伊甚神社(松江市宍道町伊志見)

伊甚神社(いじんじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.所載の出雲郡 神祇官社「伊自美社(いみ)のやしろ」です もとは今の神社より西南の奥にあったが 古く他の二つの社を合わせて三社明神と名づけ 今の社地に移したものと伝わります

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】伊自美社 
読み(いじみ)のやしろ
How to read(ijimi no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】伊甚神社 
読みいしんの かみのやしろ
How to readIshin no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

伊甚神社(Igin shrine)

【通称名】(Common name)

三社大明神(さんしゃだいみょうじん)

【鎮座地】(location)

島根県松江市宍道町伊志見188

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》大年神(おおとしのかみ)
   倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
   武御名方命(たけみなかたのみこと)

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

伊甚神社

鎮座地 島根県松江市宍道町伊志見188番

主祭神 大年神、倉稻魂命、武御名方命

祭日  大祓祭 六月三十日、例祭 十月十九日

境内社 美濃神社

本社は、伊志見宮原にあって、伊志見川より上ること約一粁にある。当社の地は天平年間迄 出雲郷の属地にして出雲風土記に見える伊自美ノ社、延喜式に見える伊甚神社で、中古 意宇郡に属し伊志見村三社大明神と云い 維新以来 旧名に復し伊甚神社と称す。

 社記によると往昔、伊志見国造の祀った神社で、出雲大社と特別の関係があって、維新前までは遷宮毎に出雲大社の古材を受けて造営することになっていた。また、毎年正月十七日 御田植式の神事として、特殊の古伝祭が昭和の初めまで執り行なわれていた。

宍道氷川神社 HPより https://s-jinja.wixsite.com/shinji/about-3

【由緒】(history)

出雲風土記に見える伊自美社、延喜式に見える伊甚神社で、往昔、伊志見國造の祀った神社で出雲大社と特別の関係があったと云われている。
神社史研究会HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

美濃神社《主》氏子の祖霊

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

上総国 埴生郡 伊甚国造(いじみのくにのみやつこ・いじみこくぞう)について

延喜式神名帳927 AD.所載の出雲国 出雲郡 伊甚神社と関係があります
伊甚氏(いじむうじ)〈姓は直(あたい)は 『古事記』などでは 出雲臣の同族とされています

伊甚国造(いじみのくにのみやつこ)は 律令国(りつりょうこく)の上総国埴生郡 千葉県茂原市長生郡長南町睦沢町の一部を支配した国造です

『先代旧事本紀』「国造本紀」『日本書紀』は伊甚(いじみ)国造
『古事記』は伊自牟(いじむ)国造

『先代旧事本紀』「国造本紀」では 第13代 成務天皇の(131~181)に安房(阿波)国造の祖・伊許保止命(いこほとのみこと)の孫 伊己侶止直(いころとのあたい)を国造に定めたとされます

『日本書紀』では 第27代 安閑天皇元年(534年)4月1日条に 伊甚国造・伊甚直稚子いじみのわくご)について記しています
伊甚直稚 内膳卿膳臣大麻呂に珠(真珠)を求められたが 京に詣でるのが遅れ 期日までに珠(真珠)を献上できなかった このため膳臣大麻呂に捕らえられ尋問され 恐れて春日皇后の寝所に逃げ込んだが 皇后を驚かし気絶させてしまい みだりに後宮に入った闌入罪も加わり罪科は重大であった 稚子らは贖罪を請い 春日皇后に伊甚屯倉(いじみのみやけ)を献上したと記されています

伊甚屯倉(いじみのみやけ)設置以前は 夷灊郡(いすみのこおり)も支配していたと考えられています

伊甚国の国府のあった現 いすみ市苅谷の国吉地区にある「國吉神社」は 境内社として「出雲大社の分院」「日御碕大神」も祀られています
由緒書きによれば この地を治めていた伊甚国造が春日皇后に屯倉(御料地)を献上し、勅使を迎える為の仮屋が設けられた地として 伊甚国造(いじみのくにのみやつこ)と出雲との関わりについて記しています

國吉神社(いすみ市苅谷)& 出雲大社上総教会

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR山陰本線 荘原から県道196号を東へ 山陰道宍道インター方向へ川に沿いながら北上 約1.5km 車5分程度

ちょうど境内の地ならし工事中
伊甚神社(松江市宍道町伊志見)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

工事の邪魔にならぬように拝殿に向かいます
賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿と続きます
本殿の横には境内社がありお参りをします

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』意宇郡 伊志美 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

三社明神」と記され
「延喜式 伊甚神社と記す 伊志美村 古は出雲郡の内なり  意宇郡に属す
 風土記に載る伊自美社は是なり

本社四尺と五尺 南向き
縁起と称して一軸あり 文字分明ならず 祭祀 正月十七日 九月十九日 と記しています

『原文』参照

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.出雲郡 にある伝承

意訳

『 伊甚神社

風土記に同じ 伊自美社とあり 
伊自美村  意宇郡に属す の三社大明神といふ
若経津主命(わかふつぬしのみこと)をいつき祭るなるへし

神殿 四尺と五尺 南向き 祭日 正月十七日 九月十九日

〇和名鈔 上総国 夷灊郡(いしみのこおり)伊志美(いしみ)

『原文』参照

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

【意訳】

伊自美社(いみ)のやしろ

今は八束郡 宍道村(しんぢむら)に属する。
伊自美の小川の川口より遡ること七町半にして神社がある。

これが延喜式にいふ伊甚神社(いしむの かみのやしろ)であって、イナヅチの神を祀る。
もとは今の神社より西南の奥にあったが、古く他の二つの社を合わせて三社明神と名づけ、今の社地に移したものである。 

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

伊甚神社(松江市宍道町伊志見)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.