御井神社(斐川町直江)

御井神社(みいじんじゃ)は 『古事記』因幡の白兎に登場する八上姫神懐妊され出雲に来られた時 鏑妻〈正室〉の須勢理毘売(スセリノカミ畏(おそ)れて その生まれた御子を木の俣にさし挾んで因幡に〉引き返しになられたので 木の俣の神 と申し またの名は 御井(みい)の神とも申す と伝わります

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】御井社 
読み(みい)のやしろ
How to read(mii no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】御井神社 
読みみいの かみのやしろ
How to readMii no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

御井神社(Mii shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市斐川町直江2518

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》木俣大神(このまたのおおかみ
《配》八上姫大神(やかみひめのおおかみ

【御神格】(God’s great power)

安産・子授

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

安産 御井神社 由緒概略

御井神社は、古事記および風土記日本最古の史書十三の文献に記された由緒ある神社である。
そもそも当社が安産の神また水の神の租であるという謂われは、記紀に記された次の故事による。
大国主大神は 因幡の白兎の神話の時 むこうで八上姫という心姿の美しい女神を愛され、姫はやがてみごもられた。
臨月となられた八上姫は 背の君に会いに出雲大社へ行かれたが、正妻 須世理姫の立場を慮り、会わずに引き返された。
そして神奈火山の麓 直江の里まで帰られた時 産気づき やがて玉のような御子を挙げられた。
そこで三つの井戸(生井、福井、綱長井)を順次掘り 御子を産湯させてから木の俣に預け、母神のみ因幡に帰られた。
これより御子を木俣神または御井神と申し上げ、安産と水の守護神として全国からの信仰を集めている。
 木の俣の 三井の産湯のみずなれば 祈らん人を 守る神垣(神詔)
社頭

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

由緒

安産の神 御井神社由緒概略
御祭神 木俣大神(大国主大神の御子) 八上姫大神(御母神)

御井神社が安産の神さまとして、深い信仰をうけているいわれは、日本最古の史書「古事記」等に記載されている次の古事による。
「古事記上巻 大国主神の事績」要約 大国主神には大ぜいの兄弟があったが、みんな出雲の国を治めることをことわって、大国主神にゆずってしまわれた。その理由は、誰もが因幡の国の八上姫神と結婚して、むこうで住みたいからであった。八上姫神は、姿も心もそれはそれは美しく、出雲の八十神たちの憧れのまとであった。そこで、全員が求婚にゆくことになり、大国主神も従者として袋をかついでついてゆくことになった。(因幡の白兎は、この道中の物語である)大国主神に助けられた白兎は、次のように予言している。「八十神は必ず八上姫を得まじ。」因幡につかれた神々等は、それぞれに八上姫神に求婚されたが、返事は白兎の言った通り「大国主神と結婚いたします」というのであった。
それを知った八十神等は怒り狂って、大国主神を焼石や茹矢で苦しめるのである。大国主神は、一たびは「根の堅州国」にのがれられるが、ほとぼりのさめるのを待って、再び因幡にいき、約束通り八上姫神と結婚された。
やがて八上姫神は妊娠され、大国主神と連れ立って出雲にいかれたが、大社には大変嫉妬深い須世理姫神がいて、どうしても共に暮すことが出来ない。
やむなく臨月の体でこの直江の里までひき帰された時、急に産気づかれた。ここでまず八上姫神は、生井(いくい)・福井(さくい)・綱長井(つながい)と、三っの井戸を堀り、わき出る水をいただき、身を清めたところまことに安産で、玉のようにうるわしい御子をあげられた。次に御子も三井戸の水で産湯をさせ、健やかに成長される様子を見とどけてから木の俣にあずけて、自分は因幡に帰られた。これよりその御子を、木俣神又は御井神と申し上げ、当社の主祭神として鎮座になっている。
木俣神と八上姫神、それに三井戸を祀る当社は、以上のことから安産と育児の守護神として霊験あらたかで、古来多くの人々から深く信仰されている。昔から「当社を拝み、神秘の神符(ごふ)をいただくにおいては、安産うたがいなし」と言われ、御守をしっかり身につけ、威大な御徳にすがれば、安産必定である。木の俣の 三井の産湯の水なれば 祈らん人を 守る神垣(神詞)
※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照項目あり

由緒
懐妊された八上姫神は出雲の大国主神を訪ねられたが、正妻須世理姫神を恐れて、共に暮らすことができない。やむなくこの直江の里まで引き返された時、産気づかれた。そこで生井・福井・綱長井の3つの井戸を掘り身を清めたところ、まことに安産で玉のようにうるわしい御子をあずかった

神社史研究会HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

・社日社 《主》天照大神,大穴牟遅神

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

天神さま

Please do not reproduce without prior permission.

稲荷社若宮

Please do not reproduce without prior permission.

・生井(いくい)、福井(さくい)、綱長井(つながい)

古墳 生井、福井、綱長井

母神八上姫が湯あみされ、また当社 木俣神(御井神)を産湯なされた霊泉である。日本最古の井戸で宮中にも御分霊して祭られている。戦国時代までは境内であったという。

本居宣長「古事記伝」に
「祭神五座ノ中、神祇官ニ座ス座摩ノ御座ノ阿須波ノ神、波比祇ノ神、コノ次ノ段ニ出テ同ジ御族ノ神ナリ」とある。
つまり、水神五座の内上段にある神が生井、福井、綱長井、三柱の神である。

三省堂刊「広辞苑」に次のように紀載されている。
生井 生気ある神      子安 病気平癒
福井栄久井栄える井   母子の発展 家運隆昌
綱長井 つるべの綱の長い井 母子の長寿 家内安全
現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【境外社】

・実巽神社 《主》八上姫命

・祇園神社 《主》素盞嗚尊

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

延喜式神名帳927 AD.』に所載される「御井神社(みいの かみのやしろ)」は7社あります その論社について

大和國 宇陀郡 御井神社

御井神社(宇陀市榛原檜牧) 

皇太神社(宇陀市菟田野平井)

美濃國 多藝郡 御井神社

・御井神社(養老町金屋)

美濃國 各務郡 御井神社

御井神社(各務原市三井町)

御井神社奥之宮(各務原市三井山町)

天神神社(各務原市上中屋町)

但馬國 養父郡 御井神社

・御井神社(養父市大屋町宮本)

但馬國 氣多郡 御井神社

御井神社(豊岡市日高町土居)

出雲國 秋鹿郡 御井神社

・御井神社〈佐太神社 境内社〉

・秋鹿神社(松江市秋鹿町)

・御井神社〈秋鹿神社に合祀 御井神社の旧鎮座地〉

出雲國 出雲郡 御井神社

・御井神社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR山陰本線 直江駅から東へ3km 車8分程度

社号標 鳥居の扁額ともに「式内 御井神社」と刻まれています

御井神社(斐川町直江)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をしてから 鳥居をくぐると 庭園のように手入れされた参道には 狛犬が座し 石灯篭が寄進されています

Please do not reproduce without prior permission.

参道の途中には 母神である八上姫命やかみひめのみこと)が 御子神の木俣大神(このまたのおおかみ)を抱く彫刻があります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の前には「大助神」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿に掲げられた扁額には「御井神社」と記され 御神紋は二重亀甲に三が書かれています

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿が坐ます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

本殿後ろには 境内社が祀られていて お詣りをして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『古事記(Kojiki)〈和銅5年(712)編纂〉』 に記される伝承

御井(みい)の神誕生にまつわる神話が記されています

【抜粋意訳】

かの八上比売(ヤガミヒメ)は 約束通りに連つれておいでになりました

けれども 鏑妻〈正室〉の須勢理毘売(スセリメ)畏(おそ)れて
その生まれた子を木の俣にさし挾んで因幡に〉引き返しになられた

故に その子の名を 木の俣の神 と申します
またの名は 御井(みい)の神とも申すなり

【原文参照】

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』出雲郡 直江 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

御井社」と記され
大己貴命の御子 木俣神をまつる
 延喜式 風土記に御井社と書せて 旧記に曰く 大穴持命 稲葉八上比賣を娶りて結之里にて この神を誕生しそまふ 産湯の井あり 故に御井と書きて 本社は田間の小山にあり 祭礼 九月九日なり」と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.出雲郡 にある伝承

意訳

『 御井神社mii no kamino yashiro)

風土記に同じ 上直江村に在り
大己貴命の御子 木俣神の 亦の御名を 御井神と申す
この神 誕生しの日の時の産湯の井あり 摂社 実巽社とて稲葉八上比賣命を祭る社ありと 祭日 九月九日

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

【意訳】

御井社(みい)のやしろ

直江御井(みい)にある。木俣神(このまたのかみ)を祀る。
そこに 生井(いくい)、福井(さくい)、綱長井(つながい)の三井がある。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

御井神社(斐川町直江)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

”時の架け橋” 大国主神(おほくにぬしのかみ)
『古事記』に登場する神話の舞台 の記事を見る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.