真浦神社(姫路市家島町)

真浦神社(まうらじんじゃ)は 家島本島真浦の中心に位置して 家島神社の摂社として祀られてきました 以前は 荒神社と呼ばれていましたが 明治になって真浦神社と改称されました

Please do not reproduce without prior permission.

目次

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

真浦神社(Maura shrine)

 [通称名(Common name)]

氏神さん

【鎮座地 (Location) 

兵庫県姫路市家島町真浦597-1

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》奥津彦神(おきつひこのかみ)
   奥津姫神(おきつひめのかみ)

【御神格 (God's great power)】(ご利益)

【格  (Rules of dignity)

・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社《参考論社》

【創  (Beginning of history)】

真浦神社

御祭神 奥津彦神(おきつひこのかみ)
    奥津姫神(おきつひめのかみ)

祭礼 十一月二日三日

境内社 恵美酒社 蛭子大神
    三社宮
     神 明 社 天照皇大神
     金刀比羅宮 大己貴神
     住 吉 社 底筒男神

由緒
 家島の神の摂社として、当浦開殖の初めより崇敬篤く奉斎されている。
 荒神社と呼ばれていたが、明治になり現在の真浦神社と改称された。境内末社三社宮は、此の時、播磨国総社の末社より御分霊されたものである。
 旧社殿は、弘化五年(1848)建立と伝えられるが、百五十年余を経て老朽化が著しく、此の度、境内地を整備した上で、御本殿以下付帯建物の全面改築工事が施された。

平成十六年十二月吉日

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由  (History)】

由緒
 古老伝説 播磨海上を往来する船舶の安全を家島の神に祈り、風波の難を家島に除け上陸するや土地の宜なるを以て家居を築き、永住するに至り、荏苒歳月を経て過するに従ひ人家増加し、自然各處に村をなし、家島の神の摂社として各村とも社を築き、神を祭り崇敬怠る事なし、然るが故に勧請年紀の当浦開殖の始めにあるは勿論年々祭典賑はしく爾来古老の口碑に敬神の念熾に必矢すべからずと今に伝えられたり。
明治12年10月24日荒神社を真浦神社と公稱すること社寺局より許可ありたり。
境内末社明治12年12月、姫路市本町県社射楯兵主神社の御末社神明社、金刀比羅社、住吉社の御分霊を奉齋す。

兵庫県神社庁https://www.jinja-net.jp/jinjashi-kensaku/jsearch3jinjashi.php?jinjya=5485

【境内社 (Other deities within the precincts)】

・恵美酒社《主》蛭子大神
・三社宮
  神 明 社《主》天照皇大神
  金刀比羅宮《主》大己貴神
  住 吉 社《主》底筒男神

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

海神社《主》綿津見神

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『延喜式Engishiki)』巻3「臨時祭」中の「名神祭Meijin sai)」の条 285座

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂

延喜式巻第3は『臨時祭〈・遷宮天皇の即位や行幸国家的危機の時などに実施される祭祀〉です
その中で名神祭Meijin sai)』の条に 国家的事変が起こり またはその発生が予想される際に その解決を祈願するための臨時の国家祭祀「285座」が記されています

名神祭における幣物は 名神一座に対して 量目が定められています

座別に
絁(アシギヌ)〈絹織物〉5尺
綿(ワタ)1屯
絲(イト)1絇
五色の薄絁(ウスアシギヌ)〈絹織物〉各1尺
木綿(ユウ)2兩
麻(オ)5兩

嚢(フクロ)料の薦(コモ)20枚若有り(幣物を包むための薦) 

大祷(ダイトウ)者〈祈願の内容が重大である場合

加えるに 
絁(アシギヌ)〈絹織物〉5丈5尺 
絲(イト)1👟絇を 布1端に代える

名神祭 二百八十五座
・・・

・・・

神社 一座
・・・

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『延喜式 巻3-4』臨時祭 名神祭 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載
(Engishiki JimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂
その中でも910を『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)といい 当時927年12月編纂「官社」に指定された全国の神社式内社の一覧となっています

「官社(式内社)」名称「2861
・「鎮座する天神地祇」数「3132座」

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)山陽道 140座…大16(うち預月次新嘗4)・小124
[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)播磨国 50座(大7座・小43座)
[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)揖保郡 7座(大3座・小4座)
[名神大 大 小] 式内名神大社

[旧 神社 名称 ] 神社(貞・名神大)
[ふ り が な ]いへしまの かみのやしろ)
[Old Shrine name]Iheshima no kamino yashiro)

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載の
播磨國 揖保郡 家嶋神社 名神大 の論社は2つ

・家島神社(姫路市家島町)

・宮浦神社(姫路市家島町) 《参考論社》

家島神社摂社 真浦神社(姫路市家島町)  《参考論社》

スポンサーリンク

神社にお詣り(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

真浦区民総合センターの隣 水神として祀られ 島民の信仰を集める「どんがめっさん」と呼ばれる亀の形をした磐座(いわくら)があります

案内石碑には「その昔、大海亀が主人の帰りを待ちつづけ、長い歳月のうちに石になってしまったと伝えられています。現在は、航海の安全をつかさどる水神として、広く信仰を集めています。」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

真浦神社(姫路市家島町)に参着 東南を向いて社殿が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居扁額には「真浦神社

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

手水舎があり清めます 亀の口から清水滴ります 「どんがめっさん」なのでしょうか

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿にすすみます 

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りをします 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

祈りを済ませると 陽射しが差し込んできました

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

真浦港から 姫路に向かう 高速船いえしま に乗り込みます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

神社の伝承(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『播磨国風土記(Harimanokuni Fudoki)〈和銅6年(713年)〉』に記される伝承

人が居住している島 と記しています

【意訳】

嶋(いへじま)

人民が 家を作り居している 故に家嶋と号される 竹・黒・葛などが生え

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『播磨国風土記』[書誌事項]写本,明治11年,地誌課[旧蔵者]太政官正院地志課・地理寮地誌課・内務省地理局 皇典研究所https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003386&ID=&TYPE=&NO=

『万葉集(Manyo shu)〈7世紀前半~759年頃〉』に詠まれる歌

奈良時代に遣唐使遣隋使と同様 朝鮮半島の新羅へ派遣された遣新羅使人( しらぎにつかわさるるじんら ) 都へ帰る〈入京〉時に 播磨国の家島で詠った

家島は 太古から 瀬戸内海航海の要所で 風待ち・潮待ちの為に 家島へ寄港したとされます

Please do not reproduce without prior permission.

【抜粋意訳】

回来 築紫海路 入京 至 播磨國 家島之時 作歌五首

巻15-3718

【原文】伊幣之麻波 奈示許曽安里家礼 宇奈波良手 安我古非伎都流 伊毛母安良奈久
【ひらがな】いえしまは  なこそありけれ うなばらを わがこいひきつる いもあらなくに
【意訳】家島は 名こそ有りけれ 海原を 吾が恋(漕い)きつる 妹あらなくに

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『萬葉集』刊本 寛永20年[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000045548&ID=M2014100619504988793&TYPE=&NO=画像利用

『続日本後紀(Shoku nihon koki)〈貞観11年(869)完成〉』に記される伝承

八保神〈八保神社〉と共に 官社に列せられた記されています

【抜粋意訳】

承和七年(840)六月甲子の条

播磨國(はりまのくに)
揖保郡 家嶋神(いへしまのかみ)
赤穂郡 八保神(やほのかみ)  並びに 官社と為す

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『続日本後紀』(869)貞観11年完成 選者:藤原良房/校訂者:立野春節 刊本 寛政07年[旧蔵者]内務省https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047680&ID=&TYPE=&NO=

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

式内社の論社として ・宮浦の白髭社宮浦神社(姫路市家島町)〉・真浦の荒神社〈真浦神社(姫路市家島町)〉とする説があるが これは誤りである と記しています

【抜粋意訳】

家島神社

家島は 伊敝之麻と訓べし
〇祭神 猿田彦大神 式社記、古跡建覧、播磨鑑
東郡家島宮浦に在す、今 白髭明神と称す
〇式三 臨時祭 名神祭二百八十五座 中略 播磨國 家島神社一座
〇播磨國風土記云、家島人民作家而居之、故号家島

式社記に、往古は忘瀬島坊勢島にありしを、嘉禄元年(1225)今の地に移す、』
古跡便覧に、家島は南海中陸を去る事 三里五里にして、東は蓑嶋より、西は院家嶋まで東西八里、南は松嶋に至りて三里、その間に大小の島々二十餘、押並に家島に列すといへり、
或人云、白髭社縁起に元慶七年勧請のよし見えたり、されば今 真浦といふ所にある、荒神社 是 式内 家島神社なるべく、元慶年中勧請の社 式に載るべきよしなしといへり、こは縁起を正敷ものと見えたる誤り也、総て後世に作れる縁起は取用がたき事 兼ねていひおけるが如し、故に従わずといへども、序に中し試みおく也、

官社 續日本後記 承和七年六月甲子 播磨國 揖保郡 家島神 官社

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

祭神については 書かれておらず

【抜粋意訳】

家島神社

祭神

祭日 七月三十日 三十一日
社格 郷社
所在 家島宮浦

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

『明治神社誌料(Meiji Jinja shiryo)〈明治45年(1912)〉』に記される伝承

家島のもう一つの呼び名は「えじま」で「今も島の人々は 家島を『えじま』と呼ぶ」 「繪島神(えじまのかみ)称 宮浦明神〈宮浦神社(姫路市家島町)〉」を式内社の論社とする『播磨鑑』の説も載せています

【抜粋意訳】

兵庫縣 播磨國 飾磨郡家島村大字宮浦

郷社 家嶋(いへしまの)神社

祭神 大己貴命(おほなむちのみこと)
   少名彦命(すくなひこなのみこと)

創立年月詳ならず、但、播磨鑑に、元慶七年九月八日〇播磨名所巡覧図の鎮座云々」と見えたり、本社は一に白髭大明神と称す、〇播磨鑑 今或作 繪島神、称 宮浦明神と神名帳考証に見えたり、
續日本後記に云く、名神大社に列せらる、実に当国大社二十四社の内なり、
明治七年二月郷社に列す。
社殿は本殿、舞殿、拝殿を具へ、境内地は四百五十坪なりしが、三十八年中 内務省指令甲第八四三号を以て、上地林壹町七反七畝貮歩を境内に編入せらる。

例祭日 七月二十五日
氏子戸数 千二百十一戸

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『明治神社誌料』明治45年(1912)著者 明治神社誌料編纂所 編https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1088244映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『明治神社誌料』明治45年(1912)著者 明治神社誌料編纂所 編https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1088244映像利用

真浦神社(姫路市家島町)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

播磨国 式内社 50座(大7座・小43座)について に戻る        

 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-その他の古社
-,

Copyright© shrine-heritager , 2023 All Rights Reserved.