神御魂神社(対馬 佐護北里)

神御魂神社は 対馬の北部・上県町 佐護鎮座します 対馬の天道信仰の中心地とされる南部・厳原町 豆酘と ここ佐護 対馬の南北での対称の地とされています 祀られている神社も対をなすように 豆酘には多久頭魂神社」佐護には天神多久頭魂神社」が鎮座し この両神社にはペアの様に天道法師母神を祀る神社として 豆酘には「 高御魂神社」があり ここ佐護には当神社「神御魂神社」が鎮座しています かつては 赤米神事に深く関与し司祭者がいたと伝わります 例祭は 旧3月3日です

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

神御魂神社Kamimusubi Shrine)
(かみむすびじんじゃ)

 [通称名(Common name)]

【鎮座地 (Location) 

長崎県対馬市上県町佐護北里字坂尻45

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》神皇産靈尊Kamimusubi no mikoto)

【御神格 (God's great power)】(ご利益)

【格  (Rules of dignity)

不詳

【創  (Beginning of history)】

不詳

『対馬神社ガイドブック』~神話の源流への旅~ 

神御魂神社 かみむすびじんじゃ 

周辺の雰囲気・環境など
対馬の北西部に位置する佐護は、対馬では珍しい農耕地帯であり、良港となる入り江に恵まれ、古代から集落が形成されていたと考えられています。
 ツシマヤマネコの生息や野鳥の飛来など自然が豊かで、棹崎公園には環境省の対馬野生生物保護センターがあり、春・秋の野鳥の渡りの時期には、バードウォッチャーで賑わいます。

神社のプロフィール
佐護川の河口部の森のなかに鎮座しています。古事記には、カミムスビの性別をイメージさせる描写はありませんが、対馬のカミムスビは女房神と俗称され、御神体は日輪を抱いた女性の木像で、女神と考えられていたようです。
 北(佐護)に女神カミムスビ、南(豆酘)に男神タカミムスビがいて、その子神タクズダマが両地域で祭られ、対馬固有の天道信仰(P29)の2つの中心地を形成していました。

『対馬神社ガイドブック』~神話の源流への旅~より抜粋
〈一般社団法人 対馬観光物産協会 2017/3出版〉
http://blog.kacchell-tsushima.net/?eid=221 『対馬神社ガイドブック』

【由  (History)】

不詳

 · 神御魂神社(かみむすびじんじゃ)

佐護(さご)に鎮座している古社ですが、式内社ではありません。
なぜ式内でないのか定かではありませんが、天神多久頭魂神社と非常に強く結びつく神社です。
①対馬の北《佐護》・天神多久頭魂神社(てんじんたくつたま)式内・神御魂神社(かみむすびじんじゃ)
②対馬の南《豆酘》・多久頭魂神社(たくつたまじんじゃ)式内・高御魂神社(たかみむすび神社)※式内名神大※たくづたま、たくつだま、という説もある。

天道信仰において、①佐護②豆酘はかなり重要な集落です。天道山と神社が対をなしているのには必ず意味があります。
かつて、この両集落には「供僧(ぐそう)」という神仏習合の司祭者がおり、赤米神事に深く関与してきた人々です。対馬島内の神仏習合は江戸時代に対馬藩主によって改められ、元禄年間に島内の有力な神職家(宮司家みやじけ)の人々に対して、社僧から神職に復帰するように命が下っています。
これを受けて、対馬各地の宮司(みやじ)は、身分の高い社僧(別当)から神職に戻りましたが、豆酘と佐護は特例だったようです。最後に残った供僧は豆酘の本石家、主藤家で平成22年の調査時はご存命でしたが、現在は全て途絶えました。昔の祭祀は徐々に失われ行くのでしょう。でもそういうものがあったことを忘れてはなりませんね。十数年振りに歩いてみて、変化の速度にも驚きました。

和多都美神社(対馬)2019年11月6日  公式FBより
https://www.facebook.com/wamiya.nii/posts/2552621641497810?comment_id=2552663664826941

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

対馬の天道信仰の中心地に鎮座する 主要な神社について

当神社は 『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載されていません
しかし 天道信仰の中心地「佐護」に鎮座し 天道法師母神を祀る神社とされて天道信仰に深い関わりがあります

天道信仰の中心地とされるのは 対馬の南部・厳原町豆酘と対馬の北部・上県町佐護です
豆酘には多久頭魂神社
佐護には天神多久頭魂神社が鎮座します 
この両神社にはペアの様に天道法師母神として
豆酘は「 高御魂神社があり ここ佐護には当神社「神御魂神社が鎮座しています

対馬の北部・南部の 天道信仰の中心地 天道信仰に深く関わる式内社

当神社「神御魂神社の他の3社はすべて式内社です

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載の3論社

対馬の北部・上県町佐護 對馬嶋 上縣郡 天神多久頭多麻命神社

・天神多久頭魂神社(対馬 佐護西里)

②対馬の南部・厳原町豆酘 對馬嶋下縣郡 多久頭神社

・多久頭魂神社(対馬 豆酘)

③対馬の南部・厳原町豆酘 對馬嶋下縣郡 高御魂神社 名神大

・高御魂神社(対馬 豆酘)

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

鎮座地の「佐護(サゴ)」について

鎮座地の「佐護(サゴ)」は 対馬の8〈・豊崎郷佐護郷伊奈郷三根郷仁位郷与良郷佐須郷豆酘郷〉の中の一つに佐護郷があり 郷内に8ヶ集落〈・深山仁日内恵古井口友谷・湊佐須奈玖須がありました 弥生時代からの遺蹟も多く 古墳もあり 古から人の営みが在った地です

佐護に鎮座する式内社〈『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)の所載

2つの神社ですが その論社の多さに この地「佐護」の神と人との係わりの深さを感じます

①「對馬嶋 上縣郡 天神多久頭多麻命神社

・天神多久頭魂神社(対馬 佐護西里)

・天神神社(対馬 佐護北里)

對馬嶋 上縣郡 天諸羽命神社

・天諸羽神社(対馬 佐護恵古)

・天諸羽神社(対馬 吉田)

・天諸羽神社(対馬 佐護深山)

・春日神社(対馬 佐護東里)

スポンサーリンク

神社にお詣り(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

対馬空港から R382号を北上 約55km 車70分程度
佐護から 佐護川に沿いながら 佐護湾の方向へ道を折れます 佐護川の河口付近で川を渡り 東岸の嶽の麓の丘に鎮座します 西岸の雄嶽の麓には天神多久頭魂神社が鎮座しています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

 

蘇鉄(ソテツ)が 鳥居の前に植えられています 大変珍しいです
神御魂神社Kamimusubi Shrine)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

 

蘇鉄(ソテツ)は 日本列島に自生する唯一の種で 自然分布では 日本列島の固有種とされ 現在生きている植物の中では 最も原始的なもののひとつといわれています

この蘇鉄(ソテツ)鳥居の前に 狛犬の様に植えられていて まるで 日本の原始信仰を持つ神社と誇示しているかのようです
鳥居には「神御魂神社」〈消えかかっている〉と手書きで記されています 一礼をして 鳥居をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

 

境内は 下草が刈られていて その先に本殿と拝殿の覆屋が建っています

Please do not reproduce without prior permission.

 

本殿と拝殿の覆屋にすすみます 戸は開きませんので 扉の前の踏み石に紙が敷かれていますので こちらに賽銭をおさめ お祈りをします 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

参道を戻り 鳥居を過ぎて 振り返って一礼をします

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

 

佐護川の対岸に鎮座する天神多久頭魂神社(対馬 佐護西里)へと向かいます

Please do not reproduce without prior permission.

・天神多久頭魂神社(対馬 佐護西里)

 

スポンサーリンク

神社の伝承(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『祭祀と空間のコスモロジー 対馬と沖縄』鈴木 正崇 著 2004年春秋社記される伝承

天道信仰と当神社の関わりについて記されています

「佐護湊の祭祀と村落空間」より抜粋

北部の佐護湊の天神多久頭魂(あまのたくつたま)神社も 天道信仰で山上に御子神を祀り
山麓の水辺にある神御魂(かみむすび)神社には 天道の母神を祀り 母子神信仰である

Please do not reproduce without prior permission.

 

対馬の天道信仰について

『対馬神社ガイドブック』~神話の源流への旅~ 

天道信仰と天道法師 タクズダマ 

【日本神話】 なし(対馬固有の信仰)

【対馬の伝承・異伝】

7世紀後半、内院(ないいん。厳原町)に高貴な女性が虚船(うつろぶね)に乗って漂着し、太陽に感精して子を産みました。「太陽の子」は天道法師と呼ばれ、嵐をまとって空を飛び、天皇の病気を治すなどの奇跡をおこします。
 豆酘(つつ)の北東に広がる龍良山(たてらさん)中の八丁角(はっちょうかく。北と南の2ヶ所にある石積み)は、天道法師とその母の墓所とされ、多久頭魂神社境内の不入坪(イラヌツボ)とあわせて「オソロシドコロ」と呼ばれ、龍良山という聖域の結界を構成しています。
 対馬固有とされる天道信仰は、天道法師という超人と霊山・龍良山を中心に、太陽信仰・母子神信仰・修験道・古神道などの要素が複雑に絡み合い、平安時代ころに成立したと考えられています。多久頭魂(たくずだま)神社(番号21)の現在の祭神は天神・天孫系ですが、古くは龍良山を御神体として社殿はなく、対馬固有のタクズダマ(多久頭魂)を祭り、神仏習合時代にはタクズダマ=天道法師とされていました。天道信仰の南の中心部・豆酘には高御魂(たかみむすび)神社(番号22)が、北の中心部・上県町佐護には神御魂(かみむすび)神社(番号9 5)があり、多久頭魂神は、両社にまつられたタカミムスビとカミムスビの子神とされています。(P7)
 豆酘は対馬の南端に位置し、陸路による他地域との交流が少ない反面、航路の拠点として国内外の文化が流入する地域であり、亀卜や天道信仰、赤米神事など独自の文化・歴史が形成されてきましたが、近年は過疎・高齢化のため、伝承の存続が危ぶまれています。 なお、龍良山はその強烈なタブーにより、標高120mの低域から山頂558mまで良好な照葉樹原始林(スダジイ・イスノキ・アカガシなど)が残り、国の天然記念物に指定されています。龍良山に入ると、「森の神」が生きていた縄文時代の森の雰囲気を感じることができます。

『対馬神社ガイドブック』~神話の源流への旅~より抜粋 
〈一般社団法人 対馬観光物産協会 2017/3出版〉
http://blog.kacchell-tsushima.net/?eid=221~神話の源流への旅~

神御魂神社Kamimusubi Shrine) (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-その他の古社
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.