神守(かもり)=加無利(かむり)とあります。
神社の現在地は 字[宮脇]。日御碕神社の宮の脇に並んで加無利、つまり、神守神社があったようです。・・・・・・・・以下略

島根日日新聞 平成27年(2015)8月3日(月曜日)「野井浦(のいうら)」

爾佐加志能爲神社(松江市島根町野井)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.