諏訪神社(出雲市別所町)

諏訪神社(すわじんじゃ)は 明治以前は鰐淵寺別当とした「諏訪神社」に〈八束水臣津野神を祀る「出雲神社」と〈五十猛命祀る韓國伊大弖神社合祀されています 元社地は「帆柱山」山中鎮座と伝わり出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社となっています

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

出雲社・御魂社二つの社の論社となっています

①出雲社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】出雲社 
読み(いずも)のやしろ
How to read(izumo no) yashiro

➁御魂社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】御魂社 
読みみたまのやしろ
How to read(Mitama no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

〈出雲神社・同[出雲]社韓國伊大弖神社〉二つの社の論社となっています

出雲神社 出雲風土記733 AD.所載の出雲社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】出雲神社 
読みいつも の かみのやしろ
How to readItsumo no kami no yashiro

➁同[出雲]社韓國伊大弖神社 出雲風土記733 AD.所載の御魂社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】同[出雲]社韓國伊大弖神社 
読みおなじき[いつもの]からくにいたて の かみのやしろ
How to read】Onajiki karakuniitate no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

諏訪神社(Suwa shrine)

【通称名】(Common name)

白瀧権現(しらたきごんげん)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市別所町72

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》武御名方神(たけみなかたのかみ)〈諏訪社〉
   八束水臣津野神やつかみずおみつぬのかみ)〈出雲社〉

《合》五十猛命(いたけるのみこと)〈御魂社〉〈韓國伊大弖神社

【御神格】(God’s great power)

五穀豊穣・武運長久

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年代不詳 元社地は 帆柱山山中鎮座と伝
天正十二年(1584年) 造立棟札ありとも鎮座勧請 詳らかならず

日本最古歴史書「古事記」に登場するオオクニヌシの子タケミナカタの神を祀る神社
境内方向の案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

通称「白瀧権現」と呼び、天正十二年(1584)建立の棟札があるが、創立年代不詳。「雲陽誌」の伝承には、【富山に四十間(約七十二メートル)ばかりの岩壁があり、その傍らに高さ三十間、周囲五丈(約十五メートル)ばかりの丸い立岩があって、「帆柱石」と言っている。鰐淵寺開山「智春上人」が信濃より来た時、三人の老翁が船で出迎え、やがて三所へ飛び去った。その一人が今の諏訪明神である。その時、船具を分けたが、かの翁は帆柱をとった。これが「帆柱石」である。】と。現在この帆柱石は消失している。
神社史研究会HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

山神社《主》大山津見神

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載の出雲郡 神祇官社出雲社 (いずも)のやしろ」の論社は4ヶ所です

・素鵞社〈出雲大社の本殿奥〉

・富神社(出雲市斐川町富村)

・長浜神社(出雲市西園町)

・諏訪神社(出雲市別所町)

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載の出雲郡 神祇官社御魂社みたまのやしろ」の論社は4ヶ所です

・神魂伊能知奴志神社(命主社)

・素盞社〈出雲大社の本殿奥〉

・諏訪神社(出雲市別所町)〈諏訪神社に合祀〉

・〈阿須伎神社に合祀〉同社神韓國伊大弖神社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

雲州平田駅から県道275経由で日本海の河下港へ行き そこから 有名な鰐淵寺(がくえんじ) その駐車場経由でむかいます 約12km 車30分程度

鰐淵寺(がくえんじ)
推古2年(594)に信濃国の智春上人(ちしゅんしょうにん)が 出雲の旅伏山(たぶしさん)に着き 推古天皇の眼病を治すために 当地「浮浪の滝」に祈見事に平癒されたことから 祈願成就のお礼に建立された寺鰐淵寺です

参拝日が1115日の午前中です 午後から 鰐淵寺紅葉まつり」が始まろうとしていました 鰐淵寺駐車場に向かうと 車両誘導の多くの手伝いの方々がいて 私の車両を留めて「紅葉祭りは 午後からですが駐車場に入れて 待ってください」といわれました
私が「鰐淵寺お参りに来たのではなく その上の神社に参拝に来ましたのであちらの道へ通過させてもらえないでしょうか?」と聞くと「上には歩いて行くしかないので 駐車場に入れて歩いてください そもそもあちらの道には神社はありませんよ」
私が「いや 諏訪神社があるのですが」というと 数人の人が集まって来て「ないない 何もありませんよ」といって居ると 顔役のような方が来られて「諏訪神社はあるよ 通してあげなさい」と云われて ようやく駐車場を通過しました

それにしても 出雲の地元の方々も 元出雲風土記733 AD.所載の「出雲社」とされている諏訪神社を知らないのですから 残念ではあります

暫く走りると案内板があり 迷わずに行けます

Please do not reproduce without prior permission.

に入る道があり 再び案内板が立っていて その先は石段があり 参道とわかります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

中々味わいのある奥深い山の参道ですが しっかりと舗装された参道と階段が続いています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

やがて鳥居が建ち 扁額には「諏訪神社」とあります
諏訪神社(出雲市別所町)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして鳥居をくぐります すぐ先で階段は終わっているようです もうすぐ社殿の建つ境内地です

Please do not reproduce without prior permission.

階段を上り切ると 舗装された参道の先に 本殿が建っています 倒木の恐れがあったのでしょう 周囲の木は伐採されていて 開けた空間になっています

Please do not reproduce without prior permission.

参道は 参拝者が誤って正中を進まないように配慮がされて 曲げられて本殿へと続きます

Please do not reproduce without prior permission.

掲額には「諏訪神社」と大きく記され「諏訪神社宮司 佐々木正謹書」と並記されています

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』盾縫 別所 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では 盾縫 別所

諏訪明神」と記され
建御名方命なり
本社 三尺と三尺五寸 南向き 拝一間半と三間
祭礼 十月二十七日なり

高さ四十間(約七十二メートル)あまりの岩壁あり 傍らに高さ三十間 周囲五丈(約十五メートル)ばかりの丸立岩があり 世俗これを「帆柱石」と言う 
この石のほとりに本社あり この立石を (かち)石ともいう

里民伝えて云う
鰐淵寺開山「智春上人」が信濃より来たまう 老翁三人が船で出迎え その後 老翁 三所へ飛び去ぬ その一人が今の諏訪明神なり 彼が船具の残り分けたまう 当社明神は 檣(ほばしら)〈帆柱〉とりたまう これが今の「帆柱石」なりという

天正十二年 造立棟札ありとも鎮座勧請 詳らかならずも
或る人の曰く 風土記に載る 出雲郡 出雲社これなりという
土人は 白瀧権現とも号す」と記しています

『原文』参照

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.楯縫郡 にある伝承

・出雲神社の論社として 別所村 諏訪大明神の社〈現 諏訪神社(出雲市別所町)〉を比定しています

・同[出雲]社韓國伊大弖神社については 未詳としています

意訳

『 出雲神社Izumo no kamino yashiro)

風土記に同じ 別所村 諏訪大明神の社を今も出雲社といふといへり
福見三省は 園妙見社ならむといへり この社 意美津怒なれり
然るに 臣津怒をまつるは出雲社といふ名もいうにより

〇信比古之社という人あり 然れども これは古社にあらず 素戔嗚尊 稲田姫 大己貴命を祭りて これを北島家奥谷とありし時の私立の鎮守社となる 故に本宮 年中行事の内に預して社なりと・・・・

〇妙見社の古今の棟札を見るに 宇美佐主命と記なり この御名 ほかに所見なし 按に 佐は誤るて 徒より移し・・・

丹波国 桑田郡 出雲神社 名神大
周防国 佐波郡 同じく二座あり

意訳

『 同[出雲]社韓國伊大弖神社

出雲社 たしかめならず 故に この社 又 未詳 』

『原文』参照

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

・出雲社の論社として 素鵞社〈出雲大社の本殿奥〉を比定しています
・御魂社の論社として 神魂伊能知奴志神社〈出雲大社のを比定しています

【意訳】

「出雲社 いずものやしろ

雲陽誌に云う如く、今の大社の後ろにある素鵞社(そがのやしろ)でよかろう。
出雲國式社考に、千家俊信は出雲社を園(その)の妙見社と考えて居れども、園の妙見社は天平時代には神門郡に属する地であった。」

御魂社 みむすびのやしろ

延喜式神魂伊能知奴志神社(かみむすびいのちぬしのかみのやしろ)とあるものにあたる。
神皇産霊尊(かみむすひのみこと)を祀る。大社の東にあたる。 その辺りの地名を森(もり)という。」 

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

諏訪神社(出雲市別所町)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.