多倍神社(出雲市佐田町反邊)

多倍神社(たべじんじゃ)は 須佐之男命八岐大蛇(やまたのおろち)を斬り玉の御神霊を祀るとあり 命が鬼の大将を退治し その首を埋めその蓋になさった首岩」が祀られています 出雲風土記733 AD.』所載の飯石郡 神祇官社「多倍社(たべ)のやしろ」の論社です

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 飯石郡(iishi no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】多倍社
読み(たべ)のやしろ
How to read(tabe no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 飯石郡(iishi no kori)

【社名】多倍神社
読みたへの かみのやしろ
How to readTahe no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

多倍神社(Tabe shrine)

【通称名】(Common name)

・剣さんつるぎさん
・剣大明神つるぎだいみょうじん

【鎮座地】(location)

島根県出雲市佐田町反邊1064

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》須佐之男命(すさのをのみこと)

《合》足仲彦命 誉田別命 息長足姫命 湯山主命 稲田姫命 和田津見命

【御神格】(God’s great power)

五穀豊穣・厄除・縁結・商売繁盛・諸願成就

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年不詳

【由緒】(history)

多倍神社(元県社)御由緒

.祭神 須佐之男命
「棟札(むなふだ)」に須佐之男命 八岐大蛇(やまたのおろち)を斬り玉の御神霊を祭る。故に里人(さとびと)明神という。
 このお宮は大変古い神社で千三百年前にすでに国の神祇官という役所の神社名簿に多倍社(たへのやしろ)として記されていた「官社」であります。
「式内(しきない)社」と申しますのは、これ又千百年前につくられた「延喜式」とい国の書物にも「小社 多倍(たへの)神社」として記載されていますので延喜式の内に記されている神社で式内社と申します。

.合祀の神々
宇佐八幡(高櫓八幡)  明治 六月合祀
石清水八幡       明治四十七月合祀
河内神社        同
湯村神社        同
以上四社九柱の神々を合祀して今日に至る。

.社殿
大社造りの変態 明治二十年新造、七尺(2.2m)四方、四方に廻り縁勾欄をめぐらす。階は本殿の中央に設け御拝(ごはい)をつくる。この様式が大社造りの変態といわれる所以(ゆえん)である。

.境内末社
1.稲荷(いなり)社  倉稲魂命(うがのみたまのみこと)農工商の守護
2.厳島(いつくしま)社 市杵島比売(いちきしまめ)命 海運の神
3.随神門 左右に兵仗を帯びた二体の神像を安置せる門。
  左神=豊磐門戸命(とよいわかとのみこと)(矢大臣)
  右神=奇磐戸門命(くしいわかとのみこと)(左大臣)

.伝説「首岩」について
 御本社のま後に玉垣をめぐらした二つの大岩をいう。直径約4m高さ2.5mその形は、笠を伏せたようだ。そのうしろに径4m2m厚さ1.2mの岩が倒れかかるように重なっている。
「社説」によるとこの神社より北方500mの所に怪岩奇嶂(かいがんきしょう)あり「鬼の窟(むくろ)」という。(目田観光歩道が通ずる)天井岩、千畳岩、腰のし岩、地獄岩等ありて往古(むかし)鬼共の住める巣窟(そうくつ)であった。この鬼の大将を多倍神社の祭神 須佐之男命が退治したまい、その首を埋めその蓋になさったという岩がこの首岩であると。
 私たちの先住民族の間には、奇岩、怪石又は神秘(ふしぎ)なことが現れたりする大木、山岳、瀧等々神が宿るとしてこれを信仰(しんこう)の対象として祀(まつ)る風習があった。この首岩も石神(せきしん)信仰の一つとして始めはこの岩が多倍神社の御神体として崇敬されていたのではなかったかと言われている。

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社】(Other deities within the precincts)

随神門《主》左神=豊磐門戸命(矢大臣)右神=奇磐戸門命

Please do not reproduce without prior permission.

稲荷社《主》倉稲魂命

Please do not reproduce without prior permission.

厳島社《主》市杵島比売命

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

天十握(あめのとつかのつるぎ)」の御神霊を祀る
八岐大蛇(やまたのおろち)を斬り玉

多倍神社は 「須佐之男命(すさのをのみこと)が 八岐大蛇(やまたのおろち)を斬り玉の御神霊を祭る。故に里人(さとびと)明神というと伝わります

須佐之男命 鬼の大将を退治し その首を埋めその蓋になさった首岩」が祀られています 鬼を退治された時には この剱を用いたのかもしれません

このヤマタノオロチをり倒した神剣は「天十握(あめのとつかのつるぎ)」と云います

多倍神社の伝承に「剱の霊を祀る」と伝わる意味を考えるとき
当初八岐大蛇(やまたのおろち)を斬り玉頃より〉は 多倍神社に御神体として「天十握」が祀られていた可能性を想います

なぜなら 須佐之男命(すさのをのみこと)が 八岐大蛇(やまたのおろち)を斬り玉処〈場所〉は 出雲の地〈島根県〉です しかし この神剣は 現在は 大和〈奈良県〉の天理市の石上神宮(いそのかみじんぐう)祀られています

剱は「剱の霊」として 出雲の地に残っているのかもしれません

多倍神社随身門の軒下に掲げられている赤い色をした古いには 剱の文字が施されています

Please do not reproduce without prior permission.

出雲国から 大和〈大和朝廷〉へと渡った神剣

この神剣は 別名を「天羽々斬(あめのはばきりのつるぎ)」とも云い
物部(もののべ)氏により「布都斯魂剣(ふつのみたまのつるぎ)」として「石上布都魂神社(いそのかみふつみたまじんじゃ)岡山県赤磐市石上に御神体として祀られていました

その後 更に 第10代 崇神天皇7年BC91年
「石上坐布都御魂神社(いそのかみにますふつのみたまじんじゃ)〈現 石上神宮(いそのかみじんぐう)奈良県天理市に遷されたとされます 現在も 石上神宮(奈良)では 布都斯魂(ふつみたま)として祀られています

出雲風土記733 AD.』所載の飯石郡 神祇官社「多倍社(たべ)のやしろ」の論社について

・多倍神社

・多根神社

※参考・大原神社(奥出雲町上阿井)
 

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR出雲市からR184号経由 20.2km 車30分程度
神戸川を遡るように南下し 佐田町で支流の須佐川から 更に波多川に沿って県道185号を進み 反辺谷川との分岐辺りで 北側の山道に入ると鎮座します

鳥居が建ち 扁額には「式内 多倍神社」と記されています
多倍神社(出雲市佐田町反邊)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして鳥居をくぐると 石垣の上に注連縄の懸かる隋神門があり その正面に拝殿が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿にも注連縄がかかります

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

不思議なのは 本殿の真後ろに玉垣をめぐらし中に二つの大岩祀られていることです

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

二つの大岩直径約4m高さ2.5mは 伝説「首岩」云われていて
「社説」によると 神社より北方500mの所に「鬼の窟(むくろ)」という所があり 往古(むかし)鬼共の住める巣窟(そうくつ)であった この鬼の大将を多倍神社の祭神 須佐之男命が退治したまい その首を埋めその蓋になさったという岩がこの首岩であると 伝わっています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

つまり祟りを鎮めておられる 深々と一礼をして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』飯石郡 反倍 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

反倍「剱明神」と記され
旧記に飯石郡反倍 反倍村 多倍社あり この宮をいふ」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

多倍神社の論社として 三説を紹介して 最も古義に近いのが 多祢郷に坐ます六所明神〈現 多根神社(雲南市掛合町多根)〉が『出雲国風土記』にあると記しています

【意訳】

多倍神社

風土記に同じ 多倍を多位に作る本あり

風土記鈔に多倍社は須佐郷 反部(たんへ)村 剣明神社をいふとあり
島根郡山口郷条に須佐能鳥命 御子 都留支日子命といふ この神をまつるなり

又 倍は 祢の誤りにて 多祢神社かさらは 多祢郷に坐ます六所明神ならんか
又 位ならは田井社にて 田井郷 吉田村 杦戸明神社(すぎとみょうじんしゃ)にて真龍にいへり

この三説の内 多祢郷云う六所明神といふそ古義に近からん 風土記に多根郷云々
所造天下大神(あめのしたつくらししおおかみ)大穴持命(おほなもちのみこと)と須久奈比古奈命(すくなひこなのみこと)
天下を巡り行きし時 稲種(いなだね)をここに随(のこ)す故に種(たね)という
神亀三年字を多称(たね)に改む とあらむ

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

式内社 多倍神社の論社として 三説ある中で 多祢郷に坐ます六所明神〈現 多根神社(雲南市掛合町多根)〉を 記しています

【意訳】

多倍神社

祭神
今按〈今考えるに〉
雲陽誌に反部村 剣大明神と称すといひ 巡拝記と云うものに素戔嗚尊を祭るとあるはいかが
多倍と云う社号 又 この神の在す地名を反部といひ 風土記 多禰郷の故事など自然 多米連米宿祢の祖に由縁なきか 多米は食物を掌る氏人なる事 姓氏録 多米連は 多米連米宿祢 同祖 神魂命五世孫 天日和志命之後なり 成務天皇御代 仕奉 炊式賜 多米連なり 
又 多米連米宿祢 同神五世孫 天日鷲命之後なり 成務天皇御代 仕奉 大炊寮御飯香美特賜嘉名などあるを思うべし 所在條を併せ考えなほ寶地に就いてよく訂さまほしき事なり

所在
今按〈今考えるに〉
式社考に
風土記に同じ 多倍を多位に作る本あり 風土記鈔に多倍社は須佐郷 反部(たんへ)村 剣明神社をいふとあり
又 倍は 祢の誤りにて 多祢神社かさらは 多祢郷に坐ます六所明神ならんか
又 位ならは田井社にて 田井郷 吉田村 杦戸明神社(すぎとみょうじんしゃ)にて真龍にいへり

この三説の内 多祢郷云う六所明神といふそ古義に近からん 風土記に多根郷云々
所造天下大神(あめのしたつくらししおおかみ)大穴持命(おほなもちのみこと)と須久奈比古奈命(すくなひこなのみこと)
天下を巡り行きし時 稲種(いなだね)をここに随(のこ)す故に種(たね)という
神亀三年字を多称(たね)に改む とあらむ と説へり

この説なほ如何なれど 録にも按するに 風土記和名鈔等に多禰郷あり 禰と倍と音通をもて後世訛れるには非るか
巡拝記の旨にては多禰郷はこの邊とは隔たる所と見えたれど 彼郷より更に遷しし故 旧の地名を称ししにやあらん 猶考ふべしといへれば旁考証の料にあつ

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

多倍社(たべ)のやしろ について 反部(たんべ)の剱大明神〈多倍神社(出雲市佐田町反邊)〉と記しています

【意訳】

多倍社(たべ)のやしろ

反部(たんべ)の剱大明神(つるぎだいみょうじん)であって、須佐能乎命を祀る。
上多根の多根神社を多倍社に充てようとするものがあるが、これは明治初年の頃から起こったことである。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

多倍神社(出雲市佐田町反邊)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.