美女塚(対馬 豆酘)語り継がれる美女物語「鶴王御前」の悲しい伝承

美女塚の碑は 豆酘(ツツ)の美女の悲しい伝承が記されています  豆酘(ツツ)天神山の麓に 鶴王(ツルオウ)という美しい娘が暮らしていた 年老いた母親をとても大事にし「美しい孝行者の 鶴王御前(ツルオウゴゼン)」との評判が 都に伝わり 采女(ウネメ)として 召し出されることになった時・・ 豆酘に向かって南下する県道24号線の沿道にあります

1.ご紹介(Introduction)

 この場所の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている歴史について ご紹介します

[通称名(Common name)]

美女塚の碑(Monument of The tragedy of a beautiful woman) 
びじょつか のひ

所在 (Location) 

長崎県対馬市厳原町豆酘

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》鶴王御前(Tsuruo-gozen)

【由  (History)】

美女塚物語

 昔、豆酘の天神山の麓に鶴王という美しい娘がいた。
年老いた母親をとても大事にし、村一番の働き手でもあったので、誰言うとなく「美しい孝行者の鶴王御前」とよぶようにな
た。
鶴王御前の評判が、やがて都に伝わり、采女として召し出されることになった
老母を残しての旅立ちに心を痛めた鶴王は、輿をこの村境の「トンモト山」の丘にとめ。
役人に急に小用がしたいといって、道より少し離れた
の中に入り舌をかみきった。
真っ赤な血にそまり、息もたえだえに「美人に生まれたが故に、こんな悲しい思いをして死なねばならない。どうか、いまから、豆酘には美人が生まれないようにお願いします」と言って息絶えた。
 村人たちは、薄幸な美しい孝行娘 鶴王の死を哀れみ、この場所にねんごろに葬り、その上に平石を立て墓石としたという話である  厳原町

現地石板より

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

この場所の予備知識(Preliminary knowledge of this place)

この場所は 由緒(格式ある歴史)を持っています

豆酘(ツツに残る 美女隠しの伝統

対馬は美人が多いとされています これは 評判だけではなく本当のことで 

「初代ミス日本は 対馬の女(ひと)だった」・・洗い髪お妻

詳しくは
「知っとったあ? こんな対馬の歴史!」武末聖子著 をご覧ください
対馬興味深い話が盛りだくさん掲載されています 

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

『国境の島 冊子』より抜粋 「コラム 美女塚伝説より

〈2018年(平成30)3月 編 集 ・ 発 行 長崎県文化観光国際部文化振興課〉

 その対馬の中でも 豆酘(ツツ)の美人を「豆酘(ツツ)美人」と呼ぶようです 
豆酘(ツツ)では 美人すぎると悪い虫が付く不幸が付く〉云い 女性の着物は「はぎとうじん」と言って ハギレを縫い合わせて みすぼらしい成りにして着るそうです
これは 豆酘(ツツ)独特の服装で 美女物語「鶴王御前」の由来からくるのかもしれません 若い女性は手ぬぐいで顔を隠したりしたそうです

コラム 美女塚伝説 

 権力者(殿様)が美女に横恋慕(よこれんぼ)して悲劇の結末、という伝説・昔話は日本各地に残っている。いや世界各地だろう。山口にもあった。姫山という山に因(ちな)んだ伝説で、私は美人に生まれたためにこのような目に遭(あ)う、今後山口には美人は生まれないように、と言い残して自死した。なるほど、だから山口には美人がいないのかと変に納得したような、しないような。人吉の例では、反対に殿様をやっつける、たくましい知恵者の美女もいた。

 ところで、古来美人の里として名高い豆酘の美女塚伝説はこうだ。昔、鶴王御前という美女がいた。彼女は年老いた母と暮らしていたが、采女(うねめ)(官女)として朝廷に召し出されることになり、悲しみのあまり自ら命を絶った。その際、今後豆酘の里には美人が生まれないようにと言い残したという。さすがは豆酘、古代にさかのぼる伝説である。保床(ほどこ)山古墳の存在は采女を差し出した郡司(ぐんじ)クラスの豪族がいたことを裏付けている。その後、豆酘の娘は美人に見られないよう継ぎはぎの絣(かすり)(ハギトウジン)を着たとか。

『国境の島 冊子』2018年(平成30)3月 編 集 ・ 発 行 長崎県文化観光国際部文化振興課
http://nagasaki-bunkanet.jp/wp-content/uploads/2015/03/%E5%9B%BD%E5%A2%83%E3%81%AE%E5%B3%B6%E3%80%80%E5%86%8A%E5%AD%90.pdf 

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この場所に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

采女(ウネメ)とは

大和朝廷で 天皇や皇后に近侍して 食事など身の回りの庶事を専門に行う女官のことで 平安時代初頭までの官職です
地方豪族の姉妹や娘が 中央に貢進されてその役職についたとされます
その中でも 容姿端麗で 高い教養力を持っていたと云われて 天皇のみ手触れる事が許される存在であった為 古来より 男性の憧れの対象となっていまし

『日本書紀』の雄略紀に「采女の面貌端麗、形容温雅」と表現され
『百寮訓要集』には「采女は 国々よりしかるべき美女を撰びて 天子に参らする女房なり『古今集』などにも歌よみなどやさしきことども多し」

とあるように
天皇のとも成りえたので 当時は 采女への恋は命をもって償うべき禁忌とされていました

『万葉集』では 藤原鎌足が 天智天皇から 采女の安見児を与えられた事を大喜びし 又 天皇から特別な待遇を得たことを誇る 有名な歌を紹介します

『万葉集(Manyo shu)』7世紀前半~759年頃 に詠まれる歌

万葉集NO.85

【詠み人】 藤原鎌足(フジワラノカマタリ)

【読み】我れはもや 安見児(ヤスミコ)得たり 皆人(ミナヒト)の 得かてにすとふ 安見児得たり

【意訳】私は 安見児(ヤスミコ)を 私のものにしましたぞ 誰もが手に入れることができないという安見児(ヤスミコ)を

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブ『萬葉集』刊本 寛永20年[旧蔵者]紅葉山文庫 
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000045548&ID=M2014100619504988793&TYPE=&NO=画像利用

Please do not reproduce without prior permission.

対馬にある もう一つの「采女の碑」

波自采女の碑(対馬 豊玉町田 

スポンサーリンク

この場所にお詣り(For your reference when visiting this place)

この場所でお祈りした時の様子をご紹介します

対馬空港から 県道192号経由 県道24号を南下 約19km 車30分程度
豆酘に向かって県道24号線を南下してゆく途中の美女塚公園にあります

Please do not reproduce without prior permission.

 

美女塚の碑(Monument of The tragedy of a beautiful woman) に参着

Please do not reproduce without prior permission.

美女塚の碑にすすみます 両手を合わせ祈ります

美女塚の碑(Monument of The tragedy of a beautiful woman)  (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

おすすめ記事

1

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」のクライテリア(iii)として「古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた 頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて 巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った」と記されます

2

出雲國(izumo no kuni)は「神の國」でありますので 各郡の条に「〇〇郡 神社」として 神社名の所載があります
『風土記(fudoki)』が編纂(733年)された 当時の「出雲の神社(399社)」を『出雲國風土記 神名帳(izumo no kuni fudoki jimmeicho)』として伝える役割をしています

3

大国主神(おほくにぬしのかみ)が 坐(ましま)す 古代出雲の神代の舞台へ行ってみたい 降積った時を振り払うように 神話をリアルに感じたい そんな私たちの願いは ”時の架け橋” があれば 叶うでしょう 『古事記(こじき)』〈和銅5年(712)編纂〉に登場する神話の舞台は 現在の神社などに埋もれています それでは ご一緒に 神話を掘り起こしましょう

4

出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんよごと)は 律令体制下での大和朝廷で 出雲国造が その任に就いた時や遷都など国家の慶事にあたって朝廷で 奏上する寿詞(ほぎごと・よごと)とされ 天皇(すめらみこと)も行幸されたと伝わっています

5

出雲国造(いつものくにのみやつこ)は その始祖を 天照大御神の御子神〈天穂日命(あめのほひのみこと)〉としていて 同じく 天照大御神の御子神〈天忍穂耳命(あめのほひのみこと)〉を始祖とする天皇家と同様の始祖ルーツを持ってる神代より続く家柄です 出雲の地で 大国主命(おほくにぬしのみこと)の御魂を代々に渡り 守り続けています

6

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

7

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

8

對馬嶋(つしまのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳』に所載されている 対馬〈対島〉の29座(大6座・小23座)の神社のことです 九州の式内社では最多の所載数になります 對馬嶋29座の式内社の論社として 現在 67神社が候補として挙げられています

-その他の神社
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© Shrine-heritager , 2024 All Rights Reserved.