加毛利神社(出雲市斐川町神氷)

加毛利神社(かもりじんじゃ)は カニモリ(蟹守)の子孫神が 日向の宮崎から船で当地の船子山に着き 宮崎大明神としてお祭りしたのが始まりと伝わり 出雲風土記733 AD.所載の出雲郡 神祇官社「加立利社(かもり)のやしろ」 延喜式神名帳927 AD.出雲郡「加毛利神社」とされます 

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】加立利社 
読み(かもり)のやしろ
How to read(kamori no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】加毛利神社 
読みかもりのかみのやしろ
How to readKamori no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

加毛利神社(Kamori shrine)

【通称名】(Common name)

宮崎明神(みやざきみょうじん)

【鎮座地】(location)

島根県簸川郡斐川町神氷1779

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》天津日高彦火火出見命あまつ ひだかひこ ほほでみのみこと
   豊玉毘売命(とよたまひめのみこと)
   天津彦瀲武鵜草葺不合命
   (あまつ ひこなぎさたけ うかやふきあえずのみこと

《配》大歳御祖命(おおとしみおやのみこと)
   御年神(みとしのかみ)

【御神格】(God’s great power)

安産祈願・子供成長祈願

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

加毛利神社 略記(大社造り)

◎祭神 主祭神 天津日高彦火火出見命
    配祀神 豊王毘売命
        天津日高日子波武鵜草葺不合命

◎由緒
 カニモリ(蟹守)の子孫神が、天照大御神の御孫、ヒコホホデミノミコトお后のトヨタマヒメノミコト、その御子ウガヤフキアエズノミコトの三柱神の卸分霊を奉じ、日向の宮崎神宮から船で当地の船子山に着き、宮崎大明神としてお祭りしたのが始まりである。
 創立年代は不詳であるが、出雲国風土記(七三三年)記載の神祇官社、延喜式神名帳登載社であり、古くから地元の守り神として崇敬護持されて来た由緒深い神社である。現存する最古の棟札は寛文年(一六六五)松平直政公の時代に行われた修繕の際のものである。

◎神社名および地名の由来
 豊玉毘命が鵜草葺不合命をご出産の時、周りに多くのカニが集まったため、側に仕えていた神がカニを掃いて命をお守りした。命は大層お喜びになりその神に「蟹守」の名を与えられた。
後にカニモリ→カモン(掃部)→カモリ(加毛利)→神守、と変わり今日に至っている。

※御崎さん (境内神域)祭神 玉依毘売命(豊玉毘売命の妹神)
 御本殿の左側にあり、氏子有志によって勧請し奉祭されている。

※烏居のないお宮
 加毛利神社には鳥居が無い。これは御祭神が天つ神あり国つ神の大国主命を祭る出雲大社より大きい鳥居でなくてはならないということから建てられていない。従って氏子の家も門を造らないという。

※大歳神社 祭神 大歳神(素佐之男命の御子・国つ神)
 以前は、加毛利神社の境内にあつたが、現在は「上(かみ)の宮」として、川田の丘に移し祭られている。

祭日 加毛利神社 十月十九日
   大歳神社  四月 九日
社頭

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

加毛利(かもり)神社

 出雲国風土記に「加毛利社」と記されている

主祭神 天津日高彦火火出見命(あまつひだかひこほほでみのみこと)

由緒 社伝によると、ご祭神の御子神ウガヤヒキアエズノミコトがお生まれになったとき、産殿に沢山の蟹(かに)が寄って来たのて、命の家来が毎日掃き除いた。これを蟹守りといわれるようになり、後それが掃部(かもん)という宮中の高い役名となった。
その蟹守りの後裔が主祭神と后神、御子神の三柱の神を船に乗せてはるばる出雲のこの地に来て住んた。そしてここに三神を祀り加毛利社と称したとある。
現地案内より

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社】(Other deities within the precincts)

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR山陰本線 直江から東南方向へ約2km 車5分程度

出西岩樋新建川に合流する手前に鎮座します
加毛利神社(出雲市斐川町神氷)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居や狛犬などが無い 珍しい神社です

神社の由緒書きありましたが
※烏居のないお宮
 加毛利神社には鳥居が無い。これは御祭神が天つ神あり国つ神の大国主命を祭る出雲大社より大きい鳥居でなくてはならないということから建てられていない。従って氏子の家も門を造らないという。

平成六年 正遷宮の記念碑があります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の扁額には「延喜式内 加毛利神社」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼して 参道を戻ります 

Please do not reproduce without prior permission.

加毛利神社の前を川出西岩樋が流れています 橋の対岸は 新川を造る際に掘削された一部が残っています

Please do not reproduce without prior permission.

ここより西に200m程の所に在ったとされる「船子山」〈カニモリ(蟹守)の子孫神が 日向の宮崎から船で当地の船子山に着き 宮崎大明神としてお祭りしたされる〉も 新川開墾の時 その川筋にあたって無くなったとされています

スポンサーリンク

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『古語拾遺(kogojui)〈大同2年(807年)〉』に記される伝承

掃守(かもん)の由来掃部連の遠祖 天忍人命が箒を作蟹を払ったについて 記しています

【意訳】

天祖(アマツミオヤ)彦火尊(ヒコホノミコト)は 海神(ワタツミ)の娘の豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)を娶って 彦瀲尊(ヒコナギサノミコト)を生まれた 誕育(ヒタシアツル)ときに 海浜に室を建てる時 掃守連(カニモリノムラジ)の遠祖 天忍人命(アメノオシヒトノミコト)は共に仕えて箒(ホウキ)を作り蟹(カニ)を掃き また鋪設(シキモノ)〈祭祀に必要な祭具類を祭場に準備するを掌り 遂に職(ツカサ)の名前として蟹守(カモン・カニモリ)と言
[今の俗にいう 掃守カモンと言うのはこの事が伝えられて居るためである]

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『訂正古語拾遺』選者:斎部広成 大同2年(807年)編纂/校訂者:猿渡容盛 刊本,明治02年,木村正辞https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047473&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』出雲郡 神守 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

「宮崎明神」と記され
鵜草葺不(うかやふきあえずのみこと)なり
延喜式神名帳に加毛利神社とあり

本社一間半 拝殿二間と三間
慶長七年建立の棟札あり 祭日 九月十九日なり

本社より二町あまり西に船山あり 社家者流 この神の御舟山といふ 土人 船子山ともいふ」 と記しています

『原文』参照

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.出雲郡 にある伝承

意訳

『 加毛利神社Kamori no kamino yashiro)

風土記に同じ 一本 毛を立と誤り
神守村にある宮崎大明神をいふ 鵜草葺不尊を祭るといえり 

神殿 一間半 拝殿二間と三間 祭日 九月十九日なり

〇この社より二町計 西の方に御舟山あり 土俗 舟子山というべし』

『原文』参照

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

カニモリ(蟹守)の子孫神が 日向の宮崎から船で当地の船子山に着き 宮崎大明神としてお祭りしたされている「船子山」について 新川開墾の時 その川筋にあたって無くなった と記しています

【意訳】

加毛利社(かもりのやしろ)

今の出西村 氷室(ひむろ)に宮崎明神(みやざきみょうじん)ともいひ、鵜草葺不(うかやふきあえずのみこと)を祀る。
日向国宮崎から移り来つた掃部(かもりべ)が祀ったものであろう。
加毛利社から西二町ばかりにあった船子山(ふなこやま)は、宮崎明神を乗せ来つた船の着いた所といふ話であったが、新川開墾の時、その川筋にあたって無くなった。   

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

加毛利神社(出雲市斐川町神氷)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.