青龍神社(日光西町五社)

青龍神社(せいりゅうじんじゃ)は 日光西町五社の一つです 弘法大師(空海)が滝尾・寂光を開いた時に弟子が ご加護を祈って京都醍醐の青龍神を移し祀ったと伝わります 明治維新以前には「青龍大権現」と称していました 本町の氏神様で 東照宮・二荒山神社の大祭の前には晴天を祈って祈晴際が行われます

ご朱印は日光二荒山神社本社にて受領出来ます

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(shrine name

青龍神社Seiryu Shrine)
(せいりゅうじんじゃ)

[通称名(Common name)]

青龍さんSeiryu san

【鎮座地 (location) 

栃木県日光市本町四軒町1-2256

 [  (Google Map)]

日光二荒山神社から750m 徒歩10分程度

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》大海津見命(owatatsumi no mikoto)

【創  (Beginning of history)】

青龍(せいりゅう)神社

弘法大師空海が、滝尾(たきお)、寂光(じゃこう)を開いたとき その弟子が仏法の守護として、京都醍醐(だいご)の青龍神を移し祀ったという。
今は、大海津見命(おおわたつみのみこと)を祀る。
東照宮及び二荒山神社の例大祭のとき晴天を祈って祈晴祭が行われている。
本町(もとの四軒町(しけんちょう)、袋町(ふくろちょう)、下本町(しもほんちょう)の氏神。
正月三が日の後の日曜日に五社祭(磐裂、青龍、八幡、花石、久次良の各社)、9月15日に例祭が行われる。

案内立札より

スポンサーリンク

神社の伝承(Old tales handed down to shrines)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

鎮座地の「四軒町(shikencho)」の由来

現在の栃木県日光市本町四軒町
江戸期 日光門前西町の一つとされていて 寛永年間(1624~1645年)に東照宮の楽人屋敷が 四軒置かれたことに由来するとされています

四軒町(しけんちょう)

江戸時代の始め、東照宮の「楽人」の屋敷が四軒おかれたことから「四軒町」と呼ばれた。
本来は日光山内の一部で、日光奉行所関係の役宅や「日光火之番屋敷」があり、民家中心の西町では特殊な地区であった。
現在は「本町第一」の一部になっているが、地区内には「殉死の墓」や「釈迦堂」などの史跡も多く、「金谷記念館(侍屋敷)」は楽人屋敷の遺構である。

社頭案内板より

青龍神社Seiryu Shrine) (hai)」(90度のお辞儀)

弘法大師空海が滝尾・寂光を開いた時に弟子が ご加護を祈って京都醍醐の青龍神を移し祀ったと伝わります

白糸の滝
滝尾神社Takinoo Shrine)の記事をご覧ください

 

寂光の滝
若子神社(Jakko Shrine)の記事をご覧ください

 

おすすめ記事

1

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」のクライテリア(iii)として「古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた 頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて 巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った」と記されます

2

出雲國(izumo no kuni)は「神の國」でありますので 各郡の条に「〇〇郡 神社」として 神社名の所載があります
『風土記(fudoki)』が編纂(733年)された 当時の「出雲の神社(399社)」を『出雲國風土記 神名帳(izumo no kuni fudoki jimmeicho)』として伝える役割をしています

3

大国主神(おほくにぬしのかみ)が 坐(ましま)す 古代出雲の神代の舞台へ行ってみたい 降積った時を振り払うように 神話をリアルに感じたい そんな私たちの願いは ”時の架け橋” があれば 叶うでしょう 『古事記(こじき)』〈和銅5年(712)編纂〉に登場する神話の舞台は 現在の神社などに埋もれています それでは ご一緒に 神話を掘り起こしましょう

4

出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんよごと)は 律令体制下での大和朝廷で 出雲国造が その任に就いた時や遷都など国家の慶事にあたって朝廷で 奏上する寿詞(ほぎごと・よごと)とされ 天皇(すめらみこと)も行幸されたと伝わっています

5

出雲国造(いつものくにのみやつこ)は その始祖を 天照大御神の御子神〈天穂日命(あめのほひのみこと)〉としていて 同じく 天照大御神の御子神〈天忍穂耳命(あめのほひのみこと)〉を始祖とする天皇家と同様の始祖ルーツを持ってる神代より続く家柄です 出雲の地で 大国主命(おほくにぬしのみこと)の御魂を代々に渡り 守り続けています

6

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

7

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

8

對馬嶋(つしまのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳』に所載されている 対馬〈対島〉の29座(大6座・小23座)の神社のことです 九州の式内社では最多の所載数になります 對馬嶋29座の式内社の論社として 現在 67神社が候補として挙げられています

-その他の古社
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© Shrine-heritager , 2024 All Rights Reserved.