加都麻神社跡〈小勝間山跡〉(松江市鹿島町名分)

加都麻神社跡(かつまじんじゃあと)は かつて小勝間山に鎮座していた勝間神社の跡地で出雲風土記733 AD.島根郡 加津麻社(かつま)のやしろ の旧鎮座地とされます 現在は 小勝間山山ごと取り壊されていて 今は田の中に名勝 小勝間山跡」の標柱あるのみです 

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】加津麻社
読み(かつま)のやしろ
How to read】(katsuma no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

加都麻神社跡Ruins of Katsuma Shrine)〈小勝間山跡〉

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県松江市鹿島町名分3

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》思兼命(おもいかねのみこと)

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社の旧鎮座地

【創建】(Beginning of history)

出雲風土記733 AD.島根郡 加津麻社(かつま)のやしろ の旧鎮座地とされ 小勝間山(鶏塚山)に鎮座した

【由緒】(history)

勝間神社はかつては、小勝間山(鶏塚山)にあった。神社といっても社殿はなく、小勝間山にはたいそう立派な松の木があったという。
明治になると勝間神社は大井神社に合祀された。この小勝間山は、昭和六十三年に取り壊された。
『出雲神社探訪』著者 松尾敏弘 より

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

現在の合祀先 大井神社(松江市鹿島町)

・〈大井神社に合祀〉勝間社

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記733 AD.島根郡 加津麻社(かつま)のやしろ の論社について

・加都麻神社跡〈小勝間山跡〉〈大井神社に合祀されたと云われる勝間社の旧鎮座地〉

・〈大井神社に合祀〉勝間社

・〈佐太神社本殿に合祀とも末社に合祀とも〉勝間社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

松江市街から県道37号北上し 鹿島中学校を過ぎ北側水田の中に木製の碑名勝 小勝間山跡」の標柱建っています

昭和63年(1988)に講武地区県営圃場整備事業によって 崩されて田に変わりました

この名勝 小勝間山跡」の標柱あたりに かつて小勝間山といわれる小があり 小勝間山の山頂には 出雲国風土記の加都麻社が鎮座していたとされます

加都麻神社跡〈小勝間山跡〉(松江市鹿島町名分)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

標柱の文字は消えかかっているが名勝 小勝間山跡」記されている

かつて祀られていた御祭神に お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして 田の畦道戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)[黒沢長尚著]天保6 [1835]』島根 片江浦 にある伝承

小勝間山に在ったとされる有名な「松」のくだりと 合祀されたとする加津麻社(katsuma no)yashiroが「勝間神社」と記されています

※勝間神社があったとされる勝間山は 現在は整地され田になっています

【抜粋意訳

勝間神社

正哉吾勝マサヤアレカツノミコトなりと云う

又 庭鳥にわとりつか云へり 松一株あり この下に神代 常世ノ長鳴鳥とこよのながなきとりを埋めたりと云う 

今も 時により鳥の声がするとなん 故に湯戸杉廻の両里には 古来より庭鳥にわとり棲む勝間山の難よひとると云いならわせり
水瀬中納言の歌

をのつから国の摩佛つ勝間山さか松を千代に千代ぬる
古歌なりと云て里人の云伝る

鳥の音 いつも絶せぬ 勝間山 まつは常世のしるしならまし

この松の大きさ三園あまりあり 高さ十二間 西と東へ はびこりたること三十ばかり 北南へ三十三間ほどあり 枝垂れて土に入り それより上へ直に生ひ上れり 枝の大きさ一抱ばかりもあらんか 二三十本ほど多ちて外より植たるがごとし 遠きより見れば蓋をはるか如く 又 一つの青山の如し
国中の人 松を見ざる人は希なれともいつも見あかざるとて 春は若みどりを愛し 夏は木陰の涼しきにより 秋は山々の紅葉したるに 猶緑りの山の獨り聳えたるを賞し 歌よむ人 詩作る人 行脚の僧など来りて 我は辛崎 住吉 高砂の松を見たり この僧は三保 松嶋 小嶋 武隈の松を見たりと云ふ 傍の人 我も阿祢波(アネハ)阿古屋(アコヤ)曽根の松をも見けれども この松に似たるもなしとほめ 画などすく人は矢立の筆をはしらせて あらましをうつす人もあり これ我朝宥一の松なりと思う

或人の云へるは 小勝間の地の名は

此処より上に 大勝間の宮あり 佐陀明神の摂社なり 小勝間の社は 思兼神を祭るなりとは云へり 今は社もなければ委くは知れ難し

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

小勝間山と有名な松のあったことが記されています

【意訳】

加津麻(カツマ)

もと分の小勝間(こがつま)山にあって、思兼命を祀ってあったが今は御社がない。小勝間山の下り松とて、有名な松のあったこともあるが、その松がなくなってから植えた孫松は、大正六年には、未だ高さ一間半ばかりであった。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

講武地区県営圃場整備事業発掘調査報告書2〈1986〉名分湯戸遺跡群に記される伝承

名分湯戸(みょうぶんゆど)遺跡群の調査報告に 圃場整備事業前の 小勝間山の姿 有名な松の絵図 が掲載されています

『講武地区県営圃場整備事業発掘調査報告書2 名分湯戸遺跡群』1986年3月 島根県鹿島町教育委員会

『講武地区県営圃場整備事業発掘調査報告書2 名分湯戸遺跡群』1986年3月 島根県鹿島町教育委員会

『講武地区県営圃場整備事業発掘調査報告書2 名分湯戸遺跡群』1986年3月 島根県鹿島町教育委員会

講武地区県営圃場整備事業発掘調査報告書2 名分湯戸遺跡群』1986年3月 島根県鹿島町教育委員会13884_1_名分湯戸遺跡群

加都麻神社跡〈小勝間山跡〉(松江市鹿島町名分)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2023 All Rights Reserved.