大宮神社(大社町鵜峠)& 大歳神社〈大宮神社の境内社〉

大宮神社(おおみやじんじゃ)は 『神國島根』に出雲風土記 延喜式記載とあり 社伝には 神名樋山(かんなびやま「烏帽子岩石神」の一部と考えられています 大歳神社は〈社伝によれば 天応年間(781~82)の創設 元は越目にあったが遷座〉とあり どちらも1200年の時を超えた古社です

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

《参考》

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】都牟自社 
読み(つむじ)のやしろ
How to read(tsumuji no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

《参考》

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】都武自神社 
読みつむしの かみのやしろ
How to readTsumushi no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

大宮神社(Oomiya shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市大社町鵜峠115

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》級長津彦神しなつひこかみ
   級長津姫神しなつひめかみ

【御神格】(God’s great power)

風を掌る神

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年代不詳

『神國島根』に出雲風土記 延喜式記載

【由緒】(history)

由緒

「出雲国風土記」によれば、【郡家の東北、六里一百六十歩(今の三十二町四十間)、高さ、一百二十五丈五尺。周り、二十一里一百八十歩(今の二里)、巌(みね)の西に石神有り。高さ一丈、周り一丈、往の側に小さき石神百余りばかり有り。古老の言うには、『阿遅須枳高日子の后、「天御梶日女命」、多久村に来て「多伎都比古命」を産み給う。その時、「汝が命の御祖の向位に生もうと思うがここが良い」と教(さと)し詔り給わった。所謂、石神は「多伎都比古命」の御魂なり。旱に当りて雨を乞う時は必ず零らしむ】とある。
「烏帽子岩石神」の一部と思われる。例祭に、「簓(ささら)神事」奉納。例祭の終次第行われ、概ね午前十一時頃。
神社史研究会HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

本殿の奥
大歳神社《主》大歳神
社伝によれば 天応年間(781~82)の創設 元は越目にあったが遷座〉

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載の出雲郡 神祇官社「都牟自社(つむじ)のやしろ」の論社について

・都武自神社

・大宮神社《参考》

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

『出雲国風土記』の「黄泉の坂、黄泉の穴」とされる猪目洞窟〈日本海側の猪目海岸〉

Please do not reproduce without prior permission.

そこから西へ1km程の大社町 鵜峠(うど)漁港の正面に十六島(うっぷるい)の風車群見えています

Please do not reproduce without prior permission.

鵜峠(うど)の漁村集落の街道の北側斜面に鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

石段を上がった上に鳥居があります
大宮神社(大社町鵜峠)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

石段を上がり 一礼をして鳥居をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の横には 顔が風化しかけた狛犬が座し 振り返ると鵜峠(うど)漁港が見えます

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿に進み
賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥は 一段高い社地に 本殿が独立して鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

改めて お祈りをします

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

すると本殿より さらに奥 一段高い社地があり 祠が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

奥へ進むと 石垣の上に玉垣が廻されて 社頭には狛犬も座し 祠が祀られています ここが大歳神社社伝によれば 天応年間(781~82)の創設 元は越目にあったが遷座〉1200年の時を超えた古社です

Please do not reproduce without prior permission.

近づくと 2つ祠があり 小さな祠は もしかすると『雲陽志(unyo shi)にあった「恵美寿社」だろうか

Please do not reproduce without prior permission.

お祈りをします

大歳神社の社地から見ると 直ぐ下に大宮神社の本殿 その下に大宮神社の拝殿が続いている参道を戻ります 

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『日本書紀(Nihon Shoki)〈養老4年(720)編纂〉』第五段一書(第六)に記される伝承

御祭神の級長津彦神しなつひこかみ)について記されています

【意訳】

第五段一書(第六)

別の言い伝え(第六)によれば
伊弉諾尊いざなぎのみことと伊奘冉尊いざなみのみこと 共に大八洲国を生みたまわれた

すると伊弉諾尊いざなぎのみこと)が曰く

我らの生んだ国は まだ朝霧が有り しかるに香りに満ちている」と朝霧を吹き払われた息が神となりました その神の名は 級長戸辺命(しなとべのみこと)といいます 亦の名を級長津彦命(しなつひこのみこと)
これ風の神なり

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『日本書紀』(720年)選者 舎人親王/刊本 文政13年 [旧蔵者]内務省https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047528&ID=M2017042515415226619&TYPE=&NO=画像利用

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.』盾縫郡 山野の項にある伝承

大宮神社(大社町鵜峠)は 社伝によれば 神名樋山(かんなびやま「烏帽子岩石神」の一部と考えられています

【意訳】

神名樋山(かんなびやま多久町の大船山

郡家の東北六里一百六十歩の所にある 高さは一百二十丈五尺 周りは二十一里一百八十歩
嵬(みね)の西に石神があ
高さは一丈 周りは一丈 径(みち)の側に小さい石神が一百余りある

古老が伝えて言うには
阿遅須枳高日子命(あじすきたかひこのみこと)の后 天御梶日女命(あめのみかじひめのみこと)が 多宮村(たくむら)までいらして 多伎都比古命(たきつひこのみこと)をお産みになりました

そのとき お腹の子供に教えてお話されたことは「汝の命の御祖の向位に生もうと思うが ここがちょうどよい」とお話になられた

いわゆる石神は すなわち多伎都比古命の御魂である 日照りのときに雨乞いをすると必ず雨を降らせれくれるなり

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』神門郡 鵜峠 にある伝承

鵜峠(うど)の項に「大宮大明神」と「大歳明神」と記されています

『雲陽志(unyo shi)では

「大宮大明神」と記され
級長津彦命(しなつひこのみこと)をまつる
本社 一間半 南向き 拝殿 二間に三間
大永天和造立再建の棟札あり 祭礼九月九日なり」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.出雲郡 にある伝承

都武自神社の論社は 国留村の旅伏権現〈現 都武自神社(出雲市国富町)〉と記しています

意訳

『 都武自神社つむしの かみのやしろ

風土記に都武自社とあり 国留村の旅伏権現なり 大穴持命とも事代主命を祭るともいへり

神殿 四尺に五尺 東向き 拝殿 二間に三間

山の絶頂にあり
祭日 二月晦日 田植神事あり

〇風土記に多夫志烽(たぶしのとぶひ出雲郡家の正北一十三里四十歩とあり
 この多夫志岩を為寄寄鈔に多藝石の誤るしむといへり 大社なり今の旅伏山をいへりなり

国富村といふは 八束水臣津野命(やつかみずおみつのみことの国引き坐(ましま)す故事 に由ありなれり・・・・・』

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

都武自神社の論社は 旅伏山にある旅伏大明神〈現 都武自神社(出雲市国富町)〉と記しています

【意訳】

都牟自社(つむじ)のやしろ

旅伏山(たびふしやま)にある旅伏大明神であって、波夜都牟自和氣命(はやつむじわけのみこと)を祀る。事代主命と神武天皇とは、後合祀したものであろう。  

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

大宮神社(大社町鵜峠)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.