河邊神社(雲南市木次町上熊谷)

河邊神社(かわべじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.』所載の飯石郡 神祇官社「河邊社(かわべ)のやしろ」の論社の一つです 祭神久志伊奈太美等與麻奴良比賣命くしいなみとよまぬらひめのみこと)」懐妊て 生む場所を求め 当地に至り「甚く久麻久麻しい谷なり」と云ったので この地が熊谷と云うと 記されています

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 飯石郡(iishi no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】河邊社
読み(かわべ)のやしろ
How to read(kawabe no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 飯石郡(iishi no kori)

【社名】川邊神社
読みかはへの かみのやしろ
How to readKahahe no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

河邊神社(Kawabe shrine)

【通称名】(Common name)

駒形大明神(こまがただいみょうじん)

【鎮座地】(location)

島根県雲南市木次町上熊谷1462-1

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

駒形大明神
《主》久志伊奈太美等与麻奴良比売命
くしいなだみとよまぬらひめのみこと
》清之湯山主三名狭漏彦八島篠命
すがのゆやまぬしみなさるひこやしまじぬのみこと

〈相殿 正八幡宮
》誉田別命 気長足媛命 足仲彦命

〈相殿 海原神社
》上津海童命 中津海童命 底津海童命

【御神格】(God’s great power)

縁結び・子授け・安産・芸事上達・五穀豊穣・河川洪水氾濫治水安全

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

河邊神社

祭神
河邊神社 駒形大明神

くしいなだみとよまぬらひめのみこと
久志伊奈太美等与麻奴良比売命(奇稲田媛命 くしいなだひめのみこと)

すがのゆやまぬしみなさるひこやしまじぬのみこと
清之湯山主三名狭漏彦八島篠命(須佐之男命 奇稲田媛命の御子)

相殿祭神
正八幡宮 誉田別命 ほむたわけのみこと(応神天皇
     気長足媛命おきながたらしひめのみこと(神功皇后)
     足仲彦命 たらしなかつひこのみこと(仲哀天皇)

海原神社 大綿津見三神 おおわたつみのさんかみ
    (上津海童命 中津海童命 下津海童命)

 
祈年祭 四月一日
例大祭、御神幸祭 十一月一日
新嘗祭 十二月一日

御神徳
縁結び子授け安産家内安全厄除け長寿受験合格芸事上達五穀豊穣商工繁盛河川治水交通安全旅行安全

境内社
八坂神社 若宮神社 金刀比羅神社 八乗姫神社

御由緒
 当社は、延喜式神名帳及び出雲風土記所載の式内社としての古社である。奇稲田媛命、御子を生みまさむと 此の處に至りて「いと久麻久麻しき谷なり」と宮居し給うと、天平五年(七三三)の古文書にあり、往時が偲ばれる。
 当時は、下熊谷の境の烏帽子山の麓、字松林の地に鎮座せしも 後に中央の舟津の現在地に移転している。
(嘉祥四年(八五一)に神階六位上に叙せられ、明治五年に村社に列せられた)

往時は、境内二十五間四方本殿より鳥居までの参道の長さ約六十四間(一一五米)あったが、明治六年の洪水により境内流出 堤防構築等により、風致大いに変わった。
 明治三十八年 上熊谷地区に鎮座せる正八幡宮、海原神社を当地に合祀、
明治四十四年に並列的に建てられていた三神社を現在の相殿とし
その後、老朽化し、昭和四十二年十一月遷宮を執行し今日に至っている。
平成五年十一月吉日

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

当社は出雲風土記、延喜式にみえる古社であり、元の社は正理の鳥帽子山崖山の麓の字松林という地にあった。
昔は中ノ段には八大竜王社(明治五年に海原神社と改称)があり、上ノ段には正八幡宮がったが、延享三年頃それぞれ現在地に移転遷座されている。
明治四十二年に三社が合祀される
島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

本殿向かって右側に祀られる四社合殿
金刀比羅神社八乗姫神社若宮神社八坂神社
・社日碑

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

熊谷さん(くまがいさん)

Please do not reproduce without prior permission.

御祭神の久志伊奈太美等与麻奴良比売命(奇稲田媛命 くしいなだひめのみこと) 懐妊されたとき産湯に使うよい水を探し求められ 河辺神社をお産所に定められたと伝わります その井戸の旧跡とされます

くまがいさん(産井戸の跡)

その昔、稲田姫命が八島士奴美命(やしましぬみのみこと)(大国主命 オオクニヌシノミコト)をお産するために、その場所を探して斐伊川を上ってこられた時、深谷(下熊谷地内)あたりを見て「ここは、いともくまぐましい所なり(ここは、たいへん奥まって落ち着いて良い所だ)」と言われ、そこで無事出産された。

それ以来、この地を「熊谷(くまたに)」と言う。産水(うぶみず)を汲まれた井戸が産井(うぶい)の跡であるという言い伝えがある。この井戸は安産の神として信仰され、出産が近づくと、この井戸の水を汲み、妊婦が飲むとお産が軽いと近郷近在からの崇敬を集めた。

 ここの水は夏冷たく、冬は暖かく、昭和三十八年頃までは盛んに使われていた。現在はその跡地のみである。 雲 南 市

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記733 AD.』所載の飯石郡 神祇官社「河邊社(かわべ)のやしろ」の 5つの論社について

・河邊神社

・厳島神社〈須佐神社の境外末社〉

・奈倍山神社

・竝九神社

・杉森神社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次線 木次駅から 斐伊川を遡るように R314号を約4km程南下します
斐伊川が大きく蛇行する西岸の上熊谷に鎮座します 

社殿 境内は南南東を向いていて 社頭は斐伊川の堤防道路に面しています
河辺神社(雲南市木次町上熊谷)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして鳥居をくぐり 参道を進みます 鳥居の扁額と社号標には「河邊神社」と刻字されます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

境内地は 二檀になっていて 10段程の石段上の檀に社殿が建ちます 石段の下には案内板と手水鉢があり 清めます

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

本殿向かって右側に祀られる四社合殿の境内社などにお参りをして 参道を戻ります 鳥居の先には 斐伊川が流れていて 河辺の神社です

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.』にある伝承

祭神久志伊奈太美等與麻奴良比賣命くしいなみとよまぬらひめのみこと)」懐妊て 生む場所を求め 当地に至り「甚く久麻久麻しい谷なり」〈ここは たいへん奥まって落ち着いて良い谷だ〉と云ったので この地が熊谷と云うと 記されています

【意訳】

熊谷郷くまたにのさと〈現 三刀屋町上熊谷・下熊谷・木次町上熊谷・下熊谷

郡家こおりのみやけの東北廿
古老伝へて云う 久志伊奈大美等與麻奴良比売命くしいなみとよまぬらひめのみことはらみて (まさ)に産まんとするに及び もちて生む所を求む その時 此処に到り来て (はなは) 久摩久摩(くまくま)しき谷と詔うあり 故に熊谷(くまたに)と云うなり

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『神名帳考証土代(Jimmyocho kosho dodai)』〈文化10年(1813年)成稿〉に記される伝承

式内社「川邊神社 かはへの かみのやしろ」の論社として 川手村河辺〈現 杉森神社(雲南市吉田町川手)〉と記しています

【意訳】

川邉(カハヘノ)神社

〇川手村河辺なり

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『神名帳考証土代』(文化10年(1813年)成稿)選者:伴信友/補訂者:黒川春村 写本 [旧蔵者]元老院https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000039328&ID=M2018051416303534854&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』飯石郡 熊谷 にある伝承

〈現 河邊神社(雲南市木次町上熊谷)について 記しています

『雲陽志(unyo shi)では

熊谷駒形明神と記され

久志伊奈太美命くしいなみのみこと)をまつる 延宝七年建立の棟札あり」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』飯石郡 尾崎 にある伝承

風土記 式内社「川邊神社 かはへの かみのやしろ」の論社として 尾崎の川邉社〈現 奈倍山神社(雲南市三刀屋町古城)の元社(旧鎮座地)〉を挙げています

『雲陽志(unyo shi)では

尾崎「川邉社」と記され

厳島大明神を勧請す 風土記 延喜式に載る 川邉神社これなり

古記に云う
出雲國 飯石郡 三刀屋郷 川邉社
正殿 市杵島姫 北殿 田心姫 南殿  湍津姫 三神なり

祭禮 九月中十日なり
里俗 鬼岩といふ険岨にして それは鬼形に似て 是するもち神の幡立ゆふ所なり 幡咋山 奈倍山も この近隣にて 故に当社を幡咋明神と号し 奈倍山明神とも称す

社司語りけるは 天平年中 夏にて旱魃す土人雨をねがふ 仍(よっ)て 聖武天皇より大いなる釜をまつり湯立し雨をいのりけきは霖雨〈ながあめ〉鳴鳴として五穀豊穣なり これより世俗 鍋山明神と号せり
三刀屋川の邉に釜を納さめ所あり 今にいいるて釜淵といひ伝て清浄の地なり
神詠とて
千波屋振(ちはやふる)國土を守神なれむ 百姓もおれしみこころ」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

出雲風土記733 AD.所載の飯石郡 神祇官社「河邊社(かわべ)のやしろ」の論社として 「上熊谷村に在す 今 駒形明神と称す」〈現 河邊神社(雲南市木次町上熊谷)〉を挙げています

しかし 式内社の「川邊神社 かはへの かみのやしろ」とは言及していません

【意訳】

川邊神社 かはへの かみのやしろ

川邊は加波倍と訓ずべし

祭神 久志伊奈太美等與麻奴良比賣命〈雲陽誌 巡拝記〉
〇熊谷郷 上熊谷村に在す 今 駒形明神と称す〈雲陽誌 巡拝記〉

出雲國風土記云う
古老伝へて云う 久志伊奈大美等與麻奴良比売命はらみて (まさ)に産まんとするに及び もちて生む所を求む その時 此処に到り来て 甚だ久摩久摩しき谷と詔うあり 故に熊谷(くまたに)と云うなり

〇和名鈔 郡名部 熊谷
 雲陽誌に 駒形明神は載すといえども 式社たる事いはず

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015

国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

式内社「川邊神社 かはへの かみのやしろ」の論社として 諸説上熊谷村に在す 今 駒形明神と称す」〈現 河邊神社(雲南市木次町上熊谷)〉を挙げるが 式社考に須佐 同所 伊津志麻大明神の社〈現 厳島神社〈須佐神社の境外摂社〉(出雲市佐田町須佐)〉としている 良く調べるべきと記しています

【意訳】

川邊神社 かはへの かみのやしろ

祭神
今按〈今考えるに〉
雲陽誌 巡拝記などに 久志伊奈太美等與麻奴良比賣命とするは 風土記熊谷郷條に古老伝へて云う 久志伊奈大美等與麻奴良比売命はらみて (まさ)に産まんとするに及び もちて生む所を求む その時 此処に到り来て 甚だ久摩久摩しき谷と詔うあり 故に熊谷(くまたに)と云うなりとある この熊谷駒形明神やがて川邊神社なりと云う伝説あるより祭神を久志伊奈太美等與麻奴良比賣命とせしにはあらざるか尋ぬべし

所在
上熊谷村(飯石郡飯石村 大字 上熊谷字舟津)
今按〈今考えるに〉
式社考に須佐 同所 伊津志麻大明神の社をいふよし 或人云へりとあり 雲陽誌 巡拝記 風土記考永福ともに 熊谷郷上熊谷村に在す駒形明神なりといへり よく尋ぬべし

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

式内社「川邊神社 かはへの かみのやしろ」の論社として 須佐 同所 伊津志麻大明神の社〈現 厳島神社〈須佐神社の境外摂社〉(出雲市佐田町須佐)〉と記しています

【意訳】

川邊神社 かはへの かみのやしろ

風土記に同じ 須佐 同所 伊津志麻大明神の社をいふよし 或る人いへり
和名鈔に大和国 城上郡 川邊 加八乃信 とあれについても知るらむべきや

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

飯石郡 神祇官社「河邊社(かわべ)のやしろ」の論社として 〈現 河邊神社(雲南市木次町上熊谷)〉を挙げています

【意訳】

河邊社(かわべ)のやしろ

熊谷(かみくまたに)の駒形大明神(こまがただいみょうじん)であって、麻奴良比賣命(まぬらひめのみこと)を祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

河邊神社(雲南市木次町上熊谷)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.