草野神社(松江市上大野町)

草野神社(かやぬじんじゃ)は 江戸時代までは八幡宮でした 明治元年に「草野社」(『出雲國風土記』所載)の論社とされていた「杠(yuzuriha)神社」が合祀遷座されます これを機に明治8年から「草野神社(kayanu shrine)」と呼称を改めた由緒を持ちます

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社が 3社 合わせ祀られています

草野社(かやぬ の)やしろ・那牟社(なむ の)やしろ(杠神社(yuzuriha shrine))

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 秋鹿郡(aika no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 草野社

【読み】(かやぬ の)やしろ
【How to read】(kayanu no) yashiro

-----------------------------------------------------------

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 秋鹿郡(aika no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 那牟社

【読み】(なむ の)やしろ
【How to read】(namu no) yashiro

(細身社) 同下社(おなじき しも の)やしろ(本殿右 境内社 杉戸神社《主》大物主命(omononushi no mikoto)とも本殿に合祀とも云われます)

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 秋鹿郡(aika no kori) 条
    不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】 (細身社) 同下社

【読み】(おなじき しも の)やしろ
【How to read】(onajiki shimo no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

非官社のため該当しません

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name)

  草野神社(kayanu shrine)
      (かやぬじんじゃ

【通称名】(Common name)

 新八幡(shin hachiman)・はちまんさん

【鎮座地】(location) 

島根県松江市上大野町1856

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》草野姫命(kayanu hime no mikoto)
   伊邪那岐命(izanagi no mikoto)
   伊邪那美命(izanami no mikoto)

《配》誉田別命(homutawake no mikoto)

《合》速玉男命(hayatamao no o no mikoto)
   事解男命(kotosaka no o no mikoto)
   大物主命(omononushi no mikoto)
   須佐之男命 (susano no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

・染め物の守護神 Guardian god of dyeing

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載の「杠神社(yuzuriha shrine)」遷座の宮

・『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』所載社の由緒から「杠神社(yuzuriha shrine)」は 明治8年に神祇官より正一位の位階を追贈されています

【創建】(Beginning of history)

創建は不詳

もと「杠神社(yuzuriha shrine)」大野上分字杠谷にありました

明治初年 字南の南八幡宮に合祭し
明治5年村社列せられ 八幡宮を配祀と定めました
明治8年に草野神社(kayanu shrine)と呼称する

古くは 高野宮の境外末社でした

【由緒】(history)

出雲風土記所載の神社である。

明治初年「南八幡宮」を合祀し、以後"はちまんさん"とも称されている

島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

・杠神社  《主》草野姫命(kayanu hime no mikoto)
       境外にある 元の鎮座地です
       ※出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社の論社です
       次の【オタッキーポイント】をご覧ください

・丸戸神社 《主》祭神不詳
・牛頭天王社《主》須佐之男命
・天満宮  《主》菅原道真公
・天神社  《主》菅原道真公
・杉戸神社 《主》大物主命(omononushi no mikoto)
      境内 本殿向かって右横
      ※出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社の論社です

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

杠神社《主》草野姫命(kayanu hime no mikoto)
※出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社の論社です

境外にある 元の鎮座地です

杠神社 跡地(ゆずりはじんじゃ あとち)(yuzuriha shrine)
にある伝承について元の ご遷座の地 神社もご覧ください

一緒に読む
杠神社 跡地(松江市上大野町)

杠神社(ゆずりはじんじゃ)跡地は 明治39年(1906)の神社合祀令後も 里人は以前のまま 祀り続けていました由緒ある神社です 現在は 草野神社(島根県松江市上大野町1856)に遷座していますが 現地には「鳥居」「狛犬」「石灯篭」「手水石」が残り御本殿の跡に「杠神社 跡地」と社号碑が建ち 今なお 静かにたたずみ坐ます

続きを見る

明治初年に 南八幡宮の地(現在の鎮座地)に 御神体を遷座しました
南八幡宮が 出雲国風土記(izumo no kuni fudoki)所載社の草野社(kayanu no) yashiroを本体として祀っていましたが 明治8年に「草野(kayanu)神社」と改称しました

しかし 杠神社(yuzuriha shrine)は ご遷座後も集落の氏神として 里人に祀られて続けていました
明治39年(1906)の神社合祀令後も 里人は以前のまま 祀り続けていましたが 現在は 跡地に「鳥居」「狛犬」「石灯篭」「手水石」と「社号石碑」が残り 「草野(kayanu)神社」の管理下にあります

草野神社(かやぬじんじゃ)では
10月23日~24日(2日間)
杠神社 祭(ゆずりは じんじゃ さい) が今でも行われています

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

一畑電車 津ノ森駅から R431号を東方向 県道266号を北上 約3km程 車5分程度
神社の参道は 大野川に沿った旧道へ入ってすぐ左手 田んぼ越に鳥居が見えます

草野(kayanu)神社に 到着

直線の登り石段が 参道になっています
狛犬の先に鳥居が建ちます

一礼して鳥をくぐると 立て看板があり「危険 石段途中に「ハチ」が巣をしています。通行は公民館側をご利用願います 草野神社」とあり 車で迂回します

境内の横につながる道で 車を降り 

境内を歩き 石段を登りきった隋神門へ戻り 一礼してくぐります

境内は スッキリ整備された様子から里人の信仰も篤いと思われ 身も締まります
左手には 神楽殿があります 石組みの一段高みには 拝殿と御本殿が鎮座しています

拝殿は壁がなく 最近 葺き替えられた屋根瓦が立派です

拝殿にすすみます

賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

右手より 流造の立派な御本殿を仰ぎます

御本殿に向かって 右手の境内社 杉戸神社《主》大物主命(omononushi no mikoto)にお詣りです
※出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社の論社です

左手より 流造の立派な御本殿を仰ぎます

御本殿に向かって 左手の境内社 天満宮《主》菅原道真公 にお詣りです

隋神門まで戻り 石段を下まで見つめ 鳥居をくぐり 振り返り一礼

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

『雲陽志(unyo shi)』秋鹿郡 大野 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では
「杠神社(yuzuriha shrine)」が遷座するまえの
「草野(kayanu)神社」が「南八幡宮」として記されています

現在「草野(kayanu)神社」の【通称名】「新八幡(shin hachiman)」と同名の記載もあり 大変近い関係が記されていますので参考に原文を載せます

意訳
『 南正八幡宮
  南山という所にあり  社の大きさは 6尺・7尺 拝殿2間 梁4間 

高野宮の末社です
昔 この辺り住んでいた 大野次郎左衛門が 永禄年間に土居山の山頂に 正八幡を勧請しました・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
元亀元年 さらに西の郷 細原という山奥へ社を移したので ・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
寛永12年 西光寺 近隣住民の願いがあり ・・・・・・・
元禄13年に西光寺の南方3町の南山に社が築かれました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大野郷あげて これを崇敬しました 毎年8月15日の祭りは 寛永・正保の頃から続く 大野郷の祭りであります  』

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)』秋鹿郡 大野 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)』では 当社の元宮に当たる
「杠神社(yuzuriha shrine)」が「杠権現」として記されています
『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』の大野川の水源についても言及しています

こちらは
杠神社 跡地(ゆずりはじんじゃ あとち)(yuzuriha shrine)
にある伝承について元の ご遷座の地 神社もご覧ください

一緒に読む
杠神社 跡地(松江市上大野町)

杠神社(ゆずりはじんじゃ)跡地は 明治39年(1906)の神社合祀令後も 里人は以前のまま 祀り続けていました由緒ある神社です 現在は 草野神社(島根県松江市上大野町1856)に遷座していますが 現地には「鳥居」「狛犬」「石灯篭」「手水石」が残り御本殿の跡に「杠神社 跡地」と社号碑が建ち 今なお 静かにたたずみ坐ます

続きを見る

 

『出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)』に所載のある「杠(yuzuriha)神社」が明治元年に遷座された由緒を持ちます
草野神社(kayanu shrine)に 「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.