宿努神社(出雲市多久谷町)

宿努神社(すくねじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.』で御祭神 天御梶姫命あめのみかじひめのみこと)が 多伎都彦命(たきつひこのみこと)をお産みになられたとする盾縫郡の神名樋山(かんなびやま そこから流れ下虹が滝」をご神体とすると伝わり 楯縫郡 不在神祇官社「宿努社(すくぬ)のやしろ」とされています

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】宿努社 
読み(すくぬ)のやしろ
How to read(sukunu no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

宿努神社(Sukune shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市多久谷町1141

【地 図】(Google Map)

https://www.google.com/maps/dir/''/%E3%80%92691-0062+%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E5%87%BA%E9%9B%B2%E5%B8%82%E5%A4%9A%E4%B9%85%E8%B0%B7%E7%94%BA%EF%BC%91%EF%BC%91%EF%BC%94%EF%BC%91+%E5%AE%BF%E5%8A%AA%E7%A5%9E%E7%A4%BE/@35.4749073,132.8340324,14.33z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x35576b5014b2586f:0x5cb650e63f3f19ce!2m2!1d132.8549645!2d35.4502089!1m5!1m1!1s0x35576cc026b94ed3:0x86116504fa45bd62!2m2!1d132.8418538!2d35.4795745!3e0

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》多伎都比古命たきつひこのみこと
   天御梶姫命あめのみかじひめのみこと

【御神格】(God’s great power)

家内安全 諸願成就

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

出雲風土記の宿努ノ社 多久谷権現
「社域四囲深山にて老樹木に蔽わるが 本社より一町程東に滝あり、天御梶姫命、多岐都比古命を生み給うという伝説のある神域なり」

『神国島根』(島根県神社庁)より

【由緒】(history)

由緒

出雲国風土記所載、延喜式所載の古社である。荒神祭にはわらの大蛇をつくり、子供が引いて神社へ奉斎する。
神社史研究会HPより

延喜式所載にはありません

【境内社】(Other deities within the precincts)

荒神

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

虹が滝」は 宿努神社(出雲市多久谷町)の御神体とされます

出雲風土記733 AD.』には 「天御梶日女命(あめのみかじひめのみこと)多久宮村に来坐(きま)して 多伎都比古命(たきつひこのみこと)を産み給ひき」と記されていて この場所が虹が滝」とされています

虹が滝は 御祭神の天御梶姫命あめのみかじひめのみこと)が 多伎都比古命たきつひこのみこと)をお産みになられた時に産湯を使ったと伝わり 虹が滝の近くに鎮座する宿努神社神社(すくねじんじゃ)の御祭神 天御梶日女命と多伎都比古命の母子神られています

虹が滝

スポット概要
 出雲国風土記に、大国主命の孫である多伎都比古命(たきつひこのみこと)の産湯を使ったと記されている滝です。
 巨岩の上から2つの滝が流れる夫婦滝となっており、右側の量の多いほうが雄滝、左側が女滝と呼ばれています。
 山の中にありますが、近くに駐車場もあり、特に夏におすすめの観光スポットです。
 滝へ向かう道は滑りやすい箇所もありますので、ご注意ください。

出雲市役所HPよりhttps://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1610698333786/index.html

同じく多久谷に鎮座する出雲風土記733 AD.所載社について

多久社 (たく) (taku no) yashiro の論社です

・多久神社
・〈多久神社の旧鎮座地〉烏帽子岩

・田中神社〈西多久神社合祀〉

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

一畑電車の布崎駅から 北方向へ 虹が滝を目指し 約4.6km 車10分程度

Please do not reproduce without prior permission.

11月13日の早朝の参拝でしたが 棚田の上を霧が流れ下っていました とても幻想的な流れで 動画を撮れば良かった

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

虹が滝を目指して行くと 神社への分かれ道があります とても分かり難いですが ひだりの細い道へと入ります 車の方は要注意です

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

暫く走ると道の行き止まりに鳥居が建っていて 社殿が見えます

宿努神社(出雲市多久谷町)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

瓦屋根の拝殿 その奥に幣殿 本殿が鎮座しています

Please do not reproduce without prior permission.

社号表示するものが無く 宿努神社(すくねじんじゃ)なのか拝殿の中を覗き込むと 感謝状があり「宿努神社 氏子一同殿」とあり 間違いない事を確認します

丁度 社殿の中央から 朝日が昇り始めています
賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

社殿は傷んでいますが 境内はしっかりと清掃されていて 里人に深く信仰されていることが窺われます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

本殿の奥に 御神木があり 荒神が祀られています「荒神祭にはわらの大蛇をつくり、子供が引いて神社へ奉斎する。」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

この御神木の先は 虹が滝から注ぐ川の深い渓谷「多久谷」となっています

Please do not reproduce without prior permission.

再度 社殿の正面から朝陽を拝んで 境内を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)』盾縫郡 山野の項にある伝承

御祭神 天御梶姫命あめのみかじひめのみこと)が 多伎都彦命(たきつひこのみこと)をお産みになられた様子について 記されています

【意訳】

神名樋山(かんなびやま多久町の大船山

郡家の東北六里一百六十歩の所にある 高さは一百二十丈五尺 周りは二十一里一百八十歩
嵬(みね)の西に石神があ
高さは一丈 周りは一丈 径(みち)の側に小さい石神が一百余りある

古老が伝えて言うには
阿遅須枳高日子命(あじすきたかひこのみこと)の后 天御梶日女命(あめのみかじひめのみこと)が 多宮村(たくむら)までいらして 多伎都比古命(たきつひこのみこと)をお産みになりました

そのとき お腹の子供に教えてお話されたことは「汝の命の御祖の向位に生もうと思うが ここがちょうどよい」とお話になられた

いわゆる石神は すなわち多伎都比古命の御魂である 日照りのときに雨乞いをすると必ず雨を降らせれくれるなり

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』楯縫郡 多久谷 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

「畑蔵大権現」と記され
社五尺に六尺 西向き 祭祀 九月十一日なり
 滝二ヶ所あり 雄滝 雌滝と云う 」 と記しています

『原文』参照

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

【意訳】

宿努社 すくぬのやしろ

多久谷の蔵王権現に、多伎都比古命(たきつひこのみことと、天御梶日女命(あめのみかじひめのみこととを祀るというが疑わしい。
何処かに何かの宿祢を祀ったものらしい。   

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店

宿努神社(出雲市多久谷町)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.