出雲神社(亀岡市本梅町)

出雲神社は 『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載の丹波出雲神社(名神大社)論社です 創建年代は不詳ですが 境内には 巨岩が 磐座として祀られていて 最古の祭祀形態を存じています かつては磐座の横に出雲大明神といふ祠が祀られていたと伝へ 昭和3(1928)に大改築を行ない 現在の社殿・鳥居・石段など整備され 磐座の横の祠から遷座したと伝わります 

目次

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

出雲神社(Izumo Shrine)
いずもじんじゃ

 [通称名(Common name)]

【鎮座地 (Location) 

亀岡市本梅町井手西山6

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》大己貴命(Ohonamuchi no mikoto)

【御神格 (God's great power)】(ご利益)

【格  (Rules of dignity)

『延喜式神名帳Engishiki jimmeicho)所載社(名神大)

【創  (Beginning of history)】

創建時期不詳
出雲系の部族によって祭られた 太古からの 磐座信仰と思われる

【由  (History)】

出雲神社

当社の社伝によれば
往古より社地に大岩あり、その岩の傍らに出雲大明神と称する祠(ほこら)あり、早田太夫(ハヤタダカラ)なる者、承正年中迄奉祀す。天正年中 大己貴命(オオナムチノミコト)を祭神とし社殿を建立したるも同年中、戦国時代の兵乱に遭い社殿 古記録等 焼失す。」とあり
案ずるに 当社は 2000年程前に この地に住み着いた人達によって この大岩に神を迎えて祭った岩座祭祀(イワクラサイシ) 最古の神社形式で 広峰神社と同じ出雲系の部族によって祭られたものと思う。


祭神も大己貴命(オオナムチノミコト)(大国主命と同一神)で広峰神社の御子である。
大明神という神号は 鎌倉時代以降のもの 承正という年号はない。仮に承久と定めるが 早田太夫とある「太夫」は 室町時代から一般に使用されたと思われる。よって 右社伝は 正確とは云いがたい。然し 天正年中(15731591年)社殿を建立したのは確であろう。それ 社殿は無かったのではないか。兵火に会い、後再建され、明治までは 出雲大明神と称し 明治3 出雲神社と改称、明治66月、村社に列格、昭和4年、現在の立派な社殿に大改築された。

例祭 1016
春の宮の黨(はるのみやのとう) 2月18日
秋の宮の黨(あきのみやのとう) 12月18日

境内案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社 (Other deities within the precincts)】

稲荷神社《主》稲荷大神

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

スポンサーリンク

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載 丹波國 桑田郡 出雲神社 名神大」の2つの論社について

どちらも磐座(イワクラ)を信仰の拠所としています

出雲大神宮亀岡市千歳町出雲後田無

・出雲大神宮(亀岡市)

出雲神社亀岡市本梅町井手西山

・出雲神社(亀岡市)

スポンサーリンク

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載 出雲神社(イツモノカミノヤシロ)に関連する式内社

出雲國(イツモノクニ)出雲郡(イツモノコオリ)
出雲神社(イツモノカミノヤシロ)論社

・素盞社〈出雲大社の本殿奥〉 

 

・諏訪神社(出雲市別所町) 

・富神社(出雲市斐川町富村) 

 

・長浜神社(出雲市西園町) 

周防國(スオウノクニ)佐波郡(サハノコオリ)
出雲神社(イツモノカミノヤシロ)二座論社

・出雲神社(山口市徳地堀) 

 

・出雲社〈熊野神社境内〉(防府市上右田) 

信濃國(シナノノクニ)水内郡(ミノチノコオリ)
 伊豆毛神社(イツモノミノヤシロ)の論社

・伊豆毛神社(長野市豊野町) 

スポンサーリンク

神社にお詣り(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

亀岡駅からR372号を西へ 約10km 車20分程度
R477号に沿つている井手地区背後西山(数掛山)山麓で 亀岡市立 本梅小学校の裏手に鎮座します

最初に目入るのが 磐座の大石です
出雲神社(Izumo Shrine)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

大石と杉木立の横に参道があり 鳥居が建っています 扁額には「出雲神社」とあり 一礼をして 鳥居をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

神楽殿or拝殿 が建つ 一段高い社地には 参道に8段ばかりの階段がありますが そのすぐ左脇には 二股の二本杉が生えていて その根元から 高い社地に跨ぐように 注連縄のある大きな岩が 磐座として祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

階段を上がると 正面の拝殿の先に 透かし塀に囲まれた本殿が見えてきます
右手には 満開の桜が雨中の参拝を彩ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

本殿の建つ社地は もう一段と高くなっていて 社地の縁は 石垣で補強されていて その上に玉垣が廻されています 狛犬が座し 透かし塀に囲まれた神域に本殿が建っていて 正面に神門があり ここが拝所となっています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

神門〈拝所〉にすすみます
賽銭をおさめ お祈りをします 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

本殿の背後の杜にも 磐座が座すとありますが そうした神聖な地には 容易に近づいて良いものではなく この神社が拝所となっていますので こちらから 磐座の神々に拝礼をします

Please do not reproduce without prior permission.

境内を振り返ると 先程の拝殿横の磐座が 全く違う様相を見せていました
磐座の正面に小さな祠があり
「かつては磐座の横に出雲大明神といふ祠が祀られていたと伝へ 昭和3(1928)に大改築を行ない 磐座の横から遷座し 現在の社殿・鳥居・石段など整備された」と伝わる
おそらく この祠が 御霊を遷座した「出雲大明神」に違いないと思います お詣りをします

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

この大岩の大きさを写真からでは 伝えきれないのですが 横に並ぶ拝殿と比べても 高さは平屋の家屋ほどあり 横に二つ並んだになっていて 横幅は10mはあろうとおもわれます 裏側からは違う表情です

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

「出雲大明神」の参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

神社の伝承(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『日本書紀(Nihon Shoki)』〈養老4年(720)編纂〉に記される伝承

第10代 崇神天皇〈即位 BC97~BC30年頃〉即位60年の条に 出雲大神(イモノオオカミ)の宮 その神宝に関するものがあり 舞台となっている場所は 出雲(イズモ)ではなく 丹波(タンバ)の「現在の出雲大神宮」である可能性が はっきりと読み取れます

【意訳】

崇神天皇(スジンテンノウ)即位60年の条

崇神天皇 即位60 714 崇神天皇は 群臣(クンシン)に詔(ミコトノリ)をしました
「武日照命(タケヒナテルノミコト)が 天より持って来られた神宝(カムタカラ)が 出雲大神(イモノオオカミ)の宮 その蔵に治められている 是非 これを見たいものだ

ある書によると 武夷鳥(タケヒナトリ) または 天夷鳥(アメヒナトリ)といいます

すぐに 矢田部造(ヤタベノミヤツコ)の遠祖 武諸隅(タケロスミ)を派遣して献上ようとされました

ある書によると 別名を大母隅(オオモロミ)といいます

のとき 出雲臣(イモノオミ)の遠祖 出雲振根(イモノフルネ)は神宝(カムタカラ)を管理していました しかし 筑紫国(ツクシノクニ)に行っていたので(武諸隅は)会いませんでした

その弟 飯入根(イイイリネ)は 天皇の命を受けて 神宝を弟の甘美韓日狹(ウマシカラヒサ)と子の鸕濡渟(ウカヅクネ)に託して 奉りました

して 出雲振根(イモノフルネ)が 筑紫から帰って来て 神宝を朝廷に献上したと聞いて 弟の飯入根(イイイリネ)を責めて言いました
「数日(シバシ)待つべきであった 何を恐れたか たやすく神宝を手放したのか

それから年月を経ました なお恨みと怒りは消えず 弟を殺そうと考えるようになり
それで弟を欺
「このごろ 止屋(ヤムヤ)の淵に 菨(モ)〈水草〉 沢山生えている 願うので 一緒に見に行って欲しい」
それで兄に従って行きました

それ以前に 兄は 密かに木刀を造っていた 形は 刀〈マタチ〉〈真剣〉似ていた その木刀を自分が帯刀しました 弟は 真剣を帯刀しました
二人が淵のそばに到着し 兄は弟に言った
「淵の水は 清冷(イサギヨシ)だ 一緒に游沐(カアミ)〈水浴〉をしようか」

弟は 兄の言葉に従って それぞれが 帯刀してた刀を抜き 淵のそばに置き 水中で沐(カハアム)〈清め〉をしました
兄は 先に陸に上がり 弟の真刀〈マタチ〉〈真剣〉を取って 帯刀しました
その後にあがった弟は き 兄の木刀を手に取りました
共に 刀を撃ち込もうとしました
しかし 弟は 木刀なので抜く事も出来ず 兄は 弟の飯入根(イイイリネ)を撃ち殺しました

それで 世の人は 歌詠み
ヤクモタツ イヅモタケルガ ハケルタチ ツヅラ サハマキ サミナシニ アハレ
歌詠み意訳
モタケルが (ハ)いていた太刀は 黒いツタを巻いているだけで 刀身が無いくて かわいそう

ここに 甘美韓日狹(ウマシカラヒサ)・鸕濡渟(ウカヅクネ)は 朝廷に参上し 詳細に状況を報告した
すぐに 吉備津彦(キビツヒコ)と武渟河別(タケヌナカワワケ)を派遣し 雲振根(イモノフルネ)を殺しました

出雲臣(イモノオミ)たちは このことを恐れるあまり 大神(オオクニヌシノオオカミ)を祀るのを しばらく怠りました

丹波(タンバ)の氷上(ヒカミ)〈兵庫県氷上郡氷上町 氷香戸邊(ヒカトベ)という人がいました
氷香戸邊(ヒカトベ)は 皇太子の活目尊(イクメノミコト)〈垂仁天皇〉申し上げるのに
「わたしには 小さな子があります 自然(何も伝えないのに)こう言いました
玉菨鎭石(タマモノズシシ)出雲人の祭る真種(マタネ)の甘美鏡(ウマシカガミ)
押し羽振(ハフ)る甘美御神(ウマシカミ)底宝御宝主(ソコタカラミタカラヌシ)山河(ヤマカワ)の水泳(ミククル)御魂(オンタマ)静かかる甘美御神(ウマシミカミ)底宝御宝主(ソコタカラミタカラヌシ)
菨は 毛(モ)と読みます

歌詠み意訳
玉藻の中に静かに眠っている 出雲の人が祈り祭る 立派な大事な鏡が すばらしい神が 水の底に宝が眠って
神霊が 山河の水に沈んでいる 静かに掛けて祭るべき立派な鏡が 水の底に沈んでい

これは小児(ワクゴ)の言葉ではないのでしょう もしくは(神が)託(ツ)いて言っているのでしょう

そこで 皇太子は 天皇に報告差し上げました
天皇は詔(ミコトノリ)を発し 祭らせました

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブ『日本書紀』(720年)選者 舎人親王/刊本 文政13年 [旧蔵者]内務省
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047528&ID=M2017042515415226619&TYPE=&NO=画像利用

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

『日本紀略(nihonki ryaku)』〈11世紀後半~12世紀頃 編纂と伝わる〉に記される伝承

国史の初見として 弘仁9年(818)「名神に預る」とあり この時代〈延喜式よりも100年以上前〉には すでに有力な神社であことが記されています

【意訳】

弘仁9年(818)12月16日(乙丑)

丹波国(タンバノクニ)桑田郡(クハタノコオリ)
出雲社(イツモノヤシロ) (アズク)に (ミョウジン)

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブ『日本紀略』写本 延暦01年- 長元09年[旧蔵者]太政官正院地志課・地理寮地誌課・内務省地理局
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047774&ID=M2019041909454036553&TYPE=&NO=画像利用

Please do not reproduce without prior permission.

『続日本後紀(Shoku nihon koki)』〈貞観11年(869)完成〉に記される伝承

出雲神(イツモノカミ)として 神階の奉授が記されています

【意訳】

承和12年(845)7月16日(辛酉)

丹波国(タンバノクニ)桑田郡(クハタノコオリ)
無位(ムイ)出雲神(イツモノカミ)

但馬国(タジマノクニ)
出石郡 無位 出石神
養父郡 無位 養父神
朝来郡 無位 粟鹿神
美濃国
厚見郡 無位 伊奈波神
 
(ナド)に (ナラビ)に(タテマツレ)(サズク)に 5位下
(ヨリ)てなを 国司(クニノツカサ)解状(ゲジョウ)に(ナリ)

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブス『続日本後紀』(869)貞観11年完成 選者:藤原良房/校訂者:立野春節 刊本 寛政07年[旧蔵者]内務省
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047680&ID=&TYPE=&NO=

Please do not reproduce without prior permission.

『日本三代実録(Nihon Sandai Jitsuroku)』〈延喜元年(901年)成立〉に記される伝承

出雲神(イツモノカミ)として 神階の奉授が記されています

【意訳】

貞観14年(872)11月29日 乙未

(サズク)に
丹波国(タンバノクニ)
4位下 出雲神(イツモノカミ)に 4位上

5位下 阿当護神 5位上
6位上 奄我神 5位下

阿波国
6位上 伊比良咩神 船尽比咩神
 5位下

Please do not reproduce without prior permission.

【意訳】

元慶4年(880)6月21日 癸卯

(サズク)に
丹波国(タンバノクニ)
4位上 出雲神(イツモノカミ)に 4位下

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブス『日本三代実録』延喜元年(901年)成立 選者:藤原時平/校訂者:松下見林 刊本(跋刊)寛文13年 20冊[旧蔵者]紅葉山文庫
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047721&ID=M2014093020345388640&TYPE=&NO=画像利用

Please do not reproduce without prior permission.

『神名帳考証土代(Jimmyocho kosho dodai)』〈文化10年(1813年)成稿〉に記される伝承

日本書紀の崇神天皇(スジンテンノウ)即位60年の条で語られる出雲社は 丹波ではないかと推論し 又 出雲の雲の字について「芋」を古書では「ウモ」と云う古言があり 芋によりたる地名ではないだろうかとも記しています

【意訳】

出雲神社 名神大

神階
続日本後紀 承和12年(845)7月16日(辛酉)・・5位下
三代実録 貞観14年(872)11月29日 乙未・・4位上
三代実録 元慶4年(880)6月21日 癸卯・・4位下
日本紀略 延喜10年(910)8月23日・・4

日本書紀
崇神天皇(スジンテンノウ)即位60年の条
丹波(タンバ)の氷上(ヒカミ)〈兵庫県氷上郡氷上町 氷香戸邊(ヒカトベ)という人がいました 云々

考証 出雲社者 元明天皇 御宇 和銅元年 被立社檀神領所の御影山一条入道太政大臣 被下知 天福2年3月23日 御教書有之

令義解 地祇者 大汝神(オオナムジノカミ)を累これなり
一宮記 出雲神 大己貴命 妻 三穂津姫なり
徒然草 下一百段 丹波に出雲と云う云々
〇山城国愛宕郡 出雲井於神社
〇信友云う 出雲の雲の字一本 又 拾芥抄に芋とあり芋は ウモと云うか古言なり 芋によりたる地名にやあらん 多紀郡 櫛石窓神社を古本の書入に大芋社と云うとあり 芋に由あるにや考えん

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブ『神名帳考証土代』(文化10年(1813年)成稿)選者:伴信友/補訂者:黒川春村 写本 [旧蔵者]元老院
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000039328&ID=M2018051416303534854&TYPE=&NO=画像利用

Please do not reproduce without prior permission.

『神社覈録(Jinja Kakuroku)』〈明治3年(1870年)〉に記される伝承

日本書紀の崇神天皇(スジンテンノウ)即位60年の条で語られる出雲社は 丹波ではないかと推論し 所在地は出雲村であると記しています

【意訳】

出雲神社 名神大

出雲は 伊都毛と訓ずべし
〇祭神 三穂津姫 頭注
〇出雲村に在す
〇当国 一之宮なり 一宮記
〇延喜式三巻 臨時祭 名神祭285座 中略 丹波国 出雲神社一座
〇日本紀 崇神天皇(スジンテンノウ)即位60年の条
丹波(タンバ)の氷上(ヒカミ)〈兵庫県氷上郡氷上町 氷香戸邊(ヒカトベ)という人がいました 云々

〇徒然草云う 丹波に出雲と云う地有り 大社を移して目出たく造り

考証云う
出雲社者 元明天皇 御宇 和銅元年 被立社檀神領所の御影山一条入道太政大臣 被下知 天福2年3月23日 御教書有之

類社
出雲国 出雲郡 出雲神社
周防国 佐婆郡 出雲神社二座
信濃国 水内郡 伊豆毛神社

神位 名神
続日本後紀 承和12年(845)7月16日(辛酉)・・5位下
三代実録 貞観14年(872)11月29日 乙未・・4位上
三代実録 元慶4年(880)6月21日 癸卯・・4位下
日本紀略 延喜10年(910)8月23日・・4

雑事
東鑑云う 嘉永3年9月20日 丙午 丹波国一之宮 出雲社者 蓮華王院御領なり 預に 給わる能盛法師 年来令に知行 何有 称す地頭の輩哉 年来 又 不に聞食及 而して号に彼御下文 玉井四郎資重 恣押領 その理可然哉 有限御領不可有に異義事なり 早可停止件濫行の由 令下知給可宣の由 院御気色候なり 仍て執達如件 8月30日 右衛門権左 謹上兵衛佐殿 

【原文参照】国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015『神社覈録』1 『神社覈録』2

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)』〈明治9年(1876)完成〉に記される内容

祭神について 延喜式には一座となっているが 社伝などでは己貴 三穂津姫命の二座なっていると 記しています
所在については 出雲大神宮ではなく 現在の亀岡市本梅町井手西山に鎮座する「出雲神社 」ではないかと記しています

【意訳】

出雲(イヅモノ)神社 名神大

祭神 己貴(オホナムチノミコト)
   三穂津姫命(ミホツヒメノミコト)

今 按〈考えるに〉
一宮記に 出雲社 己貴 妻 三穂津姫命なり父は高皇産霊尊(タカミムスヒノミコト)丹波の桑田郡とみえ
神名帳頭注には 天津彦根一座 三穂津姫一座とあり 頭注 天津彦根云々は誤りなるべし さて 上の二書による時は 主神 三穂津姫命を祭りて 出雲神社とするが如し 
されど 本社の縁起に ちとせの社は 出雲村に鎮座ましまして 当国の第一宮なり御本社に 二柱 素戔嗚尊(スサノヲノミコト)奇稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)上御前の御やしろにも ふたはしら己貴 三穂津姫命とあるによるときは 己貴 三穂津姫命二座を合わせて出雲神社と申せしものとみえたり
式に 一座なるは 己貴にや三穂津姫命にや詳らかならず
故に縁起に従いて二座を記せり

神位
嵯峨天皇 弘仁9年(818)12月16日(乙丑)・・名神に預く
仁明天皇 承和12年(845)7月16日(辛酉)・・5位下
清和天皇 貞観14年(872)11月29日 乙未・・4位上
陽成天皇 元慶4年(880)6月21日 癸卯・・4位下
醍醐天皇 延喜10年(910)8月23日・・4
伏見天皇 正慶5年12月2日の条・・正1位 伏見己下後西園寺兼寶日記

祭日 10月末 子牛日 3月18日
社格 (明細帳出雲村はなし 井出村に出雲神社あり村社)(村社)國幣中社
所在 出雲村(南桑田郡本梅村大字井出 ? )

【原文参照】国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155『特選神名牒』

出雲神社(Izumo Shrine) (hai)」(90度のお辞儀)

 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.