布須神社(雲南市加茂町延野)

布須神社(ふすじんじゃ)は 後方の山を御室山といい 麓にフス池須佐之男命が逗留の際 用いられた清水〉があり 神社東方約1Kmの所に赤池」〈八岐大蛇を斬られた剣を洗われ 池の水が赤色に変わったと云う〉がありました 出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 神祇官社「布須社(ふす)のやしろ」の論社の一つです

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】布須社
読み(ふす)のやしろ
How to read(fusu no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

【社名】布須神社
読みふすの かみのやしろ
How to readFusu no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

布須神社(Fusu shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県雲南市加茂町延野251

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》須佐之男命(すさのをのみこと)
   稲田姫命(いなたひめのみこと)
   大山咋命(おおやまくいのみこと)
   玉依姫命(たまよりひめのみこと)
   別雷命(わけいかずちのみこと)

【御神格】(God’s great power)

商売繁盛、縁結び、金運招福、豊作、農業守護、子宝、開運、産業守護、結婚、災難除け、厄除け、夫婦和合、悪病、祈雨、止雨

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

Please do not reproduce without prior permission.

布須神社

【鎮座地】 雲南市加茂町延野二五一番地

【布須神社の御祭神】
須佐之男命(すさのをのみこと)
 伊弉諾尊の子、天照大神の弟。
 高天原から天下られ出雲国で八岐大蛇を退治された。
稲田姫命(いなたひめのみこと)
 「古事記」では櫛名田比売と表記する。
大山咋命(おおやまくいのみこと)
 水源の山の霊。農業を願う古代農耕祭祀の反映であると言われている。
玉依姫命(たまよりひめのみこと)
 山幸、海幸神話に登場する美しい海神の娘。
 神徳は子宝、豊作、商売繁盛、災難除けなどである。
別雷命(わけいかずちのみこと)
 父神 大山咋命。母神 玉依姫命。雨と治水の神様。
 神徳は祈雨、産業守護、厄除け、開運などである。

【布須神社由緒】
須佐之男命を祀った神社で延野地区の氏神である。
11世紀頃 荘園制度(延野地区は古来『福田庄と称していた』)により11世紀末以後 京都の下賀茂神社に属し、御分霊を神社域内丘腹に「糺神社」を勧請し、弘化五年(一八四五)布須神社に合祀した。

明治維新の頃に「糺神社(ただすじんじゃ)」と称し主客転倒たるを以て、地元民が社号 布須神社 復旧の請願をし、大正十一年三月四日付けの認可を得て社名が「布須神社」に復興し現在に至っている。

「加茂町誌」「古事記」「古文書」「出雲国風土記」等参考記

布須神社について

【布須神社伝承】
出雲国風土記に在神祇官の布須社。延喜式に布須神社とある神社で延野字布須谷にあると伝えている。
当社後方の山を御室山といい、麓にフス池があり、古来より神事以外にこの水を使わないとされており、現在も神社下駐車場脇にある。
須佐之男命が逗留の際、用いられた清水であったとも伝えられている。

須佐之男命が八岐大蛇を斬られた剣を洗われ、池の水が赤色に変わったと言われる池が神社東方約一キロの所にあり、「赤池」(別の名を血の池)と住民は称していたが《昭和三九年(一九六四)の大水害で今は跡形もない》。
大蛇を退治された須佐之男命は稲田姫と共に須賀の地に宮造りされる以前に、当地で御宝を作り臥し給いしにより起こった名で、布須神社の淵源である。「臥し➝ふす」

【布須神社社宝】
布須神社が、中古の代に火災があった時、井戸に社宝を投じて全焼を免れたとの言い伝えがある。その証として大正七年(一九一八)『フス池』をさらした際に、中から金銅鞘(コンドウサヤ)に鍍金(ときん)した直刀の破片と古銅鏡一面、猿田彦面一面を発見し、 社宝としている由緒ある神社である。

【御利益】
商売繁盛、縁結び、金運招福、豊作、農業守護、子宝、開運、産業守護、結婚、災難除け、厄除け、夫婦和合、悪病、祈雨、止雨

【祭 月】
◎例祭(十月) ◎新嘗祭(十一月) ◎祈年祭(三月)

風土記参考記

境内の掲示板より

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

由緒
当社は須佐之男命の神蹟で、その創立は神代に属する。出雲風土記に在神祇官社の布須社、延喜式に布須神社とある社である。須盞鳴尊八岐大蛇を退治なされた後、宮居の地を諸方に求められるに当り、斐伊川の辺り此の延野の里の池で大蛇を斬り給う剣を洗い給いしにより池の水赤
島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

Please do not reproduce without prior permission.

月表神社《主》月読命
・金比羅神社《主》金山彦命

Please do not reproduce without prior permission.

荒神社《主》素盞嗚命
・社日碑

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 神祇官社「布須社(ふす)のやしろ」の論社は 二つです

・布須神社 (延野)

・布須神社 (木次町)

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次線 加茂中駅から 県道157号を赤川に沿って西へ 約3km 車7分程度
延野布須谷東側に案内板があり 山腹に参道が続いています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

古い参道は 麓から真っ直ぐに社殿に向かって石段が組まれていたようです
斜面の途中の正面に鳥居が建ちますが その後ろを横切るように新たな参道がうねるように山肌を登って通っています

布須神社(雲南市加茂町延野)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

念のため 一礼をしてから鳥居をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

社殿は東を向いて建っていて 参道は北側から境内へと通じています

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の前に進むと かつての参道石段はありません
賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 大社造りの本殿が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

境内社にお参りをして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.』にある伝承

大原郡には 室山・御室山と呼ばれる山は 幾つかあって 特定されていませんが 風土記の記述内容から 一般的には 海潮(うしお)温泉東方300m程にある「室山 132m」〈雲南市大東町中湯石〉とされます

【意訳】

御室山(みむろやま

郡家の東北一十九里一百八十歩
神須佐乃乎命(かんすさのをのみことの御室(みむろ)造らしめ給いて宿す所 故に御室という

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』大原郡 寺領 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

延野紀須明神と記され

風土記 延喜式に載る 布須社なり」 と記しています

【原文参照】

『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

式内社 布須神社について 祭神 在所などは不明 と記しています

【意訳】

布須神社

布須は 仮字なり

〇祭神 在所等 詳らかならず

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

式内社の布須神社の論社は 屋裏郷内 延野村 布須宮大明神〈現 布須神社(雲南市加茂町延野)〉と記しています

【意訳】

布須神社

風土記に同じ 屋裏郷内 延野村 布須宮大明神なり

ある説に 風土記に「御室山(みむろやま 郡家の東北一十九里一百八十歩
神須佐乃乎命(かんすさのをのみことの御室(みむろ)造らしめ給いて宿す所 故に御室という」とあり この御室山にあり 須佐乃乎命(すさのをのみことを祭るなりといへり

風土記鈔に 御室山は 海潮郷飛石村に在りとあり 飛石村と屋裏郷 延野村とは 太方角たりへり 予按ふに 大原郡は須佐之男命の故跡多く 殊(こと)に風土記に 須我社もあれば この大神を祭れり社の多からんも諾(うべ)なれども

社家の説 或説どもを見るに多く須佐之男命を祭るといへり可笑事なりなり 他の神を祭れり社もあるべきをいつにも須佐之男命と社家とのいふ この大神なれば 社格も早く故事も背けぬように思うにやなへて 須佐之男命々々々々々といふはをかしき事なり この布須社も何れの神を祭れるに未詳

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

布須社(ふす)のやしろ」の論社は 屋裏村(やうらむら)延野(のぶの)の、布須谷(ふすだに)の布須宮大明神(ふすみやだいみょうじん)〈現 布須神社(雲南市加茂町延野)〉と記しています

日登村宇谷の室山の、室大明神〈現 布須神社(雲南市木次町宇谷)〉も「布須社はここだといって居る」と記しています

【意訳】

布須社(ふす)のやしろ

今の屋裏村(やうらむら)延野(のぶの)の、布須谷(ふすだに)の布須宮大明神(ふすみやだいみょうじん)であって、須佐乃乎命を祀りしが、何の時代か知らず、山代国の糺(ただす)神社を勧請して合殿に祀り、終(つい)にこれを主な神とした。糺神社の祭神は、大山咋命、玉依姫命、別雷命である。

日登村宇谷の室山の、室大明神の方でも、布須社はここだといって居るけれども、風土記鈔にも延野村 布須宮大明神といって居る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

布須神社(雲南市加茂町延野)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.