岩坪明神(出雲市東神西町)〈奈賣佐社の旧鎮座地〉

岩坪明神(いわつぼみょうじん)は 出雲風土記733 AD.神門郡 神祇官社に 二つある「奈賣佐社(なめさ)のやしろ」の一つで 大国主命と須佐之男命の御子で この里の岩坪で生誕せられたという須勢理姫(すせりひめ)命を娶り (かよ)坐(まし)ました所とされます

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】奈賣佐社
読み(なめさ)のやしろ
How to read(namesa no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 神門郡(kando no kori)

【社名】同[那賣佐]社坐 和加須西利比賣神社
読みおなじきやしろにまします わかすせりひめの かみのやしろ
How to readOnajikiyashironimashimasu Wakasuserihime no mikoto no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

岩坪明神(Iwatsubo myojin)〈奈賣佐社の旧鎮座地

【通称名】(Common name)

岩坪(いわつぼ)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市東神西町

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

・岩坪明神(いわつぼみょうじん)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社の旧鎮座地
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社の旧鎮座地

【創建】(Beginning of history)

岩坪

岩坪(いわつぼ)は、「出雲国風土記」に『なめしいわ』として記されている史跡です。滑らかな岩に流れる水で大小の甌穴(おうけつ)があり、大国主命(おおくにぬしのみこと)の妻・須勢理姫命(すせりひめのみこと)がここで産湯を使われたという伝説が残っています。

岩坪説明板
 甌穴とは、急流の川床の岩面にできる鍋状の穴のことを言います。砂粒が穴の中に入って流水によって回転したことで、長い間に岩にくぼみを作ったと考えられています。

 直径50~250cm、深さ20~140cmのものが5つあり、令和2年2月22日に「神西(じんざい)の岩坪」として出雲市の天然記念物に指定されました。

出雲市経済観光部 観光課HPより
https://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1614663640377/index.html

【由緒】(history)

岩坪

出雲国風土記』(七三三年)には、ここに須佐能袁命(すさのをのみこと)の御子、和加須西賣命(わかすせりひめのみこと)が住んでおられ、そこへ大国主命が通ってこられた時、この谷川の水が岩面を滑らかに流れる様子を見て「滑(なめ)し盤石(いわ)なるかも」と仰せられたので、この地方(神西・江南)を滑狭郷(なめさのさと)というようになった、と述べている。即ち郷名の発祥地は、此処、岩坪の地である。

また雲陽誌一七一七年)には、尺四方の岩穴が五つあっ岩坪といい近くに二神を祀る岩坪明神(那売佐神社のこと)があると記述されている。

更に出雲国式社考には、この岩坪は、ふだんは砂を満たしているが、旱魃(かんばつ)、これを掘り出し雨乞いすれば忽ち雨が降るという伝説があることも記載されている。
一般に甌穴(おうけつ)とは、急流の川床の岩面にできる鍋状の穴をいう。円い礫が穴の中に入って流水によりこれが回転し、永い間に岩面に大きなくぼみをつくったと考えられる。
この岩坪は、古い文献にもみられる貴重な天然記念物であり史跡である。

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記733 AD.』に 二つある「奈賣佐社(なめさ)のやしろ」について

①一社は 『延喜式神名帳927 AD.の「那賣佐神社」
現在の那賣佐神社(出雲市東神西町)

➁一社は 『延喜式神名帳927 AD.の「同[那賣佐]社坐 和加須西利比賣神社
現在は那賣佐神社(出雲市東神西町)に合祀されている岩坪明神

合祀の時期については 出雲風土記733 AD.』では別々に記されていて 

『延喜式神名帳927 AD.には「同社坐(おなじきやしろにまします)」と記されていますので すたでに合祀されていると考えられます
この事から 合祀年代は733~927年の間とされています

・那賣佐神社(出雲市東神西町)

合祀されている岩坪明神の旧鎮座地について

・岩坪明神〈神霊を那賣佐神社に平安時代 合祀〉

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR山陰本線 出雲神西駅から 九景川を遡るように約800mほど南下します

史跡 岩坪入口の石碑が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

川のたもとに鳥居が建ち 祠が祀られています

岩坪明神(出雲市東神西町)〈奈賣佐社の旧鎮座地に参着

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

川へ降りると 滑らかな岩の上に 5つの岩坪があります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.島根郡にある伝承

岩坪明神から 滑狭(なめさ)と名付けられたと記されています

【意訳】

滑狭郷(なめさのさと〈現 出雲市神西地域辺り

郡家の南西八里の所

須佐能表命(すさのをのみこと)の御子(みこ)和加須世理比賣命(わかすせりひめのみこと)坐(まし)ます時に 所造天下大神命(あめのしたつらししおほかみのみこと)〈大国主命〉が (めと)りて 通い(まし)ます時に (そ)の社の前に(いわ)あり 其上(そのうえ)は (はなは)だ滑(なめらか)かなり これ即ち 石哉(なめらかな いし なり)と詔う
故に 南佐(なめさ)と云う 神亀三年字を滑狭(なめさ)と改む

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』神門郡 東神在 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

東神在岩坪と記され

風土記に載る 滑磐石これなり 高倉明神の社より 南の方 二十にあり
磐面一丈八尺ありて 長さ十五間 流水 石上を落ちてふれても滑らかなり 半腹に二三尺四方の岩穴 五あり これをもって世俗 岩坪といふ この水 岩下に流れて潤水と合せて波根坂をへて神西の湖に入る

東神在高倉明神」と記され

「延喜式に那賣伎神社と書き 風土記に波加佐社 奈賣佐社あり
大己貴命 和加須西利比賣命をあわせ祭り 今 俗に 岩坪明神〈現 那賣佐神社(出雲市東神西町)といふ 波加佐山に鎮座なり
滑磐石(なめりいし)とするいち 本社の南百二十歩にあり
文明年中より永正 大永 永禄まで造営の棟札あり」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

【意訳】

那賣佐神社

風土記に同じ 二社あり 式 今本 佐を伎と誤り
東神西村なり 高倉明神の社をいふ

風土記に
滑狭郷(なめさのさと
須佐能表命(すさのをのみこと)の御子(みこ)和加須世理比賣命(わかすせりひめのみこと)坐(まし)ます時に 所造天下大神命(あめのしたつらししおほかみのみこと)(めと)りて 通い(まし)ます時に (そ)の社の前に(いわ)あり 其上(そのうえ)は (はなは)だ滑(なめらか)かなり これ即ち 石哉(なめらかな いし なり)と詔う
故に 南佐(なめさ)と云う 神亀三年字を滑狭(なめさ)と改むとあり

今 このより東の方 百二十あたりに 滑らかなる磐あり 磐面広さ一丈八尺余り 長さ十五ばかりあり 山水その石上を流れて清に見ゆる その磐面を穴 五つあり
里俗 これを岩坪といふなり この岩坪に常は沙満ちてあり雫する時 この沙ほ取り出せば惣雨降るといへり 昔は ここに社あり 今は波加佐山にありて 岩坪明神〈現 那賣佐神社(出雲市東神西町)と申すなり 大穴持命 若勢利比賣命合祭るといへり
文明 永正 大永の頃の棟札あり・・・・・・・・・

同社坐 和加須西利比賣神社

風土記に同名二社の内なり 今 岩坪明神に併祭るなり

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

奈賣佐社(なめさ)やしろ

東神西(ひがしじんざい)の高倉大明神〈現 那賣佐神社(出雲市東神西町)〉であって、伊弉冉命(いざなみのみこと)を祀る。

【意訳】

奈賣佐社(なめさ)やしろ

東神西(ひがしじんざい)の岩坪大明神であったが、今は高倉大明神〈現 那賣佐神社(出雲市東神西町)〉に合せ祀る。祭神は須世理比賣命であって、大己貴命を合せ祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

岩坪明神(出雲市東神西町)〈奈賣佐社の旧鎮座地 (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

”時の架け橋” 大国主神(おほくにぬしのかみ)
『古事記』に登場する神話の舞台 の記事を見る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.