鳥屋神社(出雲市斐川町鳥井)

鳥屋神社(とりやじんじゃ)は 出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載の出雲郡 神祇官社「鳥屋社(とや)やしろ」とされます かつては 建御名方命(タケミナカタノミコト)が 投げられた千引きの岩内海に立ち そこへ多くの鵠(白鳥)が群った その岩の上にご鎮座されていたとの事

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】鳥屋社 
読み(とや)やしろ
How to read(toya no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】鳥屋神社 
読みとりやの かみのやしろ
How to readToriya no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

鳥屋神社(Toriya shrine)

【通称名】(Common name)

出雲国諏訪大明神いずものくにすわだいみょうじん

【鎮座地】(location)

島根県簸川郡斐川町大字鳥井815

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》建御名方神たけみなかたのかみ
   大国主神おおくにぬしのかみ
   事代主神ことしろぬしのかみ
   少名彦神すくなひこなのかみ
   八十神やそがみ
   天菩比神あめのほひのかみ
   天若日子神あめのわかひこのかみ
   天照大神あまてらすおおみかみ
   八百万神やおよろずのかみ
   宇加之魂神うかのみたまのみこと
   疫神やくのかみ

【御神格】(God’s great power)

國家安泰・家内安全・五穀豊穣・諸産業繁栄・無病息災・長寿守護・厄除開運・勝運

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

鳥屋社(とやのやしろ)と建御名方命(タケミナカタノミコト)

 古事記、国譲りの条に「国譲りに最後まで反抗された、出雲国唯一剛勇の神 建御名方命は、高天原(たかまがはら)からの国譲り交渉の使者 建御雷命(タケミカヅチノミコト)に対して、千引(ちび)きの岩を両手で捧げ“が国に来てわけも無いのに国を譲れとはけしからん”と、その岩を投げつけられた。しかし、建御雷命は巧みにそれを避けて反撃。二神の争いはしばらく続いたが、建御名方命の力及ばず信濃国(しなののくに)の諏訪まで逃げられ、ついに降参され国譲りを認められた」とある。
 投げられた千引きの岩は内海に立ち、そこへ多くの鵠(白鳥)が群がった。里人達はその風景がまさに鳥小屋のように見えたので、この地が鳥屋という地名になった。そしてその岩の上に建御名方命ご鎮座の鳥屋社が造営されている。

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

神代の時代出雲国多芸志小汀(多芸志が今武志に変わった。現在出雲市武志町に小汀の姓もあります)の所で国譲りがありました。〈中略〉 大国主神・事代主神等が国を譲りましたが、しかし建御名方神は承知されず使いの神に力比べをして、勝ち負けによって事を決めようではないか・・・
神社史研究会HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

・稲荷神社
・伊勢宮
・八百萬社
・荒神社
・社日社
・龍王社
・厄神社

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

延喜式神名帳927 AD.所載の「鳥屋」の名を持つ神社 四か所の論社について

①陸牡鹿鳥屋神社

・鳥屋崎神社(石巻市山下町) 

・羽黒山鳥屋神社(石巻市羽黒町)

陸奥國 伊具郡 鳥屋嶺神社

鳥屋嶺神社(丸森町除北)

➂能登能登郡 鳥屋比古神社

鳥屋比古神社中能登町春木ナ

出雲國 出雲郡 鳥屋神社

鳥屋神社(出雲市斐川町鳥井)

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR山陰本線 直江駅から北西へ2.2km 車10分程度

斐伊川対岸にある旅伏山を見ながら 斐川町鳥居へ向かいます
低地であり斐伊川度重なる氾濫によって遷座を重ねたのも頷けます

Please do not reproduce without prior permission.

斐伊川右岸の水田中に鎮守の杜があります

Please do not reproduce without prior permission.

鳥屋神社(出雲市斐川町鳥井)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして 鳥居をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『日本書紀(Nihon Shoki)〈養老4年(720)編纂〉』に記される伝承

鳥屋神社の社伝には「垂仁天皇の皇子誉津別命また湯河桁命をも斎奉りて、鵠鳥を捕えしめ玉ひし時の古跡なり」とあります

第11代 垂仁天皇の条に「鳴鵠(クグイ)出雲に至って捕獲」と記されています

【意訳】

垂仁天皇 即位23年の秋9月2日
群卿(マウチキミタチ)に天皇は詔り
「譽津別王(ホムツワケノミコ)は 生まれ既に三十 胸までヒゲが伸び なお泣く子供の如く 言葉は何も言わない 何ゆえだろう
それで色々と議論をしました

冬10月8日
天皇は 宮殿の前に立ち 譽津別皇子(ホムツワケノミコ)も侍りました
そのとき鳴鵠(クグイ)が 大虚(オオゾラ)を渡りび 皇子は鵠(クグイ)を見て言いました「これは何物だ
天皇は皇子が鵠を見て言葉を発したと喜び 左右(モトコヒト)〈側近〉に言いました。
「誰か この鳥を捕らえられるか
そこで 鳥取造祖(トトリノミヤツコノオヤ)天湯河板舉(アメノユカワタナ)奏上しました
「臣(ヤッコ)が必ず捕らえて献上いたします」
天皇は湯河板舉(ユカワタナ)に勅す
板舉は拕儺(タナ)と読みます
がこの鳥を献上したら 必ず篤く褒賞を与えよう」
その時 湯河板舉(ユカワタナ)は 遠くに鵠が飛んでいる方角を見て 追いかけ追いかけて 出雲に至って捕獲しました
あるいは但馬国で得たとも言う

11月2日
湯河板舉(ユカワタナ)は 鵠(クグイ)〈白鳥〉を垂仁天皇に献上しました 譽津別命(ホムツワケノミコト)は その鵠(クグイ)で遊ばれ ついに言葉得ました

それで湯河板舉に 篤く褒賞され 姓を賜わり 鳥取造としました
また鳥取部(トトリベ)鳥養部(トリカイベ)譽津部(ホムツベ)を定められました

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『日本書紀』(720年)選者 舎人親王/刊本 文政13年 [旧蔵者]内務省https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047528&ID=M2017042515415226619&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブ『日本書紀』(720年)選者 舎人親王/刊本 文政13年 [旧蔵者]内務省https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047528&ID=M2017042515415226619&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』出雲郡 鳥屋 にある伝承

斐伊川度重なる氾濫によって遷座を重ねたようで 『式内社調査報告』は「『雲陽誌』鳥屋神社の項に・・寛永年中建立の棟札ばかりなり」とある如く、寛永以前のこの地は斐伊川東流の分岐点にあたり、数度の氾濫によって当社の変遷も大きかったと想像される。同神社の棟札を見ても、再興と記された棟札が寛永二年(一六二五)、慶安三年(一六五〇)、寛文二年(一 六六一)、享保十一年(一七一六)、宝暦十年(一七五一)、安永五年(一七七六)、寛政五年(一七八九)と七回を数えられるのもこれを物語るものと考えられる」とあります

『雲陽志(unyo shi)では

鳥屋神社」と記され
風土記 延喜式に載る社なり 建御名方命(たけみなかたのみこと)を祀る 本社 八尺に九尺 拝殿 二間に三間
寛永年中 建立の棟札ばかりなり 祭日 五月朔日 九月十九日神事あり」 と記しています

『原文』参照 

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.出雲郡 にある伝承

意訳

『 鳥屋神社

風土記に同じ 出雲鳥屋村 鳥屋神社これなり
建御名方命祭る
神殿八尺に九尺 拝殿二間に三間
祭日 五月一日 九月十九日

陸奥牡鹿鳥屋神社
能登能登郡 鳥屋比古神社あり

大社と謡に第四には とや大明神 信濃諏訪明神即ち現し
この社を建御名方なりといふ古く言に伝いる事あり

『原文』参照 

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

【意訳】

鳥屋社(とや)やしろ

今の伊波野村の北部に 鳥屋大明神(とやだいみょうじん)といひ 建御名方命(たけみなかたのみこと祀る  

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

鳥屋神社(出雲市斐川町鳥井)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.