仰支斯里神社(奥出雲町八代)

仰支斯里神社(かみきりじんじゃ)は 神職伝によれば 御神体は素戔嗚尊(すさのをのみこと)の「遺髪三筋」 故に 髪切(かみきり)と称す とあります 出雲風土記733 AD.』所載の仁多郡 不在神祇官社「仰支斯里社(かみきり)のやしろ」とされます

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 仁多郡(nita no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】仰支斯里社
読み(かみきり)のやしろ
How to read(kamikiri no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

仰支斯里神社(Kamikiri shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県仁多郡奥出雲町八代344

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》天之狭霧神(あめのさぎりのかみ)

   国之常立尊くにのとこたちのみこと
   国狭槌尊くにさちのみこと
   豊雲野神とよくもののかみ

《配》天照大御神 伊邪那美命 菊理媛神 木花開耶姫命
   素盞嗚尊 秋毘売命 豊磐窓命 櫛磐窓命

《合》天照大御神 大己貴命 少彦名命 稲倉魂命 埴安姫神〈合祀 社日社〉

【御神格】(God’s great power)

農業振興・産業振興

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

由緒

出雲国風土記所載社。難解・難読社にして由緒不詳。子供相撲、神興渡御は古くから例祭の神賑行事として継続されている。
島根県神社庁HPより

【由緒】(history)

由緒

出雲風土記所載の「仰支斯里の社」がこの宮である。
雲陽誌に「此社元八代より佐白に通ずるどうろの右方古宮と称するところにありしがこれをいまの地にうつしたるものなり」とあり、祭神は「神霧明神」とかかれているが、移転年代はふめいである。

元村社。出雲国風土記 仁多郡の神社の条の、不在神祇官社の第七番目にでるこの社名は、ご祭神にかんしたものでもなく、地名にもかんけいしていないとこから種々のこうさつがくわえられている。
出雲風土記抄には「加美伎里大明神」、出雲風土記考には「髪切大明神」、出雲神社考、出雲風土記解、同訂正本、出雲風土記考証には「髪期里大明神」としてだいじゃたいじにかんけいがあるとかいしている。
更に雲陽誌には「神霧明神」とあり、御祭神名からして「髪」よりも「神」がだとうではないかとかいしている。
また校本出雲風土記は、「仰」は「印」であるとして、「印支斯里社」せつをといている。すなわち、「イナギシリノヤシロ」とよんで「稲置領社」とし、「稲置(上代・稲を置くところをつかさどるしょく)の領田のあるちの鎮守の社」の意をとっており、最有力説とされている。
明治四十年、八代金屋子廻のうえに鎮座の清水廻神社を合祀した。

※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

【境内社】(Other deities within the precincts)

・堤社《主》木花咲夜姫命(安産の神)
・神塚《主》荒神
・社日社《主》天照大御神 大己貴命 少彦名命 稲倉魂命 埴安姫神
・天王社《主》素佐之男神(疫病防除の神)

Please do not reproduce without prior permission.

・山乃神
・三柱神《主》三貴子の神

Please do not reproduce without prior permission.

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

・八代荒神社 《主》建速須佐之男命
・清水廻神社 《主》天照大御神
・縄繰神社 《主》大山祇命
・磨屋組恵比須神社 《主》事代主命
・八代町恵比須神社 《主》事代主命

・仰支斯里神社 旧鎮座地

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

仰支斯里神社(かみきりじんじゃ)の社名について

出雲風土記733 AD.』所載の仁多郡 不在神祇官社「仰支斯里社(かみきり)のやしろ」とされますが

その社名は 御祭神八代の地名にも関連せず 難解・難読社とされます


これによって学者・識者たちの興味尽きない色々な考察がされています
〇『雲陽誌は「神霧明神」
風土記載る 仰支斯里社さしきりのやしろ ならむ」として 御祭神名から「髪」よりも「神」が妥当と説いています

〇『出雲神社考出雲國風土記解同訂正本出雲國風土記考証は「髪期里大明神」
〇『出雲國風土記抄は「加美伎里大明神」
〇『出雲國風土記考は「髪切大明神」
素戔嗚尊に関係があると説いています

〇現在の宮司の説は 次のようにあります

仰支斯里(かみきり)(髪切)神社 社名考

風土記撰上令(七一三年)千三百年記念

 当社は出雲國風土記(七三三年)所載社で、難読難解の著(しる)き古社である。その昔、古老が写本の際に草書体(くずし字)の文字の一部を誤って写し、そのために「読み」と「文字」が分離してしまった。

一、髪切
二、友期里
三、仰支斯里

・「髪切」は関係神社の棟札や当地の屋号に残っており、「かみきり」と呼み、切った「髪」を大切に祭ることを主眼としたことばである。

・「髪」を「髟(ひょう)」と「友」の二字に分けて誤写してしまった
・さらに「髟」を「仰」、友を「支」と誤写してしまった

・「切」を仮名書きにかえた
・「期」を「斯」と写しちがえた

髪切」は、古事記(七一二年)の「天石屋戸」の後日談で、八百万の神々がスサノヲ命を高天原から地上の奥出雲町「鳥髪山」に追放する際の天罰、「髪切り・爪切り」に由来する。
当社は、千三百年前の昔、そのスサノヲ命の「遺髪三筋」を御神体として頂戴し、「アメノサギリ神」をまつって今に至っている。

平成二十五年(二〇一三年)錦秋 宮司 石原道夫 識

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次線 出雲八代駅から木次線に沿って 北へ約700m 車3分程度
斐伊川を堰き止めた「さくらおろち湖」に注ぎ込む支流 八代川を遡った八代の街を抜けて  八代川の西岸の高台に鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

仰支斯里神社(奥出雲町八代)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

社頭に手水舎があり 清めます 手水舎の裏手は「神饌田」になっています

Please do not reproduce without prior permission.

道路を隔てて土手のように見えるのは JR木次線で ちょうど手水を終えると列車が通過していきました

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

参道の社号標には「仰支斯里神社」と刻字されていますが 読み方がわかりません すぐ隣に出雲国風土記登場地の石碑があり「仰支斯里(かみきり)社」とフリガナがあり へえ~

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして 鳥居をくぐり 参道の石段を上がります

Please do not reproduce without prior permission.

石段の途中に 隋神門が建ちますが 建屋の脚に馬車の輪の様なものあり 下から見ると動くのかな? とちょっと変わった感じがしましたが 側に来ると置かれているだけでした 何か意味があるのでしょうか

Please do not reproduce without prior permission.

隋神門には「仰支斯里(かみきり)(髪切)神社 社名考」の案内板があり 「かみきり神社」の「読み」と「音」が分離しているのは 文字の一部を誤って三~四回書き写したから と説明しています

御神体は なんと・・・「素戔嗚尊の遺髪三筋」と書かれています

Please do not reproduce without prior permission.

隋神門をくぐり抜けると 石段の両脇に巨大な注連縄柱のように巨木の桧が聳えます

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の扁額には 青い文字で「仰支斯里神社 出雲尊愛敬書」と記されています

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿が鎮座します その傍らに境内社・三柱神《主》三貴子の神が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

境内社にお詣りをして 参道の石段を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

早朝のお詣りでしたが 隋神門の辺りから太鼓の音が聞こえてきます

Please do not reproduce without prior permission.

おそらく宮司宅 朝のお勤めだろうと思います 石段を下りながら短い動画を撮りました その時の太古の音です

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』仁多郡 八代 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

八代「神霧明神」と記され

風土記載る 仰支斯里社さしきりのやしろ ならむ
神職伝えて 加美岐里明神といひて 天之狭霧神(あめのさぎりのかみ)をまつる

本社 四尺に六尺 元禄年中 再建棟札あり 祭日 九月十五日 妙見社と同日の神事なり」 と記しています

「古宮」

神霧明神の祠 古は この所にあり 故に古宮といふ 八代村より佐白村への路 右の方なり

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

仰支斯里社(かみきり)のやしろ

訂正風土記に、仰支斯里は、仰期里を書き誤りたるものであろうといふ。
布施村 八代(やしろ)の加美伎里(かみきり)大明神であって、天狭霧命(あめのさぎりのみこと)を祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

仰支斯里神社(奥出雲町八代)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.